週刊少年ジャンプ

約束のネバーランド【第179話】代償のネタバレ!エマが消えた!?

2020年6月1日発売、週刊少年ジャンプ26号の約束のネバーランド【第179話】代償のネタバレや感想をまとめました。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法は?

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

【前回のあらすじ】

約束を結ぶ際の条件として○○(鬼の頂点)から”ごほうび”を求められたエマ。

その条件とは「きみのかぞくをちょうだい」というものでした。

しかしエマの家族は人間の世界におり、手を出すことはできないため、1000年奪われてきたことを代償として、特別に何の犠牲もなく人間の世界へ渡ることを許可されました。

そしてエマたちは人間の世界に足を踏み入れるのでした。

約束のネバーランド【第179話】代償のネタバレ

浜辺で目を覚ました子供たち。

気づけばそこには大きなビルが立ち並び、人間の世界にたどり着いていました。

子供たちは喜び歓喜に沸きます。

しかしそんな矢先、エマの姿が見当たらないことに気づきました。

ノーマンはショックで膝をつき、ギルダたちはエマの姿を探します。

レイは代償は何もないと言っていたエマの言葉は、嘘だったんだと愕然とします。

おかしいとは思っていましたが、エマの言葉をまんまと信じてしまったと後悔するレイ。

”どんな不安も困難もみんなと一緒なら乗り越えられる”

そんなエマの本心を聞いて、油断してしまったのです。

(大馬鹿野郎!!)

エマへの怒りがこみ上げるレイ。

一方ノーマンはエマに”背負うな”と言われたことを思い出し、こんな消え方するなんてひどいとショックを受けていました。

そんな中、一同の元に大きな空飛ぶ乗り物に乗って、一人の男がやってきました。

男は自らをマイク・ラートリーと名乗り、ピーターの叔父で今は当主代理だと告げます。

マイクは自分は敵ではないことや、一族はもう食用児に危害は加えないことを話し、身元を受け持つため、面倒な騒ぎになる前に乗れと子供たちに指示します。

気づけば辺りには人々が集まってきていました。

どうやら首や腹などに数字や図案のある出自不明の子供たちが世界各地で見つかっていると、すでにテレビでも取り上げられ大騒ぎになっているようです。

しかし他の食用児も順次保護しているため、安心していいというマイク。

 

この場所はラートリー家の北米支部。

ノーマンたちが”見つかった”のは旧アメリカ合衆国で、今はエリア01と呼ばれている”地域”の東側です。

2047年11月の人間の世界はノーマンたちがハウスの本や地図で知った2015年までの人間世界とは、異なるものでした。

2020年~2030年代。

度重なる異常気象・天災・疫病・経済危機・食料難、そして10年に及ぶ世界大戦。

多くを失い、とことん壊れて世界は大きく形を変えました。

自分たちさえよければ他の誰が滅びてもよい。

そんな考えではもはやダメだ、自分たちが助かるためにも人類皆助からねばならないのだ。

そこで国境の撤廃が行われ、世界は一つの大きな国となりました。

まだまだ課題だらけでしたが、ようやく人類は歩み始めて、今復興の最中なのです。

つまりこの世界は戦時中でもなければ、大きな汚染などもなく、それどころか国境の撤廃で”移民”という概念もないので、食用児が受け入れてもらいやすい状況ではあります。

そのためノーマンは「幸いだった」といいますが、エマのいない今、一同は全く喜べない心境でした。

ラートリー家もエマを捜しているようですが、どの地域でも見つかっていないようです。

エマは死んだのか、それとも鬼の世界に取り残されたのか。

フィルが不安を口にしますが、エマがあの文言通り”約束”を結んでいたら、○○(鬼の頂点)はエマの命を取れず、鬼の世界に残すこともないだろうとナットは言います。

しかしそれはあくまで”文言通り結んでいたら”という話で、もし文言通り結んでいなかったらとエマを疑う声も上がります。

それでもエマの言葉を信じて疑わない子供たちもいました。

エマが誰より頑張って、今この仲間との未来を望んでいたことを子供たちは知っていました。

もしエマがいなければ、ここにいないという子供も多くいます。

エマがいなければきっと諦めて死んでいた、生き抜けたとても鬼を憎み殺しながら身を隠し、その日をいきる毎日を送っていたと、子供たちは口々にエマへの感謝を語り始めます。

するとオリバーが、エマはそれがどれだけ無茶であり得なくても、”どうしたいか”で動くんだとエマの行動を思い返します。

「なぜいないか」は重要か?

「どこにいるのか」なんて関係あるのか?

そんなオリバーの問いかけに、関係ないと答えるノーマン。

「エマに会いたい」

子供たち全員同じ気持ちでした。

そしてエマを捜そうと立ち上がります。

エマが自分たちと同じ立場なら、たとえ鬼の世界でも探し出して見つけ出すだろうというノーマン。

もし死んでいたらとシスターの一人が聞きますが、子供たちはエマはきっと生きていると信じていました。

鬼ごっこの次はかくれんぼ上等だ、俺たち家族でエマを迎えに行くぞと、一同は一致団結します。

レイとノーマンは、エマを一人にはさせない、絶対見つけてやると決意するのでした。

 

その頃、エマは雪の積もる場所で気を失っていました。

そこへ何者かがエマに近づくのでした。

約束のネバーランド最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、約束のネバーランド最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
約束のネバーランド最新話を読む

約束のネバーランド【第179話】代償の感想

おそらく最後のシーンを見るに、エマも人間の世界に来ているのは間違いないと思います。

ただ代償はないと思いきや、やはり何か代償があってエマは違う場所に飛ばされてしまったということでしょうか。

謎が多い状況なので、次の展開がとても気になりますね!

次回の約束のネバーランド【第180話】が掲載される週刊少年ジャンプ27号は6月8日に発売されます。