漫画ネタバレ

アクタージュ117話ネタバレ!環の挑発にのった夜凪は!?

2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプ29号掲載の「アクタージュ」についてネタバレをまとめました。

アクタージュ最新巻を無料で読む方法は?

アクタージュ最新巻を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アクタージュ最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
アクタージュ最新巻を読む

【前回のあらすじ】

大河ドラマの主役、薬師寺の少女時代の役を決めるオーディションにでていた夜凪。

3人の実力ある新人女優をうちまかした彼女は無事役をつかみましたが、環蓮に挑発されてしまいました!

墨字と関係のありそうな彼女の言葉を聞いた夜凪は・・・?

アクタージュ116話はこちら

アクタージュ117話奪うのネタバレ

夜凪は台所でおなべの支度をしています。

ご飯ができあがるのを待っている墨字たちでしたが、雪たちはイライラしている夜凪に気づき困っていました。

仕方なくという感じで「何かあったのか?」と聞く墨字に、雪が「そのことで聞きたいことが・・・!」と言おうとしますが・・・

環さんって一体、と喋り出したとたんに夜凪がやってきました。

わざとらしく大きな音をたてて鍋を食卓においた夜凪に、雪は「墨字さんに聞く必要はないってこと・・・?」と困惑します。

そんな夜凪に墨字は「なんでそんなに不機嫌なんだ?」とストレートに質問しました。

主演の少女時代の役なんて、こんないい話はないだろうという墨字に、夜凪は「そうね、あの人の少女時代の役ね」と返します。

雪は、そんな2人のやりとりをハラハラしながら見守っていました・・・

「しかし偉くなったよな、環も」

そう言った墨字を夜凪は「別に興味ないけど?」といいながらも気にしている様子・・・

そんな夜凪に気付いているのかいないのか、墨字はそのまま話を続けます。

「大作映画の主役級が何十と出演する、それが大河ドラマだ」

それの主役に選ばれるようになったのだから、環も偉くなったもんだ、と墨字はいいます。

「この前までガキだったのによ・・・」

そういう墨字の顔はどこか優しく、夜凪はその様子をみてむすくれます。

「じゃあ私じゃなくて環さんを主演に映画をとればいいのに」

そうぼそっとつぶやいた夜凪を墨字は不思議そうに見つめます・・・

何か言ったか?と聞きますが、夜凪はすっかり拗ねてしまい別に!と話してくれないのでした・・・

そんな夜凪をみて、雪は「自分が2番目じゃないかって不安なんだよね・・・!」と夜凪の気持ちを考えハラハラしていました。

「要するに環さんの人気にのっかって有名になればいいんでしょ」

ふてくされてそういう夜凪に、墨字は「環に乗るんじゃねえ」と一喝します。

「環から奪うんだよ」

その言葉に夜凪は衝撃を受けたように墨字を見つめていました。

主役の少女時代の役というのは、出番も少なく前半しかテレビにはうつりません。

でも、環よりも先に視聴者に姿を見せられるのは少女時代の役を演じる夜凪です。

「それを利用してお前がすべきことはなんだ」

墨字の問いかけに、夜凪は真剣に答えます。

「大河の主演は私だと視聴者にすりこませること」

その答えに墨字は、そうだ、それがお前の仕事だろう、と厳しい表情で伝えました。

そうすれば環の中にお前の影を見続ける、そういう墨字に夜凪はなるほど、とうなずきます。

「環さんの活躍が私の活躍になる・・・」

それってとっても楽しそうだね、と笑った夜凪は、もうさっきまでのふてくされた様子はありませんでした。

食事の後、屋上にでた夜凪をおって雪がやってきました。

「気になるなら聞けばいいのに、環さんのこと」

雪の言葉に夜凪はそういうんじゃないの、と返します。

あの人が私を怒らせるためにわざと挑発してきたことはわかってる、というのです。

「私は役者、売られたケンカは買うだけよ」

そう言って不敵な笑みを浮かべる夜凪を、雪は心配そうにみつめるのでした・・・

食事の後、墨字と話していた雪は「俺来週あけるから」と伝えられていました。

普通は助手なのだから自分をつれていくものでしょう、と憤慨する雪ですが、墨字は真剣な表情でそれを断ります。

「悪い、今は夜凪を頼む」

屋上で夜風にあたる夜凪の後ろ姿をみながら、雪は思うのです。

「けいちゃんは確実に映画界の財産になる・・・つまりいつか私の財産になるということ」

今は夜凪につくそう、そうおもいなおした雪に夜凪が声をかけました。

「顔合わせまでまだ時間あるわよね」

「じゃあ、まずは敵城視察ね!」

笑顔の夜凪にこたえるように、雪は環蓮について分かる限りの情報を語ります。

環蓮、33才。

高感度ランキングは堂々の1位を記録し続ける好感度の高い女優です。

12才の頃から芸能界入りをはたし、18才から本格的に女優として活動を開始。

主演ドラマの数も増え、環蓮の名前を知らない人はほとんどいません。

それほどのスターでありながら、親しみやすさでも有名で行きつけの店に行けば一般人と楽しく飲んでいる姿も目撃できます。

そう、つまり環蓮はスターでありながら身近な芸能人なのです・・・!

敵情視察に来た夜凪と雪は、環の行きつけの店へと足を運んでいました。

そこでみたものは、野球拳(じゃんけん勝負をして負けたほうが服を脱ぐというゲーム)をする環と一般人の姿・・・

すでに環の周りには何人ものパンツ一枚となった男性だらけで、彼女が無敗でじゃんけん勝負に勝っていたことがわかります。

異様な光景におもわず固まってしまった雪と夜凪。

夜凪たちに気付いた環は「こんなところで何してんの?」と気さくに声をかけてくれます。

そのまま2人をカウンター席に誘うと顔あわせまで待てなかった?と聞いてきました。

夜凪はそれに対し、環さんの過去を演じるなら環さんを知らないと・・・と説明します。

それをきいた夜凪は「あまちゃんでちょっとがっかり」と発言しました・・・

環は夜凪にきつい言葉を投げかけていきます。

「私たちの演じる薬師寺の前に私を知ろうとしたの?」

「1話に登場する薬師寺の8才の頃を演じる子役のことは?」

いつもの夜凪であれば先に環の聞いたところを調べてから環を調べにきたでしょう。

でも、彼女は環に挑発されて頭に血が上り、環のいいようにされてしまっていたのです・・・

「それは・・・」と口ごもる夜凪に、ごめんごめん、ちょっと挑発しすぎちゃったよね、と環は笑いながら謝ります。

そして、肉食獣のような瞳で夜凪を見つめると「煽られたくらいで何もみえなくなっちゃうなんてかわいい」と更なる挑発をしかけてきました・・・!

一方、別の場所では仕事を終えた子役が車に乗り込むところでした。

偉そうな態度の少女はさつきです。

さつきは尊敬するママから、大河の仕事なんてすごいね、といわれたため薬師寺の8才の頃の役にやる気まんまんでした。

「夜凪さんの子供の頃の役って思うとむかつくけど、環さんの子供時代でもあるって思うと悪くないわ!」

一方、挑発を受けていた夜凪は、環を警戒しじっと見つめています。

そんな夜凪に、微笑みながら環が話しかけてきました。

「仲良くしようよ景ちゃん、これから3人で1人の女優を演じるんだからさ」

薬師寺の役づくりはうまくいくのか・・・?

波乱を感じる大河ドラマの幕開けです・・・!

アクタージュ最新巻を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アクタージュ最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
アクタージュ最新巻を読む

アクタージュ117話奪うの感想

環、性格が悪い〜!と思ってしまいます・・・

墨字が大好きなのか、あるいは夜凪を奮起させるために意地悪をしているのかもしれませんが、このやり方はどうなんだ?!と思ってしまいます・・・

さつきちゃんがでてくれたのが嬉しいですね!3人がどうからんでいくのか、次号がたのしみです!

次回のアクタージュ118話が掲載される週間少年ジャンプはいつもと違う30号は6月27日土曜日の発売です!お忘れなく!

アクタージュ118話のネタバレはこちら!

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国