漫画ネタバレ

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 第43話 ネタバレと感想!

まんがグリム童話5月号「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」第43話を

読みましたので、ネタバレと感想を書きました。

美醜の大地の最新話を無料で読む方法は?

美醜の大地の唄の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、美醜の大地の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
美醜の大地の最新話を読む

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 第43話 ネタバレ!

辰雄に改めて愛の告白をされ、大きく心を動かされた百子でしたが、突如現れた敏恵に

よって、辰雄は殺されてしまいました。

敏恵は顔が激しく損傷しており、見るのも辛いほどです。

その見た目ゆえ、百子もすぐには目の前にいるのが敏恵とは信じられません。

「なぜそんなことに?」

おそるおそる聞く百子に対し、敏恵は答えず、代わりに質問してきます。

「あなた、(女子学院以降)ハナには会っているの?」

百子はかつての出来事を思い出しますが、真っ先に思い出したのは愛する杏一郎の側に

ハナがいたことでした。

「その感じだと、あなたもハナに復讐されたみたいね」

事態がのみこめない百子に敏恵は、頭が悪い女ね、と言い放ちます。

「そこに死んでる辰雄は、わたしの元夫。ハナはわたしから夫も、人生も、美しい顔も

全て奪っていったのよ」

ハナがそこまで出来ると思ってない百子は、「どうやってやったの?」と聞きます。

「ハナはね、醜い顔を捨て、他人に生まれ変わったのよ。その顔を利用してスミ子もサチも

復讐されて死んでいった。だからわたしはあいつを今度こそ殺してやろうとしたの」

しかしハナは再び敏恵の前に現れ、殺されそうになった、と百子に話します。

百子は美しくて勝ち気だった憧れの少女が、見るも無残な姿になり、復讐の鬼と化している

ことが信じられずにいます。

「百子、私を手伝ってほしいの。一緒にハナをこの世から抹殺するの」

百子が震えていたのは、そこまででした。

突如、おかしくて仕方ないといった様子で笑い始めます。

「いやだ、敏恵ちゃんってば。そんな化け物みたいな状態で、あなしを昔みたいに

家来扱いできると思ってるの?」

敏恵は無言で立ち尽くします。

「敏恵ちゃん、あなたはハナのせいで何もかも、って言ってるけど、本当に全てあいつが

悪いの?女性としての魅力が足りなかったために、辰雄さんに捨てられたのではない?

だって辰雄さんはあたしを選んだもの、あんたでもなく、ハナでもなくね。でもね、

あたしはあんたやハナ、この男のことも興味ないの。あたしがこの世から消したいのは

ただひとりの人間だから」

今の百子にとって、全ては杏一郎(菊乃)であり、彼を殺して天国で夫婦になることを

望んでいたのでした。

「ハナなんかに勝てないあんたなんて、このあたしが従うわけないでしょ!」

敏恵は持っていた斧で百子に襲いかかります。

百子はかばんの中にしまっていた硫酸を敏恵に投げつけますが、あっさり割り落とされて

しまいます。

振り下ろされる斧から逃れようとしますが、辰雄の遺体につまづき、転倒します。

辰雄の近くに転がっていたもうひとつの硫酸を拾おうとしますが、そこを敏恵が斧で

斬りつけます。

百子は指半分を切り落とされ、泣き叫びます。

死んだ辰雄に助けを求めますが、応えてくれるはずもなく、敏恵に命乞いをする百子。

敏恵は容赦なく百子を切り殺してしまいます。

百子が最後まで頭に思い浮かべていたのは、美しい杏一郎でした。

敏恵は死んだ百子の顔の顔を剥ぎ取ります。

「わたしの顔がこんなだからダメだったのね。余計なものを取り除けば、今度こそきれいな

顔に戻れるわ」

敏恵はサチの顔の皮膚を無理やり剥ぎ取り、今度は百子の顔の皮膚をあてがいます。

世にも恐ろしい整形処置を施した敏恵は、高らかに笑い続けます。

その頃、ハナは綿貫と一緒に夜道を歩いていました。

遠くから聞こえてくる敏恵の笑い声を、獣の鳴き声かと思う二人です。

「あの鳴き声の獣も、寒くて凍るような世の中をたったひとりで漂っているのでしょうね」

その言葉に、綿貫は改めてハナの孤独を感じます。

「なぜ復讐をするのですか?どうして止めないのですか?」

「あなたはなぜ私を止めようとするのかしら?」

逆に聞き返された綿貫は、答えることができません。

代わりにハナが答えます。

「そうやっていくことしかできないからよ」

「それは『本当は復讐なんてやりたくない』という本音が隠されているのでは?」

「だって私だけ死ねなかったもの、あの事故のとき私も家族と一緒に逝くことができたら

こんなことしなくてよかった。なのに私だけ取り残されて、大切な家族が海の底に苦しみ

ながら沈んでいく光景を、決して忘れることができない。私は一体どうすればよかったの」

綿貫はハナの慟哭のような過去の話を黙って聞きます。

そして「悲しい過去の記憶にいつまでもしがみついてはいけない。未来を見なくては」

という自分の言葉が彼女にとって意味がないことを思い知ります。

綿貫もまた世話になった大切な人を失っていたからでした。

ハナは大切な家族を目の前で失っているのですから、その悲しみは計り知れません。

それでもあえて綿貫はハナに言います。

ハナの腕を掴んで、自分のほうへ振り向かせながら語りかけます。

「たとえ意味がない言葉とわかっていても言います。哀しみと苦しみの中にいないで

ほしい。あなたに笑ってもらいたいんです。もしどうしても復讐を続けるというなら僕は」

綿貫がさらに言葉を続けようとしたとき、邪魔をするものがいました。

「オレのオンナに手を出すってのは、どういうわけかな、あんちゃん」

ハナの協力者であり仲間の鶴田でした。

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 第43話 感想!

地獄から蘇ってきた敏恵と対峙した百子でしたが、恐ろしい執念の前になす術なく

殺されてしまいました。

さらに狂気へ突き進む敏恵が恐ろしいですね。

そしてハナは復讐の虚しさを実感し始めていて、そこを綿貫に指摘されてしまった

ようですね。

心揺れるハナは、これからどうするのでしょうか?

次回「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」第44話は、4月29日

(まんがグリム童話6月号)発売です!

美醜の大地の唄の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、美醜の大地の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
美醜の大地の最新話を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍