漫画ネタバレ

曝ク者!15話ネタバレ!すれ違った想いの行方は!?

2020年7月2日発売の週刊ヤングジャンプ31号掲載の「暴ク者!」についてネタバレをまとめました。

曝ク者!最新話を無料で読む方法は?

曝ク者!最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、曝ク者!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
曝ク者!最新話を読む

【前回のあらすじ】

メジャーで活躍していた野球選手、尚巳の取材をする瀬良。

なんとか苦労して学生時代の友人に話を聞けそうになるのですが、その友人である菅原は突然「話す気がなくなった」といいます・・・

驚いた瀬良でしたが、菅原の気持ちは変わらず・・・!?

曝ク者!14話ネタバレはこちら!

曝ク者!15話会いたくないのはのネタバレ

菅原は昔のことを思い出していました・・・

まだ尚巳が有名になって少ししかたっていなかったころ、地元の友達と尚見はよく集まってはお酒を飲んでいました。

いつからだったか、その飲みの席に参加する1人がこういうようになります・・・

「皆!尚巳が全員分おごってくれるってよ!」

その言葉を否定もせず、尚巳は何度か全員にお酒をおごってくれたのです。

そんな事が何度か続いて、ついに尚巳は地元の友達とは遊ばなくなってしまったのでした・・・

居酒屋から出て行ってしまった取材相手、菅原をあわてて追いかける瀬良。

「ケンカになった原因は他のご友人から聞きました!だからこそ・・・!」

だからこそ、今の菅原の気持ちが知りたい!そう訴えかける瀬良でしたが、菅原の気持ちはかわりそうもありません。

「お前が浮がれでだのが気になっだわ」

そう言った菅原は、振り返りもせず、これ以上引っかき回されてもっと尚巳に負担をかけたくないというのです。

「アレは、俺ら態度が変わっただけの話だから・・・」

尚巳だって放っておいてほしいに決まっている、そういう菅原に、瀬良はそんなことない!と言い返しました。

けれど、瀬良には尚見がまた地元の友達と話したいという気持ちを抱えているという証拠や理由がありません。

空港で誰かを探すそぶりをしていたという尚巳の様子を思い出す瀬良でしたが、探していた相手が菅原たちであるという確信がもてなかったのです。

黙り込んでしまった瀬良に、菅原は明日も仕事があるから、といって帰ってしまいました・・・

一方同じ時刻、ホテルの一室で外を見つめる尚巳もまた昔のことを思い出しています。

まだ学生時代だったころ、幼かった尚巳と菅原。

雨の中傘もささずに、尚巳の前で野球をやめると宣言したのは菅原です。

そんな菅原に、尚巳は必死に「お前は俺より才能がある」と呼びかけていました。

“魔法のバット”なんてなくても、お前は俺よりもバカスカ打てる、才能のあるやつだ!と・・・

ただ、菅原は腰を痛めてしまっていました。

それさえなければお前もプロになれた、そういう尚巳に菅原は諦めたような表情でいいます。

「関係ない」と・・・

腰のことがあってもなくても、急速に成長を続けている尚巳には敵わない。

どうせ、いずれは自分の父親の家業である工場を継がなければいけなかったのだから、それが思ったより早くやってきただけだ、と彼はいいます。

そんな菅原に尚巳はそれ以上かける言葉が見つからないまま、2人は別れてしまいました・・・

瀬良と別れた菅原は、打ち捨てられたボロボロの廃工場の前へとやってきます。

“菅原製作所”と書かれたその工場は、ずいぶん前から売られているようで、もう長いこと工場として機能していないようです。

そんな工場を見つめる菅原は結局何もかもなくなってしまったな・・・、と諦めたように笑いながらつぶやくのでした・・・

その頃、取り残されてしまった瀬良は悩んでいました。

このままの情報だけでも記事にすることは可能です。

ただ、瀬良の推測が正しければ、その記事を提出してしまえば菅原と尚巳の関係は二度と元には戻らなくなってしまうかもしれません。

例え全てが勘違いだったとしても、できることはしておきたい・・・

そう考えた瀬良は先輩に電話をかけました。

「尚巳選手の連絡先を知りたい?」

思わぬ瀬良の頼みに先輩は首を傾げます。

「そんなの地元にいるならいくらでも入手できるでしょ」

そう言われた瀬良は、尚巳は携帯をかえていこう連絡先を知らせておらず、地元の人でも一切連絡がとれないのだと伝えます。

瀬良は、当時起こったという尚巳のせいといわれたケンカの内容を先輩に話しました。

尚巳に何度もたかり続けた結果、彼は次第に飲み会には顔を出さなくなってしまいます。

尚巳のいない飲みの席で、菅原は尚見に連絡をとりますが彼は忙しいのか来れそうにないようでした。

そのことを他の友人に伝えた菅原に、周りは「最近付き合い悪くないか?」といい出します。

そんな周りに対し、菅原は「うんざりしたんじゃないか」とこぼしました・・・

友達だと思ってた相手にずっとたかられ続けて、うんざりしたんだろうと菅原は指摘したのです。

それに対し、一番最初に尚巳に払ってもらおうといいだした男がいいます。

「いいこぶんじゃねえよ管」

お前だってあんだけ稼いでんならちょっとは援助してくれって思ったことあるだろう?

そうしたら、父親から継いだ工場を潰さずにすんだのにって・・・

そういわれた菅原は怒りとショックのあまり、反射的にその男に殴りかかっていました・・・

これが尚巳をめぐって起こったといわれたケンカの真相です。

この事実を知った瀬良は、菅原だけでも尚巳とまた話せないかとかんがえていたのでした・・・

今はアメリカに住む尚巳が日本にくるのはこれが最後かもしれない。

そう考えると瀬良はなんとしても尚巳と菅原を会わせたいと思いました。

必死な瀬良に、先輩はとんでもなく大変な方法を提示します。

それは「尚巳の実家の前で囲み取材をしていた記者達を探し出して聞く」というもの・・・

ほとんどの記者は東京に帰っていて連絡がつかないため、頼みの綱はローカル放送の記者たちだけです。

一晩中、必死に走り回らなければ見つからないかもしれない案でしたが、瀬良はその案を聞いて笑顔を見せました。

「ありがとうございます!先輩!」

嬉しそうな瀬良に、先輩もまた誇らしげに声をかけます。

「少し見直したわ、自分で考えて独自ルートからネタを掴んできたんだもの」

もう一踏ん張りがんばって、そうねぎらいの言葉をかけられた瀬良は疲れた体に喝をいれて必死に青森を走り回るのでした・・・!

そうして翌朝、出社しようと駅に向かってきた菅原は、駅前に座り込んだボロボロの瀬良を発見します!

「うわあ!」

思わず声を上げてしまった菅原に、瀬良は「尚巳さんと連絡をとりました」と伝えたのです!

ボロボロの瀬良は、一晩中走り回りやっとのことで尚巳と連絡がとれたと語ります・・・

「13時の便でアメリカに戻るそうです、菅原さんと話をしてみたいとも・・・」

その言葉をきいても、菅原はかたくなに会社があるから・・・と瀬良の誘いを断ろうとしました・・・

そんな菅原に瀬良は叫びます!

「会いたくないのは後ろめたいからですか!?」

その言葉にギクリと体をこわばらせる菅原・・・

そんな彼に瀬良は必死にうったえかけました!

「尚巳さん全部知ってましたよ!地元の友達と会わなくなったのはケンカが原因じゃない・・・菅原さんが嘘をついてたからです!」

 

曝ク者!最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、曝ク者!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
曝ク者!最新話を読む

曝ク者!15話会いたくないのはの感想

段々と尚巳と菅原のすれ違いが明らかになってきましたね・・・

次週、ついに決着がつきそうですが、果たしてハッピーエンドとなるのでしょうか!?

次回の曝ク者!16話が掲載される週間ヤングジャンプ32号は7月9日の発売です!

曝ク者!16話ネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍