週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第176話】ただいま!のネタバレ!感動の再会が悲劇に・・・

2020年5月11日発売、週刊少年ジャンプ23号の約束のネバーランド【第176話】ただいま!のネタバレや感想をまとめました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

【前回のあらすじ】

レウウィスは現政権の解体とその幹部や五摂家家臣団、農園責任者の逮捕と農園の廃止を決めました。

さらに新王にムジカを指名し、新しい王の誕生となりました。

晴れて全食用児が自由になり、喜ぶエマたち。

そしてエマは農園に残っていたフィルのもとに駆け付けるのでした。

約束のネバーランド【第176話】ただいま!のネタバレ

GF農園を脱出する際、自らそこに残ることを決意したフィル。

そんなフィルのもとにエマは急いで駆けつけました。

「ただいまフィル!!」

エマの姿を見た瞬間、フィルは大粒の涙を流しながら「おかえり!」と嬉しそうにエマに抱き着きます。

たくさん待たせてごめんねと謝るエマに、フィルは首を振りながら、エマなら絶対来てくれると信じていたといいます。

そこへギルダやドン、ナットたちも駆けつけ、再会を喜びました。

さらにフィルはノーマンが生きていたことにも驚き、「よかったよかったぁ」とほっとしたようにいいます。

そんなフィルに、弟妹を守ってくれてありがとうと声をかけるノーマン。

しかしフィルは守れなかった兄姉のことを思い出し、その人たちのことも守りたかったんだと辛そうにうつむきます。

するとレイがフィルの頭をなでながら「辛かったろ。ごめんな、ありがとうな。もう大丈夫だからな」と優しく声をかけました。

フィルはレイに抱き着きながら、堰を切ったように声を上げて泣き始めます。

そんなフィルの周りを、エマたちは取り囲んで慰めました。

すると周りの子供たちもエマたちに気づき始め、顔見知りの子たちは駆け寄ってきて再会を喜びます。

その様子にGF農園のシスターは、一体どういうこと?と驚き動揺します。

そんなシスターの前にイザベラがやってきました。

イザベラは農園はすべて廃止された、私たちはもう自由なのだと言います。

私たちのしてきたことは決してなかったことにはならないと考えながらも、「これからもう、ただ普通に愛せるのよ」というイザベラ。

するとシスターは声を上げて泣き始め、イザベラは優しく抱きしめるのでした。

そして農園の鬼たちはレウウィスの命令により、全員逮捕されました。

 

エマは全ての農園が終わる事実を改めてかみしめます。

そしてノーマンが出荷される前日に号泣した時のことを思い出すエマ。

「世界を変えよう」

それは無茶な理想だとわかっていましたが、だからと言って諦めてはダメだと頑張ってきました。

恐怖や不安でいっぱいで、くじけそうになったときも何度もありましたが、仲間のおかげでここまで来れたとエマは感じます。

これでもう人間の世界に行けるのかと問いかけるフィルに、いけるよと頷くエマ。

(全農園の全食用児、子供も大人もみんなでやっと人間の世界へ!!)

希望溢れる未来に一同は歓喜に沸きました。

しかしそんな矢先、突然子供たちの前に鬼が姿を現しました。

子供たちは驚いて悲鳴を上げながら、一斉に逃げだします。

エマは急いで銃を取ろうとしますが、銃は少し離れた場所に荷物と一緒に置いてきてしまっており、取りに戻る時間はありませんでした。

その間にも鬼は私の農園だ、私の人肉だ、今ここで私が食らいつくすと一人の少女に襲い掛かります。

レイは急いで銃を発砲する準備をし、エマは鬼に襲われそうになっている子供のもとに走ります。

エマが子供を抱きかかえて倒れこんだ直後、2発の銃声が響きました。

そしてエマが顔を上げると、そこにはエマたちをかばって鬼の長い爪に体を貫かれたイザベラの姿が。

エマは驚きながら「・・・ママ?」とつぶやくのでした。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

約束のネバーランド【第176話】ただいま!の感想

まずはエマたちとフィルとの久々の再会のシーンがとても良かったです。

フィルは仲間を見送る辛さや出荷されるかもしれない恐怖と一人戦いながら農園で過ごすのはつらかったと思いますし、レイの温かい言葉に感動しました。

今回は最終回なのかなと思うくらいの空気だったのですが、ここにきて衝撃の展開となりましたね。

イザベラはずっと子供たちに対して背徳感を感じていましたが、長い間鬼の恐怖に縛られていたので、個人的にはエマたち同様に幸せになってほしいと思っていました。

もし死んでしまったら辛い展開になりますね。

ここからどんな展開になるのか、非常に気になります。

次回の約束のネバーランド【第177話】が掲載される週刊少年ジャンプ24号は5月18日に発売されます。