週刊少年チャンピオン

魔入りました!入間くん【第135話】収穫祭の終わりのネタバレ!アブノーマルクラスの最終結果

2019年12月5日発売、週刊少年チャンピオン2020年1号の魔入りました!入間くん【第135話】収穫祭の終わりのネタバレや感想をまとめました。

魔入りました!入間くん最新話を無料で読む方法は?

魔入りました!入間くん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、魔入りました!入間くん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
魔入りました!入間くん最新話を読む

魔入りました!入間くん漫画コミックを全巻無料で読む方法の調査結果!週刊少年チャンピオンで絶賛連載中の少年漫画「魔入りました!入間くん」を、無料で読む方法をまとめてみました。 電子書籍サービスを利用すれ...

【前回のあらすじ】

入間とリードから「終わりの鉢」を奪って報告筒に持っていき、ポイントを獲得したかに見えたオロバスとオチョ。しかしその報告筒はジャズとアロケルが結託してオロバスたちを罠にはめるための、偽の報告筒でした。

魔入りました!入間くん【第135話】収穫祭の終わりのネタバレ

時は収穫祭2日目にさかのぼり、ジャズのリタイア後の話。

ジャズはリタイアになったのは自分のせいだとアロケルに謝ります。

しかし「これでいい。リタイアテントへ行けるのはむしろ好都合だ」というアロケル。

ここなら森の様子もよくわかるし、リタイアしてない者が入っちゃいけないルールはないと言います。

実はチームを組んではいますが、収穫祭は元々個人戦。

つまりリタイアしたのはジャズのみで、アロケルはまだプレイヤーなのです。

これを活かさない手はない!!

そう考えた2人はリタイアテントで情報を集め、作戦を整えました。

すべてはオロバスの足を引っ張るため。

アロケルは森へ、ジャズはテントから情報伝達。

そしてオロバスの動向を探っていたところ、奪った鉢をポイントに変えようとしていたため、その瞬間を狙って鉢をいただこうと企んだのです。

 

そうして掌中に収めた「終わりの鉢」。

アロケルはそれを入間に贈呈しました。

いいの!?と驚く入間達に、問題ないというアロケル。

収穫祭も残りわずかで俺が持っていても仕方ない。

それに俺たちが勝つときは2人でなくては意味がない。

一念天に通ず。アブノーマルクラスの優勝は託した。

そう伝えながら熱い眼差しを向けるアロケルに、入間はうん!!と力強く答えました。

その様子をモニター越しに見つめながら、ひそかに涙を拭うジャズ。

全てを見守っていたアメリは、瞬間的な機転と執念でリタイアテントを勝負に活かしたジャズたちに驚き、負けず嫌いでいいチームだと微笑みます。

今回の収穫祭において一番の成長と想いを見せたのは、間違いなくアブノーマルクラスだと感じるアメリ。

 

誰が若王でもおかしくはない―――・・・

さぁいよいよ、それぞれの収穫祭が終わる・・・

 

一方ドロドロ兄弟と共に食材を探すサブノック。

イチロは、白い方行かせてよかったんか?とアスモデウスについて聞きます。

すると奴は自分の野望に向かっていたのだから、止める道理などない!というサブノック。

たとえ一人になろうとも、己は前進あるのみだと力強く宣言します。

しかしサブノックは話している途中で体力が尽きてしまい、その場で寝始めました。

サブノック・サブロの最終ポイントは45500ポイントでした。

 

一方アガレス城に攻め込むケロリの魔獣王国。

しかし結局アガレス城を破ることはできず、仲間も次々と敗れていきました。

魔獣たちの供物だけでは優勝までのポイントには届きません。

アガレス城を攻め落とせなかった今、もう私たちに優勝の目はないとケロリが諦めかけたとき、魔獣たちは我々をポイントとしてお使いください!!と自ら申し出ました。

自分たちを食材ではなく仲間として迎え入れたあなたに報いたい、それで女王が優勝できるのであれば本望だという魔獣たち。

するとケロリは立ち上がり「だめよ」と言って、魔獣の頭に手を置きます。

私がいくら輝いてもファンがいなくては意味がないでしょ?

そう言って優しく微笑み、魔獣たちを労うケロリ。

クロケル・ケロリは36800ポイント、カイム・カムイは22500ポイント、イクス・エリザベッタは20700ポイントを獲得しました。

 

その頃、アガレス城では退いていく魔獣たちを見て、家来たちが歓喜に沸いていました。

そして喜んでご飯を食べ始めた家来たちを見て、どこまでも能天気だなと呆れるアガレス。

ガープがこれも一種の勝どきだから、我々も祝いをしようと話していると、突然大量の食材が目の前に運ばれてきました。

余ったポイントは全部殿たちにあげる!!というコナツ。

これは城の民がみんなで決めたらしく、元々自分たちはリタイア寸前で最終日まで残れるなんて思ってもみなかったため、2人に喜んでもらいたいと言います。

もうみんな家族みたいなものだから、感謝の気持ちを受け取ってほしいというアズキ。

「私たちを守ってくれて・・・ありがとう!」

そんな城の民の言葉にガープは涙を流し、アガレスは物好きなやつらだと照れながらいいました。

アガレス・ピケロは32300ポイント、ガープ・ゴエモンは32300ポイントを獲得しました。

 

そして入間とリードは”始まりの種”と”終わりの鉢”を用意しました。

「いざっ”レジェンドリーフ”を咲かせよう!!」

魔入りました!入間くん【第135話】収穫祭の終わりの感想

アブノーマルクラスの生徒たちが、それぞれ助け合って乗り越えてきた収穫祭も終わりに近づいてきました。

入間とリードがレジェンドリーフを咲かせれば一気に10万ポイントが入り、大逆転優勝となりますが、何事もなくすんなりといくのでしょうか?

どんな展開になるのか楽しみですね!

次回の魔入りました!入間くん【第136話】が掲載される週刊少年チャンピオン2・3号は12月12日に発売されます。

魔入りました!入間くん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、魔入りました!入間くん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
魔入りました!入間くん最新話を読む

魔入りました!入間くん漫画コミックを全巻無料で読む方法の調査結果!週刊少年チャンピオンで絶賛連載中の少年漫画「魔入りました!入間くん」を、無料で読む方法をまとめてみました。 電子書籍サービスを利用すれ...