週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第172話】自由のネタバレ!殺害を企むピーター・ラートリーにエマは?

2020年3月23日発売、週刊少年ジャンプ17号の約束のネバーランド【第172話】自由のネタバレや感想をまとめました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

【前回のあらすじ】

ソンジュとムジカは処刑される寸前で、レウウィスに救われました。

一方イザベラとシスターたちの裏切りにより、追い詰められ逃げ出したピーター・ラートリー。

しかしエマを殺せば結んだ”約束”もご破算になり食用児の未来もぶち壊せると考えたピーターは、追いかけてきたエマに降参を装いながら近づいていきました。

約束のネバーランド【第172話】自由のネタバレ

銃を構えるエマ、ノーマン、レイの3人に向かって、撃たないでくれと両手を上げるピーター。

ピーターは自分の負けであることも、もう未来はないことも理解していました。

変革と華々しい未来が待つエマたちに対して、ピーターに待つのは転落と地獄。

そのためにエマを殺して”約束”を永遠不履行にし、地獄へ逆戻りさせて道連れにしようと考えていたのです。

両手を上げるピーターの袖口には見えないように、ナイフが仕込まれていました。

(パパと一緒に死のう。食用児たちよ)

心の中では不気味な笑みを浮かべ、エマたちに近づいていくピーター。

両手を上げながら、何でもするから撃たないでくれと言います。

あと少し近づけば殺せると考えながら、一歩一歩銃を構えるエマに近づいていき、ナイフを取り出そうとするピーター。

しかし次の瞬間、エマはスッと銃を下ろし、あなたを殺すつもりはない、私たちはあなたと話をしに来たと口を開きました。

思わずキョトンとするピーター。

エマは私たちはラートリー家にいかなる報復も攻撃もしないと宣言しつつ、食用児の自由を認めてほしいと要求します。

食用児全員、人間の世界へ行くことを認めて、もう邪魔をしないで放っておいてほしい。

そんなエマの言葉に、バカだこいつ!!どこまでも甘い!と心の中で嘲笑うピーター。

そしてエマに、僕を許してくれるのか?と尋ねました。

 

農園に突入する前のこと。

エマは仲間たちにピーターに食用児の自由を要求することを打ち明けました。

するとジリアンが、あんな奴ら絶対に許せないとエマに猛反対します。

何であんな奴らにまで同情するの?許せるの?というジリアンの言葉に、エマは許せるわけない!憎い!と強い口調で言いました。

ユウゴとルーカスに会いたい、メアリーたちにしたこともノーマンたちにしたことも、あの猟場をつくらせたことも、農園のこんな世界のシステムを作ったことも全部許せないというエマ。

しかし”殺して解決”で終わらせたくないのだと言います。

憎んだり恨んだり恐れたり、そんなのはもう嫌。

私たちは笑っていたいのに自由になりたいのに、そのためにずっと闘ってきたのに。

運命や境遇だけじゃない。

憎しみや恐怖からも私たちはもう何からも囚われたくない。

自由になりたいのだとエマは言いました。

そんなエマの言葉にナイジェルは、許せないけど許さないと本当に自由にはなれないんだよな、とつぶやきます。

するとオリバーはエマの提案を承諾しました。

でも話の通じる相手じゃないと思うとオリバーは言いますが、それでも話し合うことを放棄したくないというエマ。

そんなエマの言葉に、ジリアンはそんなの甘ったれの綺麗ごとよ!と呆れます。

しかし「上等じゃん。出来るとこまでやってみましょ」と笑うジリアン。

「私たちの大事な未来だもの。悔いは絶対残したくない」

こうしてエマたちは、あくまで勝利と対話を目的に農園に乗り込んだのです。

そのため鬼たちも気絶していただけで、殺していませんでした。

 

そしてエマはピーターの前で、鬼たちも生きるために食べているだけだと話します。

イザベラたちも生きるために子供たちを鬼たちに差し出すしかなかっただけ。

初代ユリウス・ラートリーも、あれ以上戦争で死ぬ人を見たくなかっただけ。

エマたちも他の命を殺して生きているため、イザベラたちやユリウスの恐怖や苦しみも他人事ではないと言います。

それを”弱さ”だと責めることなんてできないというエマ。

そして考えてみたと言います。

もし鬼が人間を食べる生き物じゃなかったら、わたしと友達になってくれるかな。

もし私がラートリー家に生まれたら食用児に何かできたかな。

もしあなたがGFに生まれたら友達になれたのかな。

立場が違うから争って貶めて憎み合ってしまう。

でもそれぞれの立場を差し引いたらと考えたら、本当はみんな憎み合わなくてもいいんじゃないか。

そしてエマは、あなただってあなたの正義で二世界を守ってきたんでしょう?とピーターに問いかけます。

エマ自身も食用児なので、ピーターが自分たちにしたことは絶対許せませんでした。

しかしラートリー家が食用児たちを犠牲にして1000年守られた人たちもいるのです。

”世界を守る””兄よりも世界”、あなたにしか解らない苦しみだってあったはずだというエマ。

生まれたときから運命を背負わされているのは、あなたも同じ。

自由になろう。

鬼も人もあなたたちも私たちも、みんな囚われている。

でも世界は変わる。もう変えられる。

1000年の苦しみを今終わらせよう。

そしてエマは「一緒に生きよう」と、ピーターに手を差し伸べるのでした。

約束のネバーランド【第172話】自由の感想

ここにきてエマは自分を殺そうとしている相手に無謀な説得を始めましたね。

どれだけ酷い目に遭っても最初から最後まで、この姿勢を貫くエマの純粋さや真っすぐさは感心します。

ただエマとは真逆の性格をしているピーター・ラートリーが、この言葉を受け入れられるのかとても気になりますね。

どんな展開になるのか楽しみです!

次回の約束のネバーランド【第173話】が掲載される週刊少年ジャンプ18号は3月30日に発売されます。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む