週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第171話】敗北のネタバレ!絶体絶命のムジカたちを救った男とは!?

2020年3月16日発売、週刊少年ジャンプ16号の約束のネバーランド【第171話】敗北のネタバレや感想をまとめました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

【前回のあらすじ】

イザベラは鬼たちに縛られる日々を抜け出すため、シスターたちを説得してエマたちに協力することを選びました。

そして追い詰められたピーター・ラートリーは負けを認めたくないと走り出すのでした。

約束のネバーランド【第171話】敗北のネタバレ

負ける?僕が?食用児に!?

嘘だ嘘だ。認めんぞ。

まだだ、まだ何かあるはずだ、何か手が・・・。

そんなことを考えながら、農園の廊下を必死に走るピーター。

そんな中、2000の王兵をいくらか援軍に回すことを思いつき、鬼に連絡を取りますが、不可能だと断られます。

何者かに外橋を壊されたため、すぐには行き来が出来ないとのこと。

ピーターはイラ立ちながら、つべこべ言わず鳥でもコウモリでも食って飛んで来いよ!!と暴言を吐きます。

そして役立たず共め!!と怒りながら電話を切るピーター。

どこに逃げてもシスターたちが追いかけてきます。

シスターたちの心臓のチップを一斉に・・・

保管庫の食用児をもう一度・・・

そんなことを考えるピーターですが、どれもこれもシステムが復旧しなければ不可能でした。

その時ピーターの携帯に王都の鬼から電話がかかってきました。

 

一方、王都では鬼たちがソンジュとムジカを処刑する寸前でした。

体を縛られ武器を突きつけられながら、心の中でエマやレイたちに謝るムジカ。

その時、民衆の中から突然悲鳴が上がり始めました。

盛り上がっていた民衆たちは一斉に静まり返ります。

そこへ現れたのは、猟場の死神であるレウウィス大公でした。

行方不明だと聞かされていた王兵が慌てて跪きながら、生きておられたのですかと言うと、「意図せずね」と答えるレウウィス。

そしてレウウィスは五摂家の家来如きが王族の留守に随分と偉くなったものだなと言い、王兵たちは怯えます。

さしずめラートリーの小童にでもうまく乗せられたのであろうと状況を察しながら、嘆かわしい限りだとため息をつくレウウィス。

するとレウウィスは、ソンジュに久しぶりだねと声をかけました。

その直後、ソンジュの胸元を鋭い爪で斬りつけるレウウィス。

血が噴き出し倒れるソンジュを見て、ムジカは動揺します。

そしてレウウィスは民衆に投げかけました。

これが邪血だ!これが病毒と恐れ忌み嫌われた邪悪な血!

そう叫びながら、爪から滴り落ちるソンジュの血をカップに注ぎ、そのまま飲み始めるレウウィス。

民衆からは悲鳴が上がりますが、レウウィスは邪血は断じて病毒などでなく恐れることはないと言います。

あれは我が姉、レグラヴァリマの出まかせだと。

むしろ邪血とは鬼にとって奇跡の血で、その血を一口でも飲めばその者は以降、人間を食わずとも退化を免れるというレウウィス。

しかし700年前、女王らはこの血を病毒と偽り、この血を持つ者たちに国賊の汚名を着せて虐殺しました。

全ては己らが欲と支配のため、農園による民への絶対支配に”邪血”の力が不都合だからだというレウウィスの言葉に、信じられない様子の民衆たち。

王家五摂家はとうの昔に邪血を食らい、民が飢えている傍らで”不退の体”を手にしていました。

”約束”以来、ここ700年間繰り返された人肉の食糧難とそれによる数多の退化と死。

そのすべてが避けられる苦しみであり、恐怖だったというレウウィス。

かつて”邪血”はその血を広く与え、民を救おうとして殺されました。

そして今も同じ咎でまた私欲の政権に殺されようとしていることが、レウウィスは滑稽だと言います。

この二人は賊どころか民を救わんとした英雄なのだぞ。

そんなレウウィスの言葉に驚くソンジュとムジカ。

レウウィスはソンジュの兄でした。

ソンジュから見ればレウウィスは昔から”約束”や”農園”は忌々しく、害悪だと言っていたようですが、政治に興味の欠片もなく、ましてや民の苦しみや正義になど見向きもせずに遊びまわっていた男です。

それなのにと不思議そうに、レウウィスを見つめるソンジュ。

そんなソンジュの気持ちを察したレウウィスは、政治を押し付けていた相手は全員この世を去っており、人間の言いなりになっているのは見過ごせないと理由を語ります。

「あとはまぁなんとなく・・・だね」とつぶやき、エマたちの顔を思い浮かべるレウウィス。

真の賊徒は女王・五摂家!そして現政権、五摂家家臣団と農園だ!!と民衆に向けて叫びます。

そして、処刑は中止だ!!国賊現政権幹部を直ちに捕えよ!!と命じるのでした。

 

王都も敵の手に落ちたことを知り、絶望するピーター。

打つ手は何もなくなり、ついに敗北したことを認めざるを得なくなりました。

その時、エマがピーターの前に現れ「動かないで」と銃を突きつけました。

その瞬間、(いや、まだだ)と考えるピーター。

食用児は○○(鬼の頂点)と”約束”を結んだものの、まだ履行は保留にしています。

そして”約束”を結んだのはエマ。

それを考えた瞬間、ピーターは僕の負けだと言いながら、エマの方に向かって歩き出しました。

撃たないでくれと言いながらも、心の中ではエマを殺すことを考えるピーター。

エマさえ殺せば”約束”はご破算となり、食用児の未来もぶち壊しだと考えるのでした。

約束のネバーランド【第171話】敗北の感想

ソンジュとムジカはどうなるのかと思いましたが、まさかのレウウィスが助けに入りましたね。

どうやって復活したのか分かりませんが、とりあえず安心しました。

そしてピーターラートリーとエマの一騎打ちとなりましたが、どんな結末になるのでしょうか?

次回の約束のネバーランド【第172話】が掲載される週刊少年ジャンプ17号は3月23日に発売されます。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む