青春ヘビーローテーション

青春ヘビーローテーション【第4話】ネタバレ!応援団の新歓合宿

2020年3月19日発売、Sho-Comi8号青春ヘビーローテーション【第4話】ネタバレや感想をまとめました。

青春ヘビーローテーション最新話を無料で読む方法は?

青春ヘビーローテーション最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、青春ヘビーローテーション最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
青春ヘビーローテーション最新話を読む

前回のあらすじ

小坂奈緒は高校に入学して好きな人ができました。

その人は同じクラスの榛名圭司です。

古沢つぐみと知り合って、応援部に入ることになりました。

放課後、奈緒が教室に戻ると圭司がいたので、思い切って、圭司に部活は何に入るのか尋ねました。

でも、圭司が答える前に奈緒はまだなら応援部に入らない⁉と誘ってみます。

仮入部だけど、大きな声を出すと気持ちがいいのでおススメよと奈緒は言います。

圭司は笑って、部活、おススメされたのは初めてだと言って、邪魔くさいと言いながらも奈緒が一緒なら楽しそうだから入ろうかなと圭司は言います。

青春ヘビーローテーション【第4話】ネタバレ

応援部

女子に人気の圭司はどの部活に入部するのかも話題になるほどです。

中学の時がバスケ部なので、バスケかと思っていたら、応援部に入部しました。

今日の応援部の練習メニューは校外マラソン10キロ。

圭司目的で入った女子たちもハードな練習にはついていけず、入部を断念します。

圭司は10キロも余裕の1位でクリア。

奈緒もケロッとしています。

奈緒は陸上部だったので、これくらいよく走っていたと余裕です。

それを聞いた圭司は奈緒に「流石、子鹿脚」と言います。

傍で聞いていた圭司の友人の理久人は子鹿ってと尋ねると、圭司は受験の時にと説明し始めますが、恥ずかしいから止めてという奈緒です。

すると圭司はペロっと舌を出すので、奈緒はドキッとして、又、この表情を見ることができたと嬉しくなります。

つぐみは奈緒に随分、圭司と仲がいいのねと話しかけます。

そして、奈緒が誘ったから彼は入部したのでしょうと言ってから、更に彼は好きなのでは?と奈緒に言います。

その上、告白したらとも言います。

奈緒はつぐみに圭司のことが好きなのがバレていたことに驚きます。

つぐみは必死になって、この告白は大丈夫だと言いきります。

奈緒はつぐみにありがとうとお礼を言ってから、圭司には告白できないと言います。

つぐみはどうして?と尋ねます。

奈緒は以前、圭司から直接、告白されるのが嫌いだということを聞いたことを話します。

その時に、私は圭司に告白を絶対しないから安心してと言ってしまったことを打ち明けます。

つぐみは何故そんなこと言ってしまったのと呆れます。

奈緒は、特別、私のことを気にしているわけではないのよと、つぐみに言います。

すると、つぐみは、圭司たちとは中学が一緒だったけれど、奈緒のように女子をからかっている光景、見たことがないと言います。

奈緒はそうなんだと思って、圭司の方に視線を送ると、圭司と目があい、微笑んでくれるので、また、ドキッとしました。

そして、圭司のことがもっと知りたくなる奈緒でした。

新歓合宿

今日から2泊3日の応援部の新館合宿です。

1年は奈緒とつぐみの女子2名と圭司と前空理久人と桃地十夢の男子3名が入部となりました。

水野先輩のしごきが効いたようで、入部者がグーンと減ってしまいました。

つぐみは水野先輩のご指導は素晴らしいと称えます。

すると、水野先輩が優しく「入部してくれてありがとう! よく頑張ってくれたね」と言ってくれたので、倒れるほど大喜びしたつぐみでした。

つぐみは水野先輩と同じ高校へ行きたくて、少しでも傍にいたくて、勉強を頑張りました。

そんなつぐみを見て、素直に一緒になって喜ぶ奈緒です。

部屋割りの発表があってから、十夢が奈緒とつぐみに愛称で呼んで後で海に行こうと誘います。

喜ぶ奈緒でしたが、それを見て、圭司が奈緒のリュックを引っ張ります。

どうしたのと振り向く奈緒でしたが、圭司は別にと言って十夢たちと自分たちの部屋に向かって行きました。

2泊3日。朝も夜も一緒にいることができると思うと自然に顔がにやけてしまう奈緒です。

私の知らない圭司を見ることができるかもと思うと嬉しさが溢れてきます。

合宿の練習メニューは大変ですが、食事はバーベキューと豪華です。

奈緒はつぐみや十夢や理久人と楽しく食事をしていましたが、圭司は来ませんでした。

圭司が歩いて行く方向に行ってみると、圭司が奈緒を見て、抜け出さない?と誘います。

奈緒は驚いて、顔が赤くなってしまいます。

圭司はそれを見ながら、先輩に買い出し頼まれたと言うので、奈緒は勘違いして恥ずかしいと思いながらも、一緒に行くことにします。

十夢が圭司と奈緒を捜しながら買い出し?と尋ねますが、誰も頼んでいないと答えるのでした。

砂浜で

奈緒と圭司は海の方へ歩きます。

足元が危ないと奈緒が不安な声を出すと、圭司は優しく手を貸してくれます。

ドキドキしながら、圭司の手に捕まる奈緒です。

そのまま手を繋いだまま、砂浜を歩く二人です。

圭司が奈緒に好きなの?と尋ねます。

奈緒はえっと思って驚きますが、圭司はその後、海?と付け足すので、アタフタとそうね海ね。好きよと答えます。

奈緒は思い切って圭司に尋ねてみます。

どうして、圭司は好きって言ってくる女子が嫌いなのかと。

入試の時を思い出しながら、奈緒は圭司は優しい人なのに、どうしてこんな酷いことを言うのかなと思って尋ねているのと言うと、

圭司は面倒くさいからだと答えます。

好きって言ってくる女子は自分勝手だとも言います。

小さい頃からそういう好意を押し付けられて、凄く騒いで好きと言っても、どうせ、直ぐに他の男に行くでしょうと圭司は言います。

奈緒は繋いでいる手を離して、好きだと言って気持ちを伝えた子達は皆、本当の気持ちだと思うよと圭司に言います。

まるで、私の好きもいらないからと言われているような気持ちに奈緒はなりました。

好きな人がいる時はちょっと馬鹿になるんだよと奈緒は話します。

何だか気持ちががフワフワして、小さなことでも浮かれたりもするし、月曜日の朝も早く学校に行きたくてウキウキするんだよと奈緒は言います。

すると、圭司がじゃあ、俺も馬鹿なのかな・・・と。

奈緒は目を丸くして驚いてしまいました・・・それ、どういうこと??

青春ヘビーローテーション【第4話】感想

好きな人ができて、とても楽しそうな学校生活ですね!

もう既に圭司と奈緒は両想いなのでしょうか?

次回がとても楽しみですね!

次回は4月3日(金)発売です。

青春ヘビーローテーション最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、青春ヘビーローテーション最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
青春ヘビーローテーション最新話を読む