漫画ネタバレ

悪女の定義122話ネタバレ!カイラードの気持ち

「悪女の定義」122話についてネタバレをまとめました。

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\月額ポイント全額返還あり/
半額クーポンもらえる

コミックシーモアで漫画を読む

悪女の定義の最新話を無料で読む方法は?

悪女の定義の最新話はアプリ「ピッコマ」で読むことが出来ます!

待てば無料機能を使って、悪女の定義の最新話をぜひ読んでみて下さい!

悪女の定義の最新話を読む

[前回のあらすじ]

ついにアイリーンが宮から追放されました。

それによってシャルティアナは、唯一の皇后候補となったのです。

宮内の人々のシャルティアナに対する態度は変わりましたが、やはり皇后は一筋縄ではいかないようです。

偶然に出会ってしまった皇后とシャルティアナが対峙しているところにカイラードが通りかかり、

一先ずその場は落ち着きました。

皇后がその場を去った後、シャルティアナは、シャルティアナを気遣って助けてくれたカイラードと散歩をすることになったのですー。

「悪女の定義」121話のネタバレはこちら

「悪女の定義」122話ネタバレ

冬の終わり間近の庭園では、早くも新芽が顔をのぞかせているようです。

本当にいろんなことがあったようだ、と言うカイラード。

それ以上は言わずとも、カイラードがシャルティアナの身に起こったよくない出来事を全て知っているということも、心から心配してくれていることもわかっています。

カイラードは、

そんな話を聞くたびに胸が痛む、

シャルティアナが宮の外で生活をしていたらもっと幸せだったのではないか、

この場所は見かけは華やかでも辛い出来事で溢れている、

と言います。

アイリーンを追い払うことはできても、皇后はそうはいかない以上、シャルティアナは常にそのことに悩まされることになるのです。

しかしシャルティアナは、

自分も初めは挫けそうになってしまった、

もう後戻りができないならば、家族のためにでも皇后になろうと思った、

そいしているうちに人助けをする機会に恵まれ、自分が誰かの力になれることがとても嬉しかった、

その時から帝国民のために良い皇后になろうと思った、

今は自分のために皇后になりたいと思っている、

自分は欲張りで望むことも多く、

それを叶えるためには権力が必要なのだ、

と言いまいた。

シャルティアナには欲などないのかと思っていた、と言うカイラード。

笑っているシャルティアナとは対照的に、そのように言うカイラードの表情は暗く、どこか悲しげに見えました。

シャルティアナが皇后になると言い切ったことは、カイラードの気持ちを拒絶することになるからです。

シャルティアナが皇后になれば、カイラードと結ばれることはありません。

自分はこの宮で暮らす、欲張りな自分にとってはこの上ない場所だ、

自分が宮に似つかわしくない人間なのであれば、自分に似合うように宮を変えて見せる、

と続けるシャルティアナ。

この言葉は、カイラードにとってあまりにも冷酷なものにも思えました。

カイラードは少し傷ついたような表情を見せ、シャルティアナらしい言葉だ、と言います。

シャルティアナの気持ちも複雑ではありましたが、シャルティアナは、カイラードの傷が早く癒えることを祈るだけなのでしたー。

その後の数日は船舶開発事業に専念したシャルティアナ。

色んな事件に進行を妨げられていまいましたが、ようやく集中して仕事をすることができたようです。

ある日メンバーでの会議が終わり、暖かくなってきたここ最近の天気について話していますが、マスターシェルメロだけは様子がおかしいようです。

シャルティアナが、どうしたのか、と尋ねてみても、

マスターシェルメロは、なんでもない、なんの話だったか、と言って、やはり話を聞いていなかった様子です。

するとそこへ皇太子がやって来ました。

皇太子がやって来るとは聞いていなかったため、シャルティアナ、コーゲン、シャリアン卿は驚きます。

皇太子は、コーゲンに用事があって来た、聞きたいことがあるのだがいいだろうか、と言います。

するとマスターシェルメロが、ポケットの中の品のことだったら無駄だと思う、と口を挟みました。

どういう意味だ、と問う皇太子。

まだ何も見せてもいないのにマスターシェルメロは、皇太子が持っている魔法具のことを指摘したのです。

独特な波長が遠くからでも感じられた、と言うマスターシェルメロ。

皇太子は実際に、アイリーンかが持っていた映像具を取り出します。

それを見たコーゲンは、

映像具のようだが変わった形だ、こんなものを見たのは初めてだ、と言うのです。

皇太子が、コーゲンも知らない魔法具があるのか、と驚いていると、

マスターシェルメロは、だからコーゲンに聞いても意味がないと言ったのだ、とまた口を挟みました。

皇太子は、何かを知っているような口ぶりのマスターシェルメロに、これがどのようなものなのか話すように促します。

どこで手に入れたのかを先に知りたい、と言うマスターシェルメロでしたが、

自分が先に聞いたのだ、と皇太子も頑なです。

すると、話し始めたマスターシェルメロ。

その映像具は普通のものとは少し違っていて、

簡単に言えば非売品である、

普通の映像具にはない機能がいくつかあるのだ、

皇太子はそれが気になっているはずだ、

と説明します。

どのような機能があるのか話すように命じる皇太子ですが、マスターシェルメロは言い淀んでいます。

その様子を見た皇太子は、

適当な説明でこの場をやり過ごそうとしているようだが、

自分を欺くことはできない、既に多くのことを知っている、

とマスターシェルメロを責め立てます。

それに対してマスターシェルメロも、

だから出どころを教えてくれれば自分も説明すると言ったのだ、と交戦的です。

そんな風に強張ったマスターシェルメロを見るのは、シャルティアナも初めてでした。

アイリーンが皇太子を脅迫するときに使った映像具である以上、皇太子は映像具の出どころを明かすことはできません。

第7皇子殺害事件とあまりにも深く関わりすぎているのです。

マスターシェルメロまでもがここまで頑なになる理由がシャルティアナにはわかりません。

一体どうすれば良いのか、シャルティアナも困ってしまいましたー。

 

悪女の定義の最新話はアプリ「ピッコマ」で読むことが出来ます!

待てば無料機能を使って、悪女の定義の最新話をぜひ読んでみて下さい!

悪女の定義の最新話を読む

「悪女と定義」122話感想

本来の自分の仕事に集中できるようになったシャルティアナ。

事業もうまくいって、全てがうまく回って行けば良いのですが、いつどこで皇后やアイリーンが何か仕掛けて来るのでは、と

気が気じゃありません。。。

「悪女の定義」123話のネタバレはこちら

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍