漫画ネタバレ

悪役令嬢と鬼畜騎士3話ネタバレ!婚約破棄の舞台裏を仕組むルカス

コミックシーモアで配信中の「悪役令嬢と鬼畜騎士」3話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

漸く結ばれたツェツィに思いを馳せるルカス。

実は幼い頃に二人は出会っていて、ルカスにとってツェツィは一目ぼれの相手でした。

陰ながら、ツェツィに及ぶ危険を未然に潰していくルカスは…?

悪役令嬢と鬼畜騎士2話のネタバレはこちら

悪役令嬢と鬼畜騎士3話ネタバレ

王子妃候補に手を出す馬鹿なんて中々いないけれど、中々いないだけで稀には居ます。

もう二度と社交界に顔を出しません、許してください命だけは…!と謝る一人の男。

その声を聞きながらルカスは、今回はばれない様に気を使ったと考えています。

抵抗されない様に縛り上げ、視界を遮りルカスだと判らないようにしてから説得を試みた。

それなりの爵位と整った容姿を持ち、女は全員自分になびくと思っている男は大抵間違いを犯すと考えるルカス。

この男でも例外ではなく、ツェツィに近づき嫌がるツェツィに何度も声を掛けていました。

できるならこの場で今すぐにでもこの男を消したいと思ってしまうルカス。

けれど自分の出席した夜会で許可なく男に触られ掛けた挙句死者が出たと知るとツェツィが心を痛めるかもしれない。

ルカスは、判ればいいとだけ言ってその場に男を放置します。

なんで俺がこんな目に…たかが王子妃候補じゃないかと泣き崩れる男。

ツェツィーリアが、俺の、ツェツィーリアがたかが王子妃候補…?

そう思った時、ルカスの狂気は止められない物に変わっていました。

後日、アンドレアスはこの間の王家主催の夜会で某侯爵家子息が襲撃された件だが…とルカスに切り出します。

葉巻で舌を焼かれ手足を粉砕骨折された状態で発見されたが、実は男に対して他所から被害届が出て居た事。

それが結構な人数の未婚の娘に手を出した挙句妊娠してしまった子に、ゴロツキを雇って脅迫し中絶を迫って居た事。

それらを聞くとルカスは、そうですかとだけ返します。

なんで俺がオメ―にこんな話をしたと思う?と顔に青筋を浮かべるアンドレアス。

ルカスはわかりません、と表情を崩さずに答えますがアンドレアスに殴られてしまいます。

誘拐事件に引き続き、師を欺くのは難しいな…と実感するルカス。

けれど、それからもルカスはツェツィの周囲に気を配り、結果としてツェツィに手を出す男は居なくなりました。

最近の彼女をどう思う?と言われ、彼女?どの彼女でしょうかと返すルカス。

ツェツィーリアだよ、美しさに磨きがかかって来たと思わないか?と第二王子は言います。

そう、今ではルカス以外に第二王子だけが、ツェツィを気に入っていました。

毎日美しい女性に囲まれる俺を取られると焦って研鑽を詰んだんだろうと言う第二王子・フェリクス。

毎日彼女が血のにじむ努力をしているのかも知らずにその薄汚い口で彼女の名を呼ぶなとルカスは思います。

性格が合わないのか、今まで会話らしい会話をしている様子はないけれど色事が大好きな第二王子。

ツェツィの女性らしい体つきは欲望を掻きたてるのだろう、とルカスは考えます。

おまけに万が一、ツェツィにキズが付いてしまえば自分が王子になったとしても本末転倒。

ルカスにとっては危険人物以外の何物でもありませんでした。

フェリクス様!こんなところでお会いできるなんて光栄ですわ!とフェリクスに駆け寄るミア。

フェリクスも嬉しそうにミアを受け入れ、二人は恋人同士のような空気を醸し出し始めます。

なぜ伯爵令嬢のミアが…相手は仮にも侯爵家の婚約者がいる第二王子だぞ…と頭を抱えるルカス。

大方取り巻きが手を回したんだろうが…とルカスは考えます。

ミアはこれまで、夜会に赴くたびに数多の子息を虜にしていました。

宰相家のトーマス・ミュラーに始まり騎士団長の息子マクシミリアン・ヴァーグナー。

教会でも有力な枢機卿の息子ミヒャエル・ハーゼは中でも有権者で、金と権力を思う存分ミアに使って居ました。

諸刃の剣ではあるがこれは好機かもしれないと考えるルカスの予想通り、ミアの行いは伯爵家の体裁も傷つけます。

ついに侯爵位以上から茶会や夜会の招待状が届かなくなり、ミアの兄アドルフからルカスは泣き付かれます。

社交が出来なくなったら家がつぶれてしまうし、ミアは全然いう事を聞かない、アドルフは追い詰められていました。

正直伯爵家などどうでもいいと考えてはいるものの、他ならぬ友人からの頼みにルカスは了承します。

ルカスはミアに、フェリクスは婚約者が既に居るから会うのを控えろと告げます。

婚約者よりも地位が低く、かつ未婚の女性が近づく意味は分かるだろう、と言うと笑いだすミア。

それって嫉妬かしら?と言われ、ルカスは明後日の方向の勘違いに、は?と表情を歪めます。

ルカス様の事は好きだけれど兄としての感情なの、私はフェリクス様を愛してる…と言い出すミア。

邪魔しないで温かく見守って、彼もツェツィーリア様より私の方が可愛いって言ってくれたわ、と言い出します。

けれどルカスの頭には全く入って来ず、俺がこいつを…?と思うと、意味が解らなさ過ぎて鳥肌まで立つ始末。

その日から、いたるところでマイアー家の伯爵令嬢と三人の取り巻きに加え、第二王子も目撃されるようになりました。

フェリクスの浮気とミアの未婚の令嬢としてあり得ぬ振る舞いに社交場では二人の噂話で持ちきりです。

このままでは俺の家はどうなってしまうんだろう…とルカスに愚痴るアドルフ。

ルカスとしてはミアがフェリクスとくっついてくれた方が都合がいいものの、アドルフや伯爵家にとっては酷い展開になる。

公爵家としてミアを切り捨てる代わりにマイアー伯爵家に咎めが無いように裏で手を回す。

そういう計画に、アドルフを巻き込もうとルカスは決めます。

アドルフとマイアー伯爵も、涙をのんでミアを切り捨てる事を選びます。

残すは王家だと王太子の下を尋ねるルカス。

仕事でもないのにわざわざお前から来るって事は弟の件だろ?とフェリクスの兄であり王太子のレオンは言います。

既に処分は検討されている、とレオンは語り始めます。

侯爵家に婚約を持ちかけたのは王家側、こちらの不手際で多大な影響力を持つクライン侯爵家の面子を潰すわけにいかない。

突然白紙になればツェツィも複雑だろうが、万が一フェリクスが心を入れ替えても覆らない決定事項と話すレオン。

ツェツィとフェリクスの婚約は無かった事になる。

けれど王子妃候補としての地位はそのままだと言われ、それならいいとルカスは微笑みます。

その様子を見て、お前には恐れ入るよ、と言うレオン。

継承権を持って居ようと正式な王族ではない人間が王子になろうなどと、叛意を疑われてもおかしくないぞ、と語ります。

もう少し待てばヴェーパー元帥の持つエッケザックスと共に英雄紋も継承されるだろう?と言うレオン。

エッケザックスが使える人間はただ一人、そんな人間の望みを王国は無下に出来ないのだから下賜や褒美で願えと言います。

下賜と言う言葉に反応してレオンの胸ぐらをつかむルカス。

今のは手段の一つを提示しただけだと言うレオンに、お前が彼女を下賜などと言うからだろうと静かにルカスは怒ります。

フェリクスは卒業パーティーで婚約破棄を宣言するだろうから、注意すべきは宰相家のトーマス・ミュラー。

頭は悪くないから婚約破棄後のツェツィに何をするか…そう考え、ルカスはミアを彼に泣き付かせることを決めます。

結果としてミアはツェツィを娼館送りとしてしまいました。

その発案自体はルカスも想像がついていなかったものの、おかげで漸くツェツィを手に入れたのです。

扉をノックされ、失礼しますと一人の使用人が入って来ます。

フィンか…ハンナたちは?と言いながら服を着るルカス。

先程娼館前に到着したようです、ここの主との話は済んでいますので玄関口で待機しているのではないかとと言うフィン。

散らかった衣類をてきぱきと片づけていく中で、壁にドレスがぶら下がっているのを目撃します。

あ、悪いとルカスが言うと壁の小刀を抜いて思い切りルカスに投げるフィン。

なんでこの間届いた最上級の耐久性を誇る短刀の刃を潰せるのか、ドレスを壁に縫い止める為に買ったんじゃないと怒ります。

本当に悪かった、とルカスが言うと、それで?予定通りですか?と聞くフィン。

ああ、と返され、では私も下でお待ちしておりますが…と続けます。

くれぐれも粗相をなさらぬようお早めにおいでください、ルカス様、とフィンは圧を掛けて去って行きます。

ツェツィに服を着せ抱きかかえるルカス。

うぅん、とツェツィが言い、ルカスが思わず心配すると、ツェツィはその腕の中でふっと微笑むのでした。

悪役令嬢と鬼畜騎士3話感想

過去編…終わったんですかね?

第二王子がなかなかどうしようもない男でしたね(笑)

次回はどうなるんでしょうか!

悪役令嬢と鬼畜騎士4話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍