漫画ネタバレ

青春ヘビーローテーション【第6話】ネタバレ!溢れる想い

2020年4月20日発売、Sho-Comi10号青春ヘビーローテーション【第6話】ネタバレや感想をまとめました。

青春ヘビーローテーション最新話を無料で読む方法は?

青春ヘビーローテーション最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、青春ヘビーローテーション最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
青春ヘビーローテーション最新話を読む

前回のあらすじ

合宿のランニング中、ゲリラ豪雨に遭い、奈緒は強行突破で帰ろうかなとも考えますが、足の爪が割れていることに気が付き雨宿りをします。

上手くいかないなと思って、しょんぼりしている時に圭司が傘を持って迎えに来てくれました。

圭司はおんぶをして、宿舎まで帰ってくれ、誤解も消え、何時もの関係に戻りました。

圭司は奈緒に、月曜日、奈緒に会えることが嬉しいと言ってくれます。

それを聞いた奈緒は、それって友達じゃない?私たちと圭司に言います。

圭司は頷き、友達なら奈緒のLINE教えてと言います。

青春ヘビーローテーション【第6話】ネタバレ

圭司のアイコンは犬。

圭司とLINEができるようになり奈緒は部屋のベッドの上でスマホを口に当てて喜んでいます。

ごはんだと呼びに来た弟が奈緒のニヤニヤしている姿を見て気持ち悪いと言います。

改めて、合宿、とっても楽しかったなあと思う奈緒です。

そして、合宿中におぶってもらったことを思い出し、またしても嬉しくてニヤニヤしてしまう奈緒でした。

明日は月曜日!

圭司に会える1週間が始まるのでウキウキします。

月曜日

朝、下駄箱で最初に圭司に会えました。

今日はラッキーな一日になるなと奈緒は思います。

おはようとお互い挨拶してから、圭司は奈緒に筋肉痛になっていない?と尋ねます。

奈緒はぜんぜんと顔を赤くして笑って答える姿を見て、圭司は「ミミ」に似ていると言います。

「ミミ」って?と奈緒が尋ねると、俺んちの犬と言って、あっ、奈緒は子鹿だったと訂正してペロっと舌を出してふざけます。

奈緒はもうと怒りながらも「好き」と思うのでした。

今にも好きって告白してしまいそうと思う奈緒です・・・。

でも、現実は来週からテストが始まるのでした・・・浮かれている場合じゃない・・・。

放課後

圭司に部活行くけど行く?と尋ねられると、即答「行く」と奈緒は答えます。

友人たちはそれを見て、二人は合宿でさらに仲良くなって、付き合うのも時間の問題ね話しています。

中間テスト不安だなあと奈緒が圭司に言うとまた、「今度こそお守り持っていけば」と圭司はからかいます。

奈緒は何の教科が苦手なのと圭司は尋ねます。

数学と奈緒が答えると、公式覚えるだけだよと簡単に言います。

奈緒は圭司は入試トップだから、今回もまた1位かなと言うと、圭司は、何時も通りやるだけと言いながら自信ありそうな感じです。

じゃあ、俺が教えようか数学と圭司は奈緒に咄嗟に提案します。

奈緒は凄く驚きました!

コーヒーショップで

一緒にコーヒーショップに行くと、何系を飲むのと奈緒に尋ねてからコーヒーを注文しに行ってくれる圭司です。

注文している姿を見ても、かっこいいと思う奈緒です。

コーヒー代を払おうとすると、いいよと圭司が言い、奈緒が遠慮すると、じゃあ、次奢ってと言う圭司に「次もあるんだ・・・」とボーとしながら喜ぶ奈緒です。

注文してくれたコーヒーも何時もより美味しく、圭司の飲む姿もかっこいいのねと見つめていると、圭司は自分が飲んでいるコーヒーを差し出して飲むと尋ねてくれました。

奈緒は間接キスだと思いながら飲むと、ブラックコーヒーでした。

驚く奈緒に何時もこれと言って、また、直ぐに飲み始める圭司を見て、奈緒は間接キスと再び意識するのでした。

コーヒーショップで勉強を始めると、店内から「榛名君だと」という声が聞こえてきました。

そして「一緒の子、彼女かな」という声も聞こえてきたので、奈緒は咄嗟に立ち上がって「ただの友達だから、違いますよ」と答えます。

誤解されるところだったと言うと、圭司は別にいいのにと言います。

ああいう声にいちいち反応しなくていいよと圭司。

奈緒は彼女じゃないからするよと答えると、圭司はそれなら彼女になると奈緒に尋ねます。

奈緒は心臓がバクバク鳴り始め、彼女になりたいけれど、言っていいの?とためらっていると、圭司が奈緒は一生俺に告白しないと言っていたもんねと笑います。

そして直ぐに数学の公式について説明し始めます。

奈緒は勉強中の圭司との距離が近いことで、再び心臓の音が大きく鳴り始めます。

私の圭司に対する想いは大きくなり過ぎて、今にも「好き」って告白してしまいそうと思う奈緒でした。

LINEで

家に帰り、説明してもらった公式で解くとスラスラ問題が解けていきます。

圭司が先生になると、教え方も上手いし、皆、成績が上がるだろうなあと先生になった姿を妄想していると、また、弟に見られてしまいます。

お礼のLINEをしたい奈緒でしたが、彼女でないからと躊躇します。

こんな時、彼女だったらLINE送れるのになあと思いながらも、送ってみます。

圭司がからかうのでバンビのスタンプを使って、お礼を送ります。

弟と台所で夕食の準備をしていると、圭司から返信が・・・

わからないところがあったら、電話してきてと。

それを見て、より一層、圭司の彼女になりたいと思う奈緒でした。

青春ヘビーローテーション【第6話】感想

もう付き合っていそうな奈緒と圭司ですが・・・。

奈緒が告白するとこのいい関係は壊れてしまうのでしょうか?

圭司の言葉は誘導的で、もう俺、奈緒のことが好きだよと聞こえてしますが・・・。

次回、Sho-Comi11号は5月2日(土)発売です!

青春ヘビーローテーション最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、青春ヘビーローテーション最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
青春ヘビーローテーション最新話を読む

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国