漫画ネタバレ

赤髪の白雪姫124話ネタバレ!温室の場所とリュウの機転!

令和3年6月24日発売の月刊LaLa8月号掲載の「赤髪の白雪姫」についてネタバレをまとめました。

赤髪の白雪姫を無料で読める方法はこんなにあります!

赤髪の白雪姫 無料 読む 方法
赤髪の白雪姫を無料で読める方法はこんなにあります!月刊LaLaで連載中の「赤髪の白雪姫」を無料で読む方法をまとめました。 2021年6月4日、最新刊の24巻が発売となりました! ...

まんがParkで無料配信中!

まずはお試しで読みたい方は無料アプリ「まんがPark」がおすすめです!

白泉社の人気マンガが多数掲載され、PCブラウザでも読むことができます。

ダウンロードは無料ですので、ぜひお試しで読んでみてはいかがでしょうか。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める
マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める
開発元:HAKUSENSHA.INC
無料
posted withアプリーチ

【前回のあらすじ】

カゲヤを家の中へ入れると、いつものように薬を調合して書き記せと言いながらリュウを殴りつけます。

誰も知らない温室でしか作れないと言い、隠していたカギのありかを教えます。

そのあとに踏み込んだ白雪たちは何かあったのだと悟ります。

誰かが入ってくる気配を感じたエイセツさまは白雪と一芝居して、倒されたふりをしていたオビが侵入者を倒します。

何がなんだかわからないと混乱しているエイセツさまでしたが、白雪はリュウの本を見て温室がある…と呟くのでした。

赤髪の白雪姫123話ネタバレはこちら

赤髪の白雪姫124話ネタバレ!温室の場所とリュウの機転!

ある貴族がリエラとヨヅミを別々に捕らえ、ルギリアの家来は捕らえたけど伯爵の行方は分からないと報告を受けます。

リエラとヨヅミが消えれば伯爵は何も証せないから計画の通りに処分するように伝えろと命じます。

面倒ごとには関わらない素振りをしていたくせにとルギリアのことを愚痴っていると外から物音が聞こえます。

するとツルバが入ってきましたが、トウカ・ベルカットかと勘違いします。

ツルバが何度も会っているのに見分けがつかないんですねと呆れ、兄の作った基盤も扱いきれないんですと言いました。

何故と呟く貴族に、昨夜から報告に戻らない部下は自分が預かっていると言い、あの香水を利用している人と金について話すように伝えます。

トウカ様が作ったというならツルバは知っているだろうという貴族に、ツルバは兄のものに手を出した人間をどう処分すればいいのかは知っていると答えます。

貴殿も知っているのではないかと凄むツルバに、怯えながらトウカとこの秘密を共有していると言い出します。

もう一人の共有者がトウカ様が戻られた時の為に盤石にしておく必要があると言うから協力していただけだと言い訳します。

儲け話に乗ったんだとツルバがいうと、無礼ではないかと言い返します。

リエラ夫人と騎士ヨヅミは中和薬の提供者と香水の中毒者かと尋ねます。

リエラ夫人はトウカ様に従っていて、我々に協力させるためヨヅミが必要だったと語ります。

人質ということは血縁か…とツルバが考えていると、下からあなた!と声が聞こえました。

部屋の外に出た貴族は皆倒れているのを見て、誰かいないのかと叫びます。

タリガがツルバに向かって屋敷は押さえたと叫び、妻と妻の血縁者が共謀していそうだと答えます。

もう一人の共有者、そちらが香水を作りあなた方夫妻は同輩の家に少しずつ渡して高額の金を得ていたのか…とツルバが言いました。

すると土下座して今後は貴殿らに従うと誓うから命は助けてくれと言いました。

タリガが下から応援を呼んでくると言い、ツルバは貴族にここにどなたの命令で来たと思っているんです?と言いました。

白雪はオビとエイセツに本を見せてリュウがここに居たと伝えます。

血の跡を見て、宿の合図だとオビも理解し白雪は温室を探そうと伝えます。

北では冬から温室で世話をする花びらが挟まっていて、散った花弁も葉も散乱している中でこの花を選んだと白雪は考えました。

四人が行方知れずだから誰も戻らなければ騎士団に報せるように家の者には話してあるとエイセツは言いました。

近辺を捜索しようと言い、民家に温室があるとは聞かない、中和薬の温室なら人目につかない場所だとオビも予想します。

カゲヤどのがものを隠すときの傾向や特定の方角にこだわりがあったとかも知らないのかとオビが焦ったように尋ねます。

息子がいることも話さないような人のことを知るわけないとエイセツさまがいい、白雪が思いつきました。

上から見たら日が差す場所にあると言い、オビが木に登って確認します。

キラリと光る場所を見つけ、当たりだと言って降りてきました。

温室へ入り、男たちはリュウにかぶせてあった紙袋を外して、薬に詳しいだろうとネームプレートを見せて尋ねます。

この女が薬にならんものを入れないか見て、妙だと思ったら言え、ここから無事に出たいならと付け加えます。

リエラ夫人に、始めろと命じて使うものはすべて書き出せいい、リュウにもわかるものはかいていけと紙を渡しました。

手慣れた手つきで薬を作りあげ、男が尋ねると必要なものだと答えます。

するとリュウに毒ではないなら飲めと命じ、リュウは戸惑いながら飲み干しました。

男が何故気にしたと尋ねると、リュウは香水の話をしていたのに、これは鎮痛薬のはずだからと答えます。

その子が殴られて辛そうだからあとであげようと…と言った夫人の頬を殴り、余計なことはするなと言い放ちます。

出来たわ、という夫人の声と、この薬でヨヅミさんは治療できる、無事なはずと願いながらリュウは薬を飲み干しました。

最後にそれらしい仕事が出来て良かったなと言い、始末しろと命じます。

戸惑う部下に、どうとでも出来ると言い剣を振り上げた瞬間、待ちなさい!と夫人は叫びました。

書きつけた紙を炎の近くに置き、燃やしたければ燃やせばいいと男も言い返します。

リュウに向かって、ごめんなさい巻き込んでしまってと夫人は悲しそうに微笑みます。

すると剣を振り上げていた男性が剣を落とすと、貴様何か…と言った瞬間男性の背筋にも寒気がして足から崩れ落ちます。

燃え盛る炎に、書いた紙が加わってさらに燃え上がりました…

赤髪の白雪姫を全巻無料で読む方法の調査結果はこちら↓

https://honya-go.com/akagami-free/

まずはお試しで読みたい方は無料アプリ「まんがPark」がおすすめです!

白泉社の人気マンガが多数掲載され、PCブラウザでも読むことができます。

ダウンロードは無料ですので、ぜひお試しで読んでみてはいかがでしょうか。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める
マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める
開発元:HAKUSENSHA.INC
無料
posted withアプリーチ

赤髪の白雪姫124話温室の場所とリュウの機転!の感想

やっぱりリュウは白雪にしかわからないメッセージを残していたんですね。
それに気づく白雪もすごいですね!
あと、リエラ夫人は何か仕込んでいたんでしょうね…男たちの様子が明らかにおかしくなってしまいました…
次回は一体どんな展開になるのでしょうか!?
次回の赤髪の白雪姫が掲載される月刊LaLa10月号は8月24日発売予定です!
赤髪の白雪姫125話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍