漫画ネタバレ

アクタージュ122話ネタバレ!不安そうなさつきに真美が暴言!

2020年8月3日発売の週刊少年ジャンプ35号掲載の「アクタージュ」についてネタバレをまとめました。

アクタージュ最新巻を無料で読む方法は?

アクタージュ最新巻を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アクタージュ最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
アクタージュ最新巻を読む

【前回のあらすじ】

鎌倉での生活も2日目を迎え、夜凪たちはさつきに自分を客観視するように伝えます。

子役としてのカラをやぶらせるため、その日1日を全力で鎌倉観光に費やした3人。

その観光中のさつきの様子をカメラにおさめていた夜凪は、最後にさつきが見せた憧れるような表情をさつき自身に見せていいます。

子供の頃からお芝居をしていたさつきにとって、お芝居をしないということが難しかったのだと。

ようやく手に入れたありのままの自分の感覚、これこそが薬師寺真波への第一歩だったのです。

アクタージュ121話のネタバレはこちら!

アクタージュ122話挨拶のネタバレ

鎌倉での生活も最終日、4日目の朝となりました。

3人はまた本読みをさつきにさせています。

「わあ、撮影所!このまちに撮影所ができるんだわ!」

同じセリフでしたが、以前と違いさつきの様子はずいぶんと変わってきていました。

以前のようなあざとい子役の演技とは違い、さつきちゃんが本来持っていた”さつき”自身のかわいらしさを芝居に出すことができていているのです!

その様子をじっと見つめる夜凪・・・

そんな夜凪をみて、環はおそろしい、と感じていました。

夜凪は目の前のさつきをみることでその”さつき”を自分の中にコピーしようとしていたのです。

薬師寺真波をブレない1人の女性として選ぶために、薬師寺真波を知るのではなくその始まりとなる子供時代の彼女を演じるさつきをコピーする・・・

それこそが今回の大河ドラマを成功させる方法でした。

夜凪にとって、周囲のあらゆるものが食べ物といっても差し支えありません。

その事実に、環は笑みを浮かべながらも「まるで怪物だ」と夜凪を見つめ思うのでした。

本読みを終えた3人は鎌倉を後にしようとしていましたが、さつきがお土産をひろいたいと海岸へと2人をつれてきます。

母親へのお土産を探しているさつきをみながら、環は夜凪に「子供の成長は早いね」と声をかけました。

いまいちその言葉の意味がわからない様子の夜凪をみて、環は「君も早熟組か」と納得した様子に・・・

さつきを見て役作りをしようとしているくらいだからそれもそうか、という環に、夜凪は環も同じように役作りをするんじゃないのか?と驚きました。

なんのために鎌倉に家をかりて3人で住んだのか・・・

驚く夜凪に、環は心配されるなんて、ずいぶんと甘く見られたもんだね、と笑います。

環は墨字と夜凪の作戦をわかった上で、鎌倉での生活をおくっていました。

夜凪が環以上の存在感を大河ドラマで印象付けることで、環をステップとして利用して知名度をあげようというのが夜凪たちの作戦です。

そのことをわかっていたという環は、悪いと思わなくていいともいいました。

「わかっていてどうして協力してくれたの?」

夜凪の言葉に、環は余裕たっぷりといった様子でこう答えます。

「先輩だから?」

笑顔でそう返す環をみて、夜凪は自分を怖いとも思ってもらえていないと気づき、少し焦った表情を浮かべました。

一方、さつきはお土産をさがすといっていたのに、浜辺でうずくまっています・・・

心配した夜凪が駆け寄ると、さつきは東京にこれからもどると思うと・・・とつぶやきました。

薬師寺真美に睨まれているという状況は、さつきには相当なストレスとしてのしかかっているようです。

そんなさつきを見た環は、じゃあ気分転換してからかえろう!と2人をつれてある場所へと向かいました。

3人で最後に訪れた場所・・・そこは薬師寺真波のお墓です。

溢れんばかりの花やお供物がおかれているそのお墓は、死んでなお日本中から愛されている女優であるということを3人に知らしめました。

「今日は彼女の命日だからね」

環の言葉に驚く夜凪は、改めて自分と薬師寺真波の接点についてを考えています。

夜凪がまださつきくらいだったころ、彼女は押し入れにあった映画をみて、薬師寺真波を知っていました。

モノクロの映像の中でも鮮やかな演技をして、それなのに見ているだけで落ち着き安らぐ、まるで子守唄のような女優だった薬師寺真波・・・

そんな人を演じるんだ・・・改めてそうおもっていた夜凪は、ふと横にいたさつきが何度も手を合わせているのを見て不思議そうな表情となりました。

「何度も手を合わせなくてもいいのよ」

そう言われても、さつきは謝ってるの、といいます。

「こんなにすごい人なのに、会ったこともないのに勝手に演じてしまってごめんなさい」

そういうさつきに、環はそんなふうに思ってもらうつもりでつれてきたんじゃないよ、といいました。

薬師寺真波が主演となる大河ドラマの制作は、すでに関係者や親族に許可がえられているものです。

そのひとたちが信じて託したスタッフに子役として選ばれたのがさつきなのだから、謝る必要はないと環はいいたかったのでした。

「でも、あの人には認められてない」

さつきは薬師寺真美を思い出し、うつむいています。

そんな彼女に、だからこそ作戦を実現させるんでしょ、と環は優しく声をかけました。

その言葉にうん!とさつきは明るい表情となったのですが・・・

3人の後ろから、花束を持った女性がやってきました。

「あら、こんにちは」

着物姿の初老の女性・・・彼女は、薬師寺真美でした・・・

真美の迫力に圧倒され、思わず後ずさったさつきたちをよそに、真美は墓前に花をそえ、静かに語りはじめました。

「最近は節操がなくて、あなたたちも大変ですね、見境なく大河なんて・・・この世のどこにあなたを演じられる女優がいるというのか」

その言葉に、思わず夜凪が疑問を投げかけました。

「真美さんも承諾されたんですよね」

「そうですよ」

その言葉に、夜凪はどうして、と尋ねましたが真美は言葉をかえすこともなくその場を後にするのでした・・・

緊張した表情のさつきに、環は力強く声をかけます。

「大丈夫だよ、見せてやろうぜ、21世紀の女優ってやつを!」

 

アクタージュ最新巻を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アクタージュ最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
アクタージュ最新巻を読む

アクタージュ122話挨拶の感想

いよいよ次回は大河ドラマの撮影となりますね!一体どんな薬師寺真波を3人は演じるのでしょうか!?

そして、真美の態度の真意とは・・・?

次回のアクタージュ123話が掲載される週間少年ジャンプは合併特大号!

週刊少年ジャンプ36・37号はいつもとちがう火曜日、8月11日の発売です!

アクタージュ123話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍