漫画ネタバレ

悪女の定義115話ネタバレ!シャルティアナ造船事業のドリームチーム

「悪女の定義」115話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

シャルティアナが毒で寝込んでいるアイリーンを看病していると、朦朧とした意識のアイリーンは、シャルティアナを激しく口撃してきます。

その後、シャルティアナと皇太子がアイリーン服毒事件の話をしている席で、話はシャルティアナが推進する造船事業へと移ります。

造船事業に誘うつもりのアルベルと通信を繋いだ際に、シャルティアナはあることを思い付くのですー。

「悪女の定義」114話のネタバレはこちら

最新巻を半額で読む方法は?

booklive!では今なら無料登録で半額クーポンプレゼント!

まだもらってないあなたは今すぐ登録して最新巻を半額で読んじゃいましょう↓

1冊まるごと無料で読めるマンガは1万8000冊以上

\初回登録50%OFFクーポンプレゼント/

BookLive!のメリット・デメリットと評判や登録・解約方法まとめ

「悪女の定義」115話ネタバレ

シャルティアナはアルベルに、もしかして魔法で体内の毒について調べることは可能か、と聞いてみます。

シャルティアナはアルベルに、どのような毒で、どんな経緯で中毒になってしまったのかが解らないためにアイリーンの治療が難航しているのだ、と説明します。

シャルティアナがアルベルに伝えたことは嘘ではなく、実際に宮の医師達はその問題に頭を悩ませているのでした。

アイリーンの具合がなかなかよくならないのが心配だ、と言うシャルティアナに対して

アルベルは、それならば、と言ってあることを提案してきます。

以前、西部地域の住民達が旱魃の為に衰弱してしまっていた時期、医療の人員と物資が足りないのをなんとか助けられないか、と思い、

大雑把な形で健康診断用の魔法具を作ったそうなのです。

かなり役に立つものが完成したそうで、アルベルは、それに少し手を加えれば良いのではないか、と言います。

ただ、医学知識がほとんどない自分が関わっても良いかどうか、とアルベルは懸念しています。

それに対してシャルティアナは、その問題は自分がなんとかするし、重要なのは結果なのだから問題はないはずだ、とアルベルに説明します。

シャルティアナは、冗談だと言いつつも、いつどのように中毒を起こしたのかも解るようにしてくれたら助かる、と付け加えます。

シャルティアナのその言葉に、アルベルが疑念の籠った反応を示しますが、シャルティアナは、

情報が多いほどアイリーンの治療に役立つのではないかと思って、と誤魔化します。

そんなシャルティアナにアルベルは、

本当に美しい心の持ち主だ、できるだけ詳しく調べることができるように作ってみる、

と言って素直に感動してくれるのでした。

アルベルは純粋で正直なタイプなので、作戦のことは一先ずアルベルには隠しておくことにするシャルティアナ。

シャルティアナは、そういう所がアルベルの魅力であるとわかってはいるけれども、今は状況が状況だから仕方がない、と言い聞かせます。

そうしてアルベルとの通信を終わらせ、シャルティアナは次のターゲットに通信を繋ぎます。

マスターシャルメロは、急なシャルティアナからの連絡にも、大歓迎だと言ってくれました。

早速本題に入り、シャルティアナは、

自分が新たな船を作る事業を推進することになったので、マスターシャルメロの助けを借りたい、と伝えます。

マスターシャルメロは、詳しい説明もなしに、喜んで、と快諾してくれます。

拍子抜けのシャルティアナ。

そんなシャルティアナの反応にもマスターシャルメロは、

どんな内容であれお受けしましょう、と返します。

シャルティアナが、鋼鉄で船を作る試みなのだ、と続けると、

とても興味深いのでぜひ参加したい、とあくまでも好意的なマスターシャルメロ。

予想外すぎる展開にシャルティアナは、前回手伝ってもらった上に今回もまたお願いをすることになる、と少し遠慮がちになりますが、

マスターシャルメロは、細かいことは気にしない、と言って、

いつ訪問すれば良いのか、と話を進めます。

その発言にもシャルティアナは、通信で諮問をしてもらえるだけで十分だ、と恐縮してしまいますが、

マスターシャルメロは、どうせなら徹底的にやろう、と言ってくれます。

マスターシャルメロが合流してくれるのは、シャルティアナにとっては思ってもいない収穫でした。

続いてシャルティアナはシャリアン卿にも通信を繋げ、シャリアン卿は、二つ返事で快諾してくれます。

こうしてアルベル、シャリアン、マスターシャルメロ、というドリームチームが誕生したのです。

優秀な人材達を率いることになったシャルティアナは緊張しつつも、頑張ろう、と気持ちを落ち着けるのでした。

その後の数日は普段通りの毎日です。

アイリーンは快方に向かいつつも、病床から起き上がることは出来ない状態が続き、

シャルティアナは変わらずに見守ります。

その数日後、海務省に鉄船開発業務が行われる部屋が用意されました。

つまりはシャルティアナの執務室ということで、シャルティアナは内心楽しみにしてい他のです。

本棚にいっぱいの書籍と質の良い机と会議空間。

シャルティアナはそこにいるだけで背筋が伸びるような気がします。

ここで自分も会議を、と思っている所に、皇太子がやってきました。

ここで初めての会議を執り行うと聞いてやってきた、という皇太子。

シャルティアナは皇太子が参観するという話は聞いていません。

おまけにこの時間は皇太子も執務時間のはずです。

皇太子は、どちらにしてもシャルティアナのことが気になって仕事が手に付かない、と言います。

皇太子は、マスターシャルメロが積極的に他人に協力するなんて何かを企んでいるはずだ、と言って、マスターシャルメロがシャルティアナに近づくことが心配の様子。

そこへ、随分早く到着したマスターシャルメロが執務室に入ってきます。

あまりにも楽しみで早く着いてしまったと言うマスターシャルメロ。

シャルティアナに直接合うのは初めてのマスターシャルメロは、実物はさらに美しい、とリップサービスも欠かしません。

シャルティアナが、自分の外見に興味があるなんて知らなかった、とかわそうとすると、

マスターシャルメロは、シャルティアナの手を取って、シャルティアナ自体に非常に興味がある、と言い、

シャルティアナの手の甲にキスをしようとします。

それを見た皇太子は、何のつもりだ、と言ってマスターシャルメロの手を払い除けます。

するとマスターシャルメロは、ただの挨拶だ、と言って、

皇太子に会えたことも光栄に思っている、と、なんと皇太子の手の甲にキスをしました。

この雰囲気をどうしようかとシャルティアナが困っている所に、幸いにもアルベルとシャリアン卿がやってきます。

そのアルベルの手にはカバンが携えられていました。

約束通り、アルベルは、状況を変えるカギになるかもしれない物を持ってきてくれたのですー!

有料の最新巻を完全無料で読む意外な方法は?

もうU-NEXTにはお試し登録してしまった・・・そんなあなたに朗報です! 意外と知られていない次のサービスで大量ポイントを完全無料でゲットできます!
クランクインコミック 初回無料登録で3000円分のポイント付与
comic.jp 30日間お試し無料登録で1350円分のポイント付与
ひかりTVブック 990円コース(初月無料)登録で1170円分のポイント付与
クラインクインコミックのメリットからデメリットまで詳しいサービス紹介はこちら comic.jpのメリットからデメリットまで詳しいサービス紹介はこちら
まだ試してないのは絶対に損です! 完全無料でお試しできますので読みたい漫画を無料で読みましょう!

「悪女の定義」115話感想

アイリーンの服毒事件はまだ解決出来ていませんが、今回は別のスマートなシャルティアナの側面が見られました。

ここからシャルティアナがどうやってさアイリーンの悪事を暴いていくのか楽しみです!

「悪女の定義」116話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍