漫画ネタバレ

アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜117話ネタバレ!決着

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」117話のネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]
リザ皇妃を捕らえたアイリスたち。

今度は息子のルイ皇子のところへと向かいます。

そこでルイ皇子が今まで母の言いなりだったことを悔やみますが、自分で物事を選択することができません。

ですが、アイリスが背中を押し、ついに皇子が自白をします。

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」116話ネタバレはこちら

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢」117

この日はリザ皇妃の2回目の尋問の日です。

これが終われば皇室からリザは追放されると、話しています。

ハワードはまだわからないと言いますが、すべてを仕向けた連中が罪を裁くから逃れる方法などないと言われます。

しかしリザの味方をする貴族はまだいます。

なので、リザに味方をしていたと飛び火が向かないよう余計なことは言わないと、ハワードは耳にタコができるくらい聞かされます。

すると、ハワードはイアンとアイリスが一緒に中に入っていくところを見掛け、声を掛けようとしますが、すぐさまドアを閉められてしまいます。

中ではリザ皇妃と殿下が向き合っています。

リザのドレスはところどころ汚れ、疲れた様子が滲み出ています。

遠くでアイリスとイアンは様子を眺めています。

リザを見ながら、アイリスは昨日の出来事を思い出します。

昨日アイリスはリザが捕らえられている牢屋へと向かいます。

リザをアイリスを見るなり、私を騙して、早く出して、ここで死ぬなんて嫌だと手を伸ばします。

そして息子のルイのことを聞いてきます。

そんなリザを冷めた目で見るアイリスは反逆なんて恐ろしいことは考えたこともないから、そこは信じて欲しいと言います。

しかしアイリスの頭の中では過去に泣きながらお腹の子だけは助けて欲しいと牢屋の中で懇願していたことを思い出しています。

皇子のことが心配か?この暗闇と寒さよりも、我が子を抱きしめられなくなる方が怖いか?と聞きます。

リザはその問に当たり前だと怒ります。

アイリスは怒ったリザにならば、他人の子も大事な存在ではないのかと冷たく尋ねます。

子どもだけは助けてとあれほど懇願したのに…とアイリスは過去の出来事を口にしますが、リザには思い当たることがありません。

アイリスは蘇った今でも産声を上げられずに死んでいった我が子のことを思っています。

だから、私は許さないとリザのことを突き放します。

そして、私と同じようにあなたも苦しむといいと言います。

過去に戻ってからもその記憶にどれだけ苦しめられたか同じ目にあわないと分からないでしょうと言うアイリスに昔ファンタジーだと思って聞いていたことを思い出します。

命を差し出す代わりに特定人物の時間を巻き戻すという特別な力のことを…。

リザはイアンが浮かび上がります。

まさか…ダメ、ここから出して、とお願いしますが、ここにはアイリス以外だれもいません。

グライフ伯爵を連れて来てと言いますが、アイリスは行ってしまいます。

アイリスは翌日、リザが罪は明らかなのに認めないことを話します。

死刑は確定だから、足掻いても時間稼ぎにしかならないとティーカップを見つめながら言います。

そんなアイリスの元へ、メイドがリザが自殺したと伝えに来ます。

アイリスは信じられず、薬を使って体を麻痺させただけでしょうと言いますが、イアンも、リュウもダニーも兄も全員黙って目や顔を逸します。

気まずそうに、誰も何も言いません。

アイリスは気付いて、まさか皆さん…と口にします。

イアンはそんなアイリスにやるべきことはまだたくさんあるから長引かせたくなかったと言います。

イアンはアイリスの感じた苦痛に比べれば斬首刑は優しすぎるから血を吐く苦しみと、孤独の恐怖を与えたかったと思っています。

なぜなら、過去にリザ皇妃はアイリスのことを2年もの間ネズミを追い詰めるように弄んでいて、餓死寸前の状態で逃げ惑うアイリスのことを嘲笑って楽しんでいました。

本当はリザ皇妃のことは歴史書から消し、国の恥として後世に残したいと思っていたのです。

しかし、リザはただ罪を償う勇気がなく、自ら命を断ったのです。

アイリスはイアンの言う通り、やるべきことはたくさんあると思います。

数日後、リザが自殺したという知らせに国中が動揺します。

それは、リザの自殺に陰謀論を唱える者と、公表された内容だけを信じる者とで対立します。

しかし、アイリスとイアンの結婚の知らせにより、リザ皇妃自殺の話は全く噂に上がらなくなります。

ルイ皇子はリザ皇妃の自殺により皇位継承権を失い、代わりにイアンが継承権を引き継ぐこととなります。

そして、リザ皇妃が不正を働いたという証拠が地下金庫で見つかり、様々な国際問題が解決します。

それにより、人質となっていたカオン国の姫が国へ帰ることになります。

見送りにはアイリスの顔もあり、カオン国の姫はアイリスにありがとうと笑顔を向けています。

カオン国の姫ショウキがローヘンハイムとの友好関係を築くのに尽力するのはそう遠くない未来の話です。

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢〜」118話ネタバレはこちら

「アイリス〜スマホを持った貴族令嬢」117話感想

長かったリザ皇妃との対決もここで決着しました。

せっかく愛し合った2人の結婚なので、結婚式の場面があっても良かったような気がするのですが、なかったのはちょっと残念です。

こんな状況でも幸せいっぱいのアイリスとイアンが見たかったです。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍