素敵な彼氏

素敵な彼氏【第51話】ネタバレ!大学受験

2020年5月13日発売、別冊マーガレット6月号、素敵な彼氏【第51話】ネタバレや感想をまとめました。

素敵な彼氏の最新話を無料で読む方法は?

素敵な彼氏の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、素敵な彼氏の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
素敵な彼氏の最新話を読む
☆ 31日間お試し無料で途中解約も無料 ☆

前回のあらすじ

カップルシートで念願のカウントダウンが彼氏とできたののかです。

甘い口づけもして、ののかは感謝します。

直也が自分も忘れていたような言葉を大事に覚えてくれていてありがとう。

小さな頃からの夢を叶えてくれてありがとう。

私のことを大好きになってくれてありがとう。

そして、いよいよセンター試験が始まりました。

素敵な彼氏【第51話】ネタバレ

センター試験の結果

ののかはセンター試験の自己採点では78%をとり、自分でもびっくりだと、直也に電話で報告しています。

直也に会わないで勉強をしたのが良かったのか、年明けも一緒にイルミに行けてテンションが上がって暗記ができていたのが良かったのか・・・ありがとうと直也のお陰だとののかはお礼を言います。

ののかが頑張ったからだよと直也は笑いながら言います。

直也もののかより少しいいぐらいで、塾では、私立は問題ないし、S大も大丈夫だろうと言われたので、ののかも同じだよと言ってくれます。

ののかは私が私立で直也が両方受かったら、直也はS大行ってねと言います。

直也は一緒の大学行きたいなと言います。

ののかはもともと国公立はハードル高かったから、高望みしないで私立頑張ると言って電話を切ります。

受験終わるまであと少し、進路が決まったら直也と遊びたいと思うののかです。

丸亀先生に採点結果を伝えると、これならS大を狙えますよと褒めてもらえます。

どちらかと言えば、心太(ののかの弟)の方が心配だと丸亀先生は言うのでした。

丸亀先生が帰られた後、母がS大に行けそうなら行って欲しいとののかに伝えます。

心太が私立になりそうだし、その後、東京に行きたいと言い出したら、ローンを組まないといけないし、できればS大一本にして欲しいと母に言われるののかです。

ののかは年間の授業料を調べてみると、S大は私立の半分のお金でいいことがわかりました。

理解できるけど・・・受験の最中に言われてもと頭を抱え込むののかです。

その時、直也からLINEが入り、今、塾終わったけれど、少し顔を見に行っていい?とあり、直也に相談したかったと思うタイミングにLINEがあったので喜ぶののかです。

直也はののかを見るなり、凄い顔だな・・・どうしたの?と尋ねてくれます。

直也は家の親は俺の志望校さえ知らないと思うと言い、ののかは頑張ったんだから、行けないと決めつけることないよと行ってくれます。

俺も頑張るから一緒にS大頑張って一緒に行こうと励ましてくれます。

ののかは直也と話すと落ち着いてきました。

ののかは暗記は7回したらいいと言われたけれど、10回にしようと決めます。

3学期

ののかは頑張り過ぎて、やつれ気味な姿で登校します。

それを見たエリハ達は、どうしたのセンター悪かったのと尋ねます。

ののかは母にS大一本にして欲しいと言われて、ちょっとでも勉強しないと不安で不安でと愚痴をこぼします。

エリハは冷静にここまで来たら、体調管理ぐらいじゃないと言いますが・・・。

ののかは泣きながら、エリハたちは1年から頑張ってきたから余裕だけど、私は3年生になってからだから足りないと言います。

エリハは落ち着いて、センター良かったんでしょう、数字は嘘つかないからと慰めます。

世界中と競争するわけじゃないから、ののかと同じ大学を受ける人よりちょっとできれば受かるから安心してとエリハは勇気づけてくれます。

2次はののかの得意教科だけだから大丈夫ともエリハは言ってくれます。

ののかは一方的に・・・私のことばかり・・・迷惑ばかりかけてとエリハたちに謝ります。

エリハは私もののかに助けられているのよと言います。

エリハは続けて、自分よりあせっている人を見ると落ち着くから、ありがたいのよと言います。

どういう意味よとののかは叫んでいると、後ろから直也がののかの肩に手を置きます。

ののかは余り疲れ切った自分を直也に見てもらいたくなくて、手で顔を隠すと、直也はののかの頭を撫ぜながら、頑張っているんだな、でも、体に気を付けてと優しく励まします。

ののかは落ち着きを取り戻して、お礼を行ってから、直也は不安はないのと尋ねます。

直也は普通に心配だけどと答えてから、ののかにとりあえず、私立受かって、落ち着こうぜと言います。

友達たちも1校受かると、落ち着くよと言います。

皆、ありがとう・・・受験って色んな気持ちになるのだなあとののかは思いました。

私立の受験日

ののかはすっきりした顔をしています。

直也は元気そうだなと声をかけると、ののかはこの間のことを謝り、もう大丈夫! 今日は肩の力を抜いてリラックスして臨むからと言います。

国語から始まり、丁寧に解いていたら時間がなくなる、ののかです。

リズムに乗り切れなくて、終わった後は直也に失敗したかもという報告になりました。

項垂れているののかに励ましの言葉をかけて、とりあえず、S大の2次の勉強に頑張ろうと声を掛けます。

私大は・・・

絶対受かると思っていた私大にののかは不合格で、直也からは合格したよの連絡。

ののかは不合格だったとLINEで報告しますが、体調も悪くなかったのに、どうして失敗したのかわからない・・・次の試験が怖いと思っていたら、直也が訪ねに来てくれました。

次の2次頑張ろう、終わったことは仕方がないからと直也が言うと、ののかは目にいっぱいの涙が溢れてきました。

どうしよう全部落ちて、一生、どこの大学も受からなかったらと、どんどん悪い方へと思考が行ってしまいます。

直也には反省の言葉ばかり並べて話を聞いてもらうののかです。

そして、迷惑ばかりかけてごめんね、直也も大事な時なのにとののかは謝ります。

直也は迷惑でもなんでもないけれど、ののかとは苦しい時も俺はそばにいたいと思っているからと言います。

すると、ののかは何か立ち直った感じがする、直也は何時も頼もしいけれど、こういうタイミング凄い、いつも神がかっていると驚きながら喜びます。

直也は家には誰もいないのと尋ね、ののかは誰もいないと答えると、確かに俺って神タイミングと笑って、ののかに優しいキスをするのでした。

ののかは直也がこの先、どんな時も「ははは」と笑ってくれたら、どんなことでも乗り越えそうと思うのでした。

S大の受験日

S大行きのバスで直也とののかは受験に向かっています。

坂道があったので直也は少し気分が悪くなったようです。

直也を心配するののかに、大学の前で、手を握ってくれたら、落ち着くかもという直也です。

人目を気にするののかでしたが、私たちが一緒に乗り越えるということはこういうことなのかなと、ののかも心が落ち着くのでした。

ののかの学部は小論文、「私の高校生活」をテーマに1500字以内で書きなさいとありました。

S大は・・・

発表は二人で大学まで見に行きました。

見て来てと直也に言うののかですが、待つのも怖いとやっぱり一緒に行きます。

落ちたら、行くところなくなると騒ぐののかに、何番だった?と尋ねる直也です。

「4126」

直也は番号をちらっと見て、騒ぐののかに、愛しているよとキスをするのでした。

素敵な彼氏の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、素敵な彼氏の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
素敵な彼氏の最新話を読む
☆ 31日間お試し無料で途中解約も無料 ☆

素敵な彼氏【第51話】感想

受験は本当、大変ですね!

自分の成績より少し上を狙う、しかも彼と一緒の大学に行きたいと思ったらプレッシャーが・・・。

更に親から家から近い国立一本にしてくれと受験間近に言われたら・・・

でも、直也のようないい彼氏がいて、ののかは幸せでした!

次回は6月12日(金)発売です。