漫画ネタバレ

悪役令嬢と鬼畜騎士2話ネタバレ!少年は少女の為に騎士を目指す…

コミックシーモアで配信中の「悪役令嬢と鬼畜騎士」2話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

高級娼館で働くことになってしまったツェツィ。

そこに鬼畜と名高いルカスから一晩買った、と言われてしまいます。

言動一つ一つが、何を考えているのかわからず怖いルカスにツェツィは…!?

悪役令嬢と鬼畜騎士1話のネタバレはこちら

悪役令嬢と鬼畜騎士2話ネタバレ

夜が明け、ルカスの隣ですやすやと眠るツェツィ。

ようやく手に入れた…愛しい人、長かった、ずっと耐えた…そんな風に思いながらルカスはツェツィを見つめます。

凛と立つ姿も、穏やかで明るい微笑みも、自分のものだと叫び出しそうになるのを必死で耐えて来ました。

ツェツィに視線を向けてもらえ、ツェツィの隣に立てる第二王子に…殺意を向けそうになるのを必死で耐えていたのです。

何を隠そう、ルカスにとって第二王子は護衛対象だったから。

ルカスは、自分がおかしいという事を、物心ついた時には気づいていました。

喜怒哀楽はあっても情動が起きず、身体的表現として笑えるし泣けるけれど感情的にそれらを行えずに居ました。

それでも家族や使用人は皆愛情を注いでくれ、それもまたルカスを申し訳ない思いにさせていました。

公爵家子息として必要な技術を、出来る精一杯で身に着ける事が当時のルカスにとっての贖罪。

初めて木剣を握ったのは五歳の頃、左腰に鞘を下げると右に傾いていたバランスの悪い体がまっすぐに立つ。

そんな不思議な感覚を味わったことを今でも覚えています。

勉強だって飲み込みは早い方でしたが、武芸は天井知らずだったルカスに十歳のころ転機が訪れます。

父親が陛下に頼み当時の近衛騎士団の副団長かつ剣聖と名高い、アンドレアス・ヴェーバーに師事を受けます。

十歳児の身体には近衛騎士の訓練は地獄でしたが、十三歳になる頃には訓練に慣れて行きました。

そこでルカスは、ツェツィをアンドレアスから紹介されます。

ツェツィーリア様、彼はルキといいまして訳あって私が預かり騎士をしている者です、と紹介されるルカス。

ルキ、こちらはツェツィーリア・クライン侯爵令嬢だ、と言うアンドレアス。

第二王子であるフェリクスの婚約者として騎士団まで顔を見せに来てくれたと話します。

あっ、あの…手は大丈夫ですか?と涙目で、先程練習で怪我したルカスの手を心配するツェツィ。

手…?ああ、まあ…とルカスが答えるとしゃんとしろ!と思い切り頭に拳骨を食らいます。

余りに痛そうな拳骨にまた涙を浮かべて心配するツェツィ。

彼は十歳のころから騎士団で揉まれてますからこんなのは怪我の内にも入りませんよと笑うアンドレアス。

今はこんなだが、ゆくゆくは自分を声て国で随一の騎士になる男だとアンドレアスは言います。

遠からぬ未来にクライン嬢を警護することもあるかもしれませんね、とアンドレアスが言うと、喜ぶツェツィ。

まぁ!とても努力家なのですね…王子妃なんか私に務まるか不安だったのですが…と目を輝かせます。

そうよね、まずは努力してみないと、何事も判りませんわよね!と話すツェツィ。

私も貴女に守っていただけるような立派な王子妃を目指しますわ、と張り切って見せます。

近い将来お会いできるのを楽しみにしております、ルキ様!といってツェツィは微笑みます。

その後、ルカスはツェツィと何を話し、どうやって別れたかも覚えていません。

まさか感情に欠陥を抱えている自分が一目ぼれなど信じられない、けれどその約束がルカスの将来を決めたのです。

ツェツィに会いたい、少しでも側に、ツェツィを守るのが自分の役割でありたいと願って研鑽をつみました。

ある日、アンドレアスに練習で投げ飛ばされたルカス。

今まで吹っ飛ばされてもケロっとしてたのに、クライン嬢の前で吹っ飛ばされたのがそんなに悔しかったかと言われます。

思わずぴくっとしてしまい、図星かよとアンドレアスに突っ込まれるルカス。

けれどアンドレアスは、駄目だぞとルカスを諫めます。

何故ならツェツィは王子妃候補、いくらルカスが公爵子息でも王位継承権保持者でも手を伸ばしてはいけない相手。

叶えてはいけない夢は見るな、お前も彼女も傷つくだけだ、と言ってアンドレアスは去って行きます。

そんなことを言われなくても判っている、けれどそれがなんだというのか。

ツェツィは自分の物、第二王子にも渡さない、自分がただの王位継承者である事がダメだと言うなら王子と呼ばれればいい。

そうしたらツェツィは自分のものだと、ルカスは考えたのでした。

それから数か月後、幼なじみでマイアー伯爵家のミアが誘拐されそうになります。

流石に子供を抱えて大人から逃げ切れると思わない、助けが来るまで時間稼ぎをしようと考えるルカス。

けれど、誘拐犯たちが言い争う姿を目撃します。

コイツ光の加減で見間違えやがったな!と言われ、悪かったと謝る誘拐犯。

依頼されてんのは飴色の髪だろ!と言う声を聴いて、ルカスはツェツィを思い浮かべます。

その瞬間、ルカスは誘拐犯に襲い掛かり、その子を離せ、と木刀片手に警告を掛けていました。

ち、近づくな!俺たちが依頼されてるのは飴色の髪の少女だ!この子は無傷で帰してやる、と言う誘拐犯。

…ミアを無傷で帰せば俺が逃がすと思っているのか?とんだ勘違いだ、笑わせる。

俺が飴色の髪の少女であるツェツィを狙う誘拐犯を逃すはずはないのに。

けれど実際問題、男をしとめるには人質にされたミアが邪魔だと考えるルカス。

一旦従って、タイミングを見計らい間合いを詰めようと考えます。

良い機会だからと身体強化術を試すルカスは、魔法の光でミアの髪色がツェツィのものと重なって見えてしまいます。

一瞬人質になったツェツィが見えたルカスは、助けが来た時には誘拐犯を倒してしまって居ました。

その後、事情聴取はされたものの、そこそこ有名な犯罪者だった為、罪に問われずに済みました。

けれど迎えに来たアンドレアスからは、やりすぎだと厳しく怒られてしまい、一週間過酷な稽古を付けられます。

今後はもう少し冷静に…ばれない様に半殺ろう…!

そんなことを幼いルカスは決意するのでした。

悪役令嬢と鬼畜騎士2話感想

子供のころからの片思いなんですね~。

大人になったツェツイが思い出してくれるといいですよね!

次回の展開に期待です。

悪役令嬢と鬼畜騎士3話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍