週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第174話】新しい世界①のネタバレ!ピーター・ラートリー死す

2020年4月6日発売、週刊少年ジャンプ19号の約束のネバーランド【第174話】新しい世界①のネタバレや感想をまとめました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

【前回のあらすじ】

ピーター・ラートリーは兄のジェイムズを慕っていました。

しかしユリウスの懺悔の記録をきっかけに動き出したジェイムズの行動がピーターは理解できず、最終的にジェイムズを殺すことに。

その後ピーターは全て終わらせて一緒に生きようというエマの説得の中で、ジェイムズの真意に気づきます。

それでもエマたちと一緒に生きられないピーターは、自分の首を切って自殺を図るのでした。

約束のネバーランド【第174話】新しい世界①のネタバレ

立場を簡単に捨てられないピーターは、一族として死ぬことを選択しました。

自分の首を切りつけ、血しぶきを上げながら倒れるピーター。

エマたちは慌てて駆け寄り、ザックが中心になってピーターを助けようとします。

そんな彼らの様子を薄れゆく意識の中で見つめるピーター。

(なぜ助ける・・・なぜそんな顔をする)

ピーターはエマの顔を見つめながら、もしあなたがGFに生まれたら友達になれたのかなと言われたことを思い出します。

そして幼いエマたちと手をつないで、楽しそうにする自分の姿を想像し、友達になれるわけない、断固願い下げだと考えるピーター。

もういい、もう充分だ。

お前たちが作る新しい世界は僕にはまぶしすぎる。

僕は――

 

その時、目をつむるピーターの頭の中で○○(鬼の頂点)が現れました。

おもっていたよりながくたのしめたよ、とピーターに声おかける○○。

「1000年間ご苦労様」

 

○○がそう告げた瞬間、ピーターは力尽きました。

エマは泣きながら「人間の世界も変わらない、やれるものならやってみろ」というピーターの言葉を思い出します。

そして涙をグッと拭って立ち上がり、「見てて」とつぶやくエマ。

絶対家族で笑って暮らせる生活を手に入れて見せると決意するのでした。

 

その後、イザベラはエマにこの後どうするのか尋ねました。

エマは2000の王兵もいてまだやることも残っているため、一度退くと話します。

さらにニコと微笑み、GFへ来たらママたちとも話をしなきゃいけないと思っていたというエマ。

人間の世界へ行こう。

全部終わったらママたちも。

そんなエマの言葉に驚くイザベラ。

エマはすでに○○とも大人も含めて、全員で人間の世界へ行きたいと”約束”を結んでいました。

もちろんママたちが嫌でなければだけどと前置きし、全部終わって”約束”を履行したら、ママもシスターたちも他の農園の子供たちも大人たちも全員一緒に人間の世界へ行こうとエマは言います。

するとシスターたちは、こんな私たちを許してくれるのかと戸惑い、イザベラは気持ちは感謝するけど、私たちはここに残ると話し始めます。

そんなイザベラの言葉を遮り、ごちゃごちゃうるせーというレイ。

”うんざり”してたんだろ?

悔いがあるなら人間の世界で晴らせよ。

俺は生きてよかった。

生きてこそ償える罪も晴らせる悔いもある。

もう誰も恨まない恨んでない。

だから行こう、大人たちも。

そんなレイの言葉に同調するように子供たちも、そうだ行こう!と言い、イザベラたちに抱き着きました。

イザベラはそんな彼らを見て、辛かったはずがない、ショックでなかったはずがないのに、”母親”にあんな恐ろしい形で裏切られたのに、今だってこんなに震えているのに、なのになんで?なんで許せるの?と不思議でした。

そして心の中で何度も謝るイザベラ。

「ごめんね・・・ありがとう・・・みんな・・・」

イザベラはそう言って、涙を流し子供たちを抱きしめました。

エマはじゃあ決まりだねと言い、あと少しやることを全部片づけたら必ずGFに戻ってくると話します。

それまではGFもまだ続くし残ることになるというエマに、待ってるわというイザベラ。

自分たちの裏切りは、まだ鬼たちにもラートリー家の家来たちにもバレていないから大丈夫だと言います。

そしてフィルたちのことも鬼たちのことも、GFは任せなさいとイザベラは話しました。

全食用児を解放して、農園全部なくして、食用児なんていない世界を作りたいというエマの願いは、もうすぐそこに手が届きそうなところに迫ってきていました。

気をつけてねというイザベラに、すぐ戻ると告げるエマ。

いってきます!と手を振り、別れを告げました。

 

そしてノーマンは待避するため、外から農園の鬼たちを偵察中のシスロに連絡を取ります。

するとシスロは万事大丈夫なはずだったんだが、王兵の動きがおかしいと言います。

王兵がことごとく持ち場を離れて外橋の方へ向かっている。

そんなシスロの言葉に驚くノーマン。

それを聞いたハヤトは、やばいですよ!援軍が攻めてきます!早く逃げましょう!と慌てだします。

そんな中、一人のシスターが鬼からの通達を受け、エマたちを引き止めました。

『全国民へ王都から伝令―――』

約束のネバーランド【第174話】新しい世界①の感想

散々嫌な思いをさせられた敵であるピーターのことも、イザベラのことも救おうとするエマには驚かされますね。

人間の世界に行ったら、簡単に騙されてしまいそうで逆に心配になります。

しかし今回はレイの言葉もとても良かったです。

イザベラが泣きながら謝る姿に少し感動しました。

鬼たちが動き出したようですが、どんな展開になるのか気になりますね!

次回の約束のネバーランド【第175話】が掲載される週刊少年ジャンプ20号は4月13日に発売されます。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む