漫画ネタバレ

悪女の定義113話ネタバレ!噂への対抗策

ピッコマに連載中の「悪女の定義」113話についてネタバレをまとめました。

最新巻を半額で読む方法は?

booklive!では今なら無料登録で半額クーポンプレゼント!

まだもらってないあなたは今すぐ登録して最新巻を半額で読んじゃいましょう↓

1冊まるごと無料で読めるマンガは1万8000冊以上

\初回登録50%OFFクーポンプレゼント/

BookLive!のメリット・デメリットと評判や登録・解約方法まとめ

「悪女の定義」113話 ネタバレ

シャルティアナがアイリーンの看病をすると言い出したことで宮はまた大騒ぎに!

アイリーンの侍女達はこれに猛反対をします。

アイリーンに毒を盛ったと噂されるシャルティアナにアイリーンの看病などさせられない、と侍女長に訴えます。

でもこれは既に皇太子から許可が下りている事。

侍女長もあまりにも早く皇太子からの許可が下りたことを訝しんでいる様子ですが、もう既に決められたこととして侍女達をなだめるしかありません。

致し方ないのでアイリーンの侍女達はシャルティアナを徹底的に監視することにします。

一方のシャルティアナの侍女達も同じ様な反応を示します。

噂への対策の為だとしても、シャルティアナ本人ではなく侍女達の誰かを看病に行かせるだけで十分だと申し出ます。

中でも、シャルティアナの次女の1人・エディスは侍女長の反応が不安でした。

エディスの不安は的中し、シャルティアナの侍女長でもあるばあやは猛反対をします。

しかし、シャルティアナにとっては自らが看病をする姿を見せることが大事なのです。

シャルティアナは噂に対抗する為に1日でも早く動こうと、すぐにアイリーンの看病へ向かいます。

実際予想よりも大変な仕事はなく、ほとんどアイリーンの侍女達がやってくれます。

シャルティアナには看病それ自体よりもアイリーンの侍女達からの突き刺さる様な監視の視線に耐えることの方が大変です。

時間が経つにつれてシャルティアナは、この作戦が予想以上に効果があることを思い知るのです。

シャルティアナの前世は自分の身の周りの事や周りの人たちの手助けも当然の現代でした。

なので、前世を現代で過ごして転生してきたシャルティアナは誰かのお世話をすることがこんなにも価値のない仕事として捉えられていることを知らなかったのです。

貴族達が身の回りのことでさえ召使いに任せる様なこの場所で、高位貴族の令嬢であり皇后候補でもあるシャルティアナが他人の看病をすることはあまりにも衝撃的な行為だったのです。

おまけに、シャルティアナが看病する人物は競争相手のアイリーンです。

このショッキングな事実はシャルティアナのアイリーン毒殺陰謀説を鎮めるどころか、シャルティアナを慈悲の化身として扱う噂となってあっという間に広がっていきます。

シャルティアナがアイリーンの看病を初めて3日目、

シャルティアナの側に付いていたアイリーンの侍女長が警護隊の者に伝達事項があると呼ばれて席を外します。

初めはシャルティアナを監視していた彼女達も、何も収穫がないのを見てシャルティアナへの疑いが薄れてきた様です。

1人アイリーンの側に残されたシャルティアナ。

少し暇を持て余していたその時、アイリーンが目を覚まします!

主治医を呼びに行こうとするシャルティアナ。その時。。。

うんざりだ、また自分の邪魔をしに来たのか、自分がこうなったのも全部シャルティアナのせいだ、とシャルティアナを罵るアイリーン。

それを聞いて、

勘違いをしないで欲しい、アイリーンがこうなってしまったのは全て己の選択ミスであり、人のせいにするべきではない、

とシャルティアナも応戦します。

それに対してアイリーンは、

どん底から這い上がるために自分がどんな選択をするべきだったというのか、何もかも恵まれた公爵家に生まれてチヤホヤ育てられてきたシャルティアナに自分のことなど分かる訳がない、

と語気を荒げて口撃してきます。

そんなアイリーンの姿を見てシャルティアナはあくまでも冷静に応対します。

勝手なことを言わないでほしい、アイリーンも自分がどんな風に生きてきたのか知るわけがない、と。

アイリーンに他の選択肢がなかったわけではなく、アイリーン自身がそう考えたいだけだろう、と。

他人のご機嫌を取って、それを時には巧みに利用し、偽りの関係を築いてきたのは全てアイリーン自らが選んできたことだ、と。

その関係を踏み台にして他人の上に立つことさえ出来れば皇后にならなくてもよかったのだろう、と。

だからアイリーンは自分に勝てないのだ、と。

シャルティアナはアイリーンに畳み掛けます

それを聞いたアイリーンは、黙れ!と取り乱し、

そんな風に上から見下し、その台詞をいうのは自分だったはずだ、と発狂します。

そんなアイリーンに対してシャルティアナはあくまでも冷静に、アイリーン・ルフォン・ステナは絶対に自分にはなれない、と言い放つのですー。

有料の最新巻を完全無料で読む意外な方法は?

もうU-NEXTにはお試し登録してしまった・・・そんなあなたに朗報です! 意外と知られていない次のサービスで大量ポイントを完全無料でゲットできます!
クランクインコミック 初回無料登録で3000円分のポイント付与
comic.jp 30日間お試し無料登録で1350円分のポイント付与
ひかりTVブック 990円コース(初月無料)登録で1170円分のポイント付与
クラインクインコミックのメリットからデメリットまで詳しいサービス紹介はこちら comic.jpのメリットからデメリットまで詳しいサービス紹介はこちら
まだ試してないのは絶対に損です! 完全無料でお試しできますので読みたい漫画を無料で読みましょう!

「悪女の定義」113話 感想

アイリーンとは恋仲ではないということがわかり、ようやく皇太子からの愛の告白を受けて、

さぁ、キュンキュンする展開に!と思ったところでまたアイリーンの邪魔。。。

でも、やっぱりシャルティアナはクールでスマート!

これからどんな風にアイリーンを圧倒してくれるのか、楽しみです!

「悪女の定義」114話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍