漫画ネタバレ

約束のネバーランド【第175話】新しい世界②のネタバレ!農園が廃止されて新王が誕生!

2020年4月13日発売、週刊少年ジャンプ20号の約束のネバーランド【第175話】新しい世界②のネタバレや感想をまとめました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

【前回のあらすじ】

ピーター・ラートリーは一族としての立場を捨てられず、自ら命を絶ちました。

そしてエマたちが一旦GFに残るイザベラたちに別れを告げて、次の行動に移ろうとする中、王兵が動きだしました。

約束のネバーランド【第175話】新しい世界②のネタバレ

王都にいるレウウィス大公は全国民に通達しました。

現政権は解体し、その幹部や五摂家家臣団及び、四大農園責任者は直ちに逮捕。

今後すべての民に邪血を分配し、何人も飢えや退化に苦しませない。

そしてこれを機に、すべての農園を廃止する。

それを聞いた民衆はどよめきます。

もう人肉を食べられなくなるってこと?という民の言葉に、如何にもと答えるレウウィス。

そもそも1000年前の”約束”で「世界を棲み分け狩り狩らぬ」ということは決まっていたといいます。

そう取り決めてもなお、人を喰らい続けていたのがそもそものゆがみであり、間違いなのだというレウウィスの言葉に民衆は口をつぐみます。

農園などない方がいい、農園など作ったために人肉の供給で諸君らの生死や知能水準を握られる支配統制が続いた。

そんなレウウィスの言葉に、確かにと納得し始める民たち。

邪血をもらえるなら、もう人間を食わなくてもいいと声をあげる者も出始めますが、人肉は特別だからやっぱり食いたいという者もいました。

すると一匹の鬼が、だからこそ農園を残したら、人間は食えてもまた誰か農園を利用して自分たちを縛ることができてしまうといいます。

それを聞いた民たちは、それは嫌だ、農園無しが自然だといい始め、人肉を食べたがっていた者も渋々人肉を諦めました。

そしてレウウィスが、我々も今こそ解放されるのだ、過ちも悲劇ももう二度と繰り返さないと改めていうと、民衆は農園廃止することに賛成し、新王レウウィス万歳と称えます。

しかしレウウィスは王にはならないと否定し、民衆は驚きました。

自分は旧時代の体制側で、女王らの施政を見て見ぬふりしてきた罪もあるというレウウィス。

レウウィスはあの猟場で核を壊され死んでいましたが、核が二つあったため、生き返っていたのです。

しかし人間に敗けてしまったため、あのまま人知れぬ里で朽ちていくつもりでした。

そんな中、女王陛下崩御の噂を聞き、王都へ足を運んだのでした。

レウウィスは自分は王にふさわしくないため、新しい世界には新しい王が必要だといいます。

そしてムジカこそ王にふさわしいと思うというレウウィス。

そんなレウウィスの言葉に、ムジカは大きく口を開けて驚きます。

そこへ私もムジカが王にふさわしいと思うと言いながら、大僧正も現れました。

ムジカは誰より民を思い、幾度となく民を救ってきたため、誰より王にふさわしいという大僧正。

さらに大僧正は、寺院やソンジュも力を尽くして支えるから王になってくれまいかとムジカに頼みます。

すると民衆からも、王になってくれとムジカを後押しする声が上がり、それでこそ新時代だと盛り上がり始めます。

しかし大僧正はそんな民衆を制止し、それでは何も変わらないと話します。

レグラヴァリマがすべて悪いわけでも、旧支配者がすべて悪いわけでもなく、その支配を許したのは民たちだという大僧正。

王に任せておんぶにだっこだから、つい先ほどまで「邪血を殺せ」と暴れくるっていたように容易に踊らされてしまうのだと説教します。

そして王だけでなく民も考え動いて、新しい世界はみんなで守り作り上げるのだと大僧正は言います。

そんな大僧正の言葉に民たちは王を支えることを約束しました。

ムジカは鬼世界が変わる今、自分に王ができるのかと悩みます。

しかし(いいえ、やるのよ。私やるわ、エマ)と心の中でエマに語り掛けながら自分を奮い立たせるムジカ。

(みんなで作るのよ。新しい鬼世界を)

こうして新王ムジカが誕生しました。

 

その様子をモニター越しに見つめるエマたち。

子供たちはムジカが王になったことに動揺しつつも、邪血が広まって元の計画通り鬼たちも滅びずに済むことを喜びます。

それと同時に農園が廃止され、全食用児が自由になるという朗報に、子供たちもシスターたちも涙を流しながら歓喜にわきました。

俺たちはもう”食用児”じゃない。

もう誰にも追われない。

自由になったんだ・・・!

そういって涙を流すドン。

そんな中、エマは一人どこかへ走っていきました。

 

そしてエマがやってきたのは、GF農園の外でした。

そこで遊ぶフィルの名前を呼ぶエマ。

突然のエマの登場にフィルは驚き、キョトンとしています。

「ただいま!フィル!!」

エマがそういった瞬間、フィルは今にも泣きそうな顔で目を潤ませるのでした。

約束のネバーランド【第175話】新しい世界②の感想

今回緊迫した空気が一気にガラッと変わりましたね。

レウウィスが生きていたことで全てが丸く収まったと思います。

今あるすべての問題が解決して物語も終息に向かっているように見えますが、次はどんな展開になるのでしょうか。

次回の約束のネバーランド【第176話】は週刊少年ジャンプ22・23合併号に掲載されます。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国