美醜の大地

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【第39話】ネタバレと感想!

まんがグリム童話「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」第39話を読みましたので

ネタバレと感想を書きました。

美醜の大地の最新話を無料で読む方法は?

美醜の大地の唄の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、美醜の大地の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
美醜の大地の最新話を読む

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【第39話】ネタバレ!

森哉は瀬尾進司くんの手を引き、夢中で走っていました。

孤児院から進司くんを勝手に連れ出したのです。

その少し後、雑誌記者である綿貫が孤児院であるつくし苑を訪ねていました。

目的は瀬尾サチの息子瀬尾進司くんと会うことです。

つくし苑に入ると、何やら騒々しい声が聞こえてきます。

不思議に思いながらも名刺を渡し、昨日電話したものであることを説明します。

すると瀬尾進司くんは今朝からみかけなくて、どうやら若い男性が連れ去ったらしいと

他の子どもから聞き、慌てて探していたというのです。

進司くんと話をしていたのは目元にほくろのある男だと、見ていた子が教えてくれます。

それは以前自分に襲い掛かった男(森哉)だと綿貫は確信します。

彼に進司くんを誘拐したのだと悟った綿貫は、慌てて探しに走りました。

院長たちは綿貫が進司くんの顔を知らないのでは、と心配します。

綿貫は自分を襲った男(森哉)の姿を追えば、そこに瀬尾進司くんがいると確信し

必死に走りました。

進司くんが復讐の連鎖に巻き込まれてしまう前に、彼を取り返す必要がありました。

その頃、辰雄(敏恵の元夫)を誘った百子は、辰雄と深い仲になっていました。

百子は親に無理やり縁談を迫られて逃げてきたのだと、涙ながらに経緯を語り、

辰雄の同情を得ます。

百子はさらに辰雄に体を寄せ、「とてもあたたかい。このままでいさせてほしい」と

甘えてみせるのでした。

百子にすっかり魅了されてしまった辰雄は、自分のことを話します。

辰雄にも親の勧めで結婚した過去があり、始めはうまくいっていたが彼女の本性を

知ったことで、他の女性を好きになってしまった、その女性を探してここ(札幌)に来た

のだと話します。

その話を聞きながら、百子は辰雄を殺そうと機会を伺っています。

「敏恵と結婚しなければ」という辰雄のつぶやきに、辰雄が内海敏恵の夫であったことを

知ります。

辰雄は百子に、僕と一緒に過ごしてほしい、寂しい思いはさせないから、と話します。

百子は嬉しそうに「喜んで」と答えます。

辰雄が自分を選んだことで、私は敏恵より上なんだと感じ、ほくそ笑む百子でした。

菊乃はハナと会った後、助手をしている医師内田のところへ帰りました。

機嫌が良い菊乃は、駅で別れたハナが何をしに行ったのか気になり、鶴田のところへ

電話をかけました。

それは普段、鶴田と菊乃、医師の内田しか使わない回線でした。

電話に出たのは、深見栄一でした。

菊乃は油断していたことを悟りますが、すでに遅く、深見栄一は菊乃がハナの深い事情を

知っていることを察知してしまいました。

さらに顔なし死体のことまで口にして、菊乃に直接会いませんか?と誘い出そうとします。

理由はあなたが何者なのかわからないと、仲間の情報は教えられないからだと話します。

迷った菊乃は、内田やハナを守るため、単独で会うことを決めるのでした。

その頃高島津家では、文字通り体を張って大旦那様に気に入られた加也が、庭でたばこを

ふかしていました。

大旦那様に気に入られたまではよかったものの、毎夜呼び出され、嫌気がさしていました。

高島津家の因縁を聞き出すという目的は果たしたので、お屋敷から抜け出すことを考える

加也でしたが、執事が「お顔に大怪我をおった絢子お嬢様の御友人はどうしたのでしょう」

という話を聞き、疑問に思うのでした。

森哉に無理やり連れだされた進司は疲れ果て、膝を抱えて泣いていました。

なんとかなだめようとしますが、子供の扱いに慣れてない森哉ではうまくいきません。

そこで彼は進司に「君のお母さんは死んだよ。殺されたんだ」と真相を話してしまいます。

母と会えることだけを願って孤児院で暮らしていた進司は、母が死んだと聞かされても

頑なに信じようとしません。

森哉は自分が君のお母さんの代わりになって守ってあげるし、お母さんを殺したやつらに

復讐もしてあげるよ、と諭すのですが、進司は反発して走り去っていきました。

進司を追いかけなければいけないのに、森哉は体が動きません。

進司に自らの過去を重ねていたからです。

自分を救い出してくれた姉を崇拝し守ってきた森哉でしたが、姉の手を振り払っていたら

別の道があったのではないかと考えてしまうのです。

進司は走り疲れて転んでしまいます。

母を恋しがって泣く進司の元へ近づくものがいました。

それは仮面をかぶったハナでした。

転んだ進司を優しく抱き上げます。

ハナと面識がある進司は、ハナに抱き着き母の生死を問いただそうとします。

母への手紙の束を見せ、お母さんは手紙を読んでくれるよね、と泣きじゃくります。

進司を探していた綿貫が、進司とハナが一緒にいるところを発見して、遠くから様子を

伺うことにしました。

進司は「お母さんは本当に死んだのか。それなら誰が殺したのか」とハナに尋ねます。

そんな進司をハナは仮面を取って、涙ながらに見つめるのでした。

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【第39話】感想!

進司くんを連れ去った森哉でしたが、結局彼がしたことは「母のサチは死んだ、殺された」

と進司くんに伝えることだけでしたね。

闇おちしてしまいそうな進司くんですが、それを見て涙を流すハナ。

その涙は何を意味するのでしょうか、そしてそれを見てしまった記者の綿貫はどうする

のでしょうか?次回も気になります。

次回「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」第40話は、11月29日

(まんがグリム童話1月号)発売です!

美醜の大地の唄の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、美醜の大地の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
美醜の大地の最新話を読む