漫画ネタバレ

100万の命の上に俺は立っている64話ネタバレ!魔物の討伐成功!?

2021年10月8日発売の別冊少年マガジン10月号掲載の「100万の命の上に俺は立っている」についてネタバレをまとめました。

100万の命の上に俺は立っているを無料で読む方法を徹底調査!

100万の命の上に俺は立っているを無料で読む方法を徹底調査!別冊少年マガジンで連載中の「100万の命の上に俺は立っている」を無料で読む方法をまとめました。 100万の命の上に俺は立っているを...

100万の命の上に俺は立っている最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中

100万の命の上に俺は立っている
100万の命の上に俺は立っている最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中別冊少年マガジンで連載中の人気漫画「100万の命の上に俺は立っている」のネタバレを全話まとめました。 漫画「100万の命の上に俺は...

【前回のあらすじ】

デモ隊が国会に集結、そして王女の一声により、国民の代表をここに呼べる事となり命が助かった二繋。

ここで二繋が選んだ国民代表は、死亡した傭兵の遺族、儲かっていない鍛治職人、世話になった家の老夫婦です。

主張をまとめると、大多数の国民の収入は減りバズマの周辺しか儲かっていないという事、

そしてこの瞬間失業者がたくさん増えたとしても1日も早く正常に戻そうとしたヴィキ家の選択は正しいというものでした。

お触れの討伐のせいで息子を失ったという声も、情に訴えるようなもので、これは非常に良い流れです。

最後に証言した老夫婦も、国家の礎となっているカゼオ教の価値観が近年の経済重視の政策のせいで

それを支える国民の心が分断されているという話も非常に陪審員の心に響くものとなったのでした。

しかしこれらの主張に大きく反対するのもやはりバズマ。経済成長の足を引っ張るのは害悪だと言い切るのでした。

確かに、バズマのおかげで大な発展を遂げた国なだけに、これには拍手も沸き起こり主張が取り込まれてしまいました。

両者の主張は平行線・・・バズマにはある種のカリスマ性すら感じ始める二繋です。

しかしここで王女が突然、この場はお触れの責任者は誰かという問題を話すために設けられた場であったと原点回帰し

バスマを窮地に追い込みます。しかし余裕そうなバスマは部下を呼びデモ隊の中で暴動を起こさせるよう指示します。

このバスマの策が成功すれば、二繋の敗北が決定します。何をどうしたらいいものか・・・!?が、その時、

なんと、大魔法使いファティナが現れたのです!!それもバスマと国側の討伐確認部隊のリーダー2人を引き連れて。

巨大魔物がついに討伐されたとの報告が!!しかしバスマの顔は真っ青です。

なぜなら、バスマは今朝、討伐にはまだ時間がかかるという知らせを受けたばかりだったのです。

100万の命の上に俺は立っている63話ネタバレはこちら

100万の命の上に俺は立っている64話ネタバレ

二繋自身も突然降って湧いたこのラッキーに、何が何だかわかっていません。

ヴィキ家のジャンガニーがこの討伐に関しての説明を行います。

国会で問題が起きているその裏では、分離帯撃破により経験値がたまり魔導師というはつの上級職を引き当てた四谷。

ファティナを回復させ、早速改めて国を騙し魔物を倒した事にするか、本当に魔物を倒す手段を模索するかをファティナに問います。

プレイヤーにはログという過去の映像を見られるシステムがあり、四谷はオズと戦うファティナの様子も見ていました。

そこで、血の儀式は魔法陣を使った力の魔法の応用だと分かったため、

魔法陣の中央にいる巨大魔物は生命力を奪われている様子がなく、自身は儀式の対象外になっているのではないかと説明します。

ならば魔法陣を書き換えられたら巨大魔物からも生命力を削られるのではないかというのが四谷のアイディアです。

ファティナは書き換えは不可能であるものの、魔法陣の一部を削って、巨大魔物や対象から除外という文言を消せると言い早速その線で行く事に。

とは言っても魔物の体内に入り込まなければならず、かなりリスクのある仕事。

しかしクエスト達成までの時間もなく、何より自分の生死がかかった仕事を他人には任せたくないと、四谷自ら率先して行く事に。

すぐさまファティナの時空間魔法で胃の中に送ってもらう四谷です。

巨大魔物の胃の中は、高さ4mでテニスコート5面分の広さがありますが、魔法陣の放つ光の方をめがけて進みます。

しかし、胃の中はすぐに異物を押しつぶすために蠢き始め苦戦する四谷。

存在感の低下魔法で四谷の場所は特定されなくなったものの、大量の胃酸を出して溶かす手段をとる魔物にさらに苦戦を強いられます。

しかし、胃液が溶けないのは酸を中和する粘膜が胃の内部を覆っているからで、

胃の表面以外の肉体は胃液で溶かす事が出来るという知識を持ち合わせていた四谷は

ナイフを使って胃をとにかく傷つけまくります。粘膜ごと皮をはげば、自分の胃酸で胃に穴が空き

更にその下にある自身の肉体をも溶かす事になるはずだと・・・!こうして四谷は6つある魔法陣の全てを破壊することに成功!

しかし地上では、安心するのも束の間。なんと魔物は自分の死を悟り産卵の準備に入っていました。

大砲のように体を変形させ体を飛ばすこの雌雄同体に対し、残念ならがら今のメンバーではMPの残りが少なく太刀打ちできません。

が、そこに突如現れたマリタにより、なんとか卵の噴射前に魔物は真っ二つにされ

残りの肉片を再び弓矢とオウルの木の槍攻撃で斬滅。巨大魔物はもう分離体を出せる余裕もないため

ここまで来ると攻撃は一方的でした。そして、ついに最後の木の槍が急所に刺さり

巨大魔物は断末魔のように、血と三年間取り込み続けたかつての誰かの装飾品であった金属の塊を雨のように吐き出し、死にました。

それにより新堂、箱崎、鳥井、グレンダも蘇生。こうして無事この国会の場に全員が戻れる事となりました。

つまりこれにより、ヴィキ家のジャンガニーが時期王で決定・・・!

しかしここでもお触れが有効ではないと最初に噛み付いてきたのはヴィキ家だと粘着してきます。

が、国会は今誰がこのお触れを作ったかの疑惑の説明途中でした。

お触れ作成の前日、ビッスワと共に国王の元に現れたのはバスマ・・・!国王も認めざるを得ず、

ついにバスマは窮地に追い詰められます。そうなるともう、バスマ降ろしの空気が出来上がってきて

かつての仲間たちは巻き添えを喰らわぬように、バスマに関する悪事がどんどん暴露されて行くのでした。

ついにはデモ隊の中で暴動を起こせと先ほどバスマから指示を受けた秘書までもそれに加担。

こうしてバスマはテロリストとして逮捕される事になったのでした・・・!

そしてついに国王から「ジャンガニー・ヴィキ、そなたに王位を譲る」との言葉も。

これに沸くクエストメンバー達・・・しかし、嬉しい反面、四谷の気持ちは複雑です。

なぜなら戴冠式が終了するまで、実はジャンガニーは王になれないという秘密を隠し通さなければならいから・・・。

100万の命の上に俺は立っているを無料で読む方法を徹底調査!

100万の命の上に俺は立っているを無料で読む方法を徹底調査!別冊少年マガジンで連載中の「100万の命の上に俺は立っている」を無料で読む方法をまとめました。 100万の命の上に俺は立っているを...

100万の命の上に俺は立っている最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中

100万の命の上に俺は立っている
100万の命の上に俺は立っている最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中別冊少年マガジンで連載中の人気漫画「100万の命の上に俺は立っている」のネタバレを全話まとめました。 漫画「100万の命の上に俺は...

100万の命の上に俺は立っている64話感想

長かった・・・!長かったですよね、ここまで!でもついに魔物討伐に成功し

国会にまで戻ってくる事が出来ました!しかしこの戴冠式、何かが起こる予感!?

最後の懸念事項があり、まだ終わっていません!一体どうなる!?次回は12月号だという事です!

100万の命の上に俺は立っている65話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍