漫画ネタバレ

悪女の定義123話ネタバレ!見えてきた皇后の恐ろしい思惑

「悪女の定義」123話についてネタバレをまとめました。

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\全巻無料でお試し読みはこちら/
今なら600円分無料ポイントGET!

U-NEXTで無料で漫画を読む

悪女の定義の最新話を無料で読む方法は?

悪女の定義の最新話はアプリ「ピッコマ」で読むことが出来ます!

待てば無料機能を使って、悪女の定義の最新話をぜひ読んでみて下さい!

悪女の定義の最新話を読む

[前回のあらすじ]

カイラードと散歩をすることにしたシャルティアナ。

色々なことがあったシャルティアナのことを、カイラードは気遣ってくれています。

シャルティアナが皇宮にいる以上、アイリーンは追い出せましたが、皇后から逃れることはできないのです。

それでも、いろんな経験をして、自分のために皇后になると決めた、と決意を伝えるシャルティアナの言葉に、

カイラードは傷ついたような表情を見せるのでしたー。

その後、船舶開発事業の会議の場に、皇太子が現れました。

アイリーンが持っていた映像具についてコーゲンに質問にきたようでしたが、コーゲンはこの映像具を初めて見るようです。

マスターシェルメロによると、それは非売品のような、一般には流通していないもののようですが、

マスターシェルメロも、その映像具の出どころを教えてくれれば詳しく話す、と簡単には話してくれないようです。

対する皇太子も、出どころを明かせば第7皇子殺害事件にも関わってきてしまうので、おいそれと出どころを明かすこともできません。

皇太子もマスターシェルメロも頑なになってしまい、その場が緊迫してしまったのでしたー。

「悪女の定義」122話のネタバレはこちら

「悪女の定義」123話ネタバレ

しばらくの間皆んな、言葉をなくして立ち尽くしていましたが、マスターシェルメロが沈黙を破りました。

先に質問をしたのは皇太子なので答えるけれども、情報交換という形にしたい、

先ず、自分がその映像具がどのようなものか話すので、皇太子も映像具の出どころを自分に教えて欲しい、

それを約束してくれるならば詳しく話す、

と言うマスターシェルメロ。

迷う様子の皇太子でしたが、マスターシェルメロの提案を受け入れました。

するとマスターシェルメロは、

その魔法具は古代の遺物である、

今流通している魔法具のほとんどは古代の魔法具を参考にして作られていて、

その魔法具は、消えてしまった古代魔法文明の遺産のようなものである、

実は古代の魔法は現代よりもずっとレベルが高く、優れた魔法士達が研究を続けているものの、現在の魔法具は古代の魔法具の機能を半分も再現できていないのだ、

とマスターシェルメロは話しました。

この映像具は、アイリーンが内宮で使った際に痕跡が残らなかったのですが、それがまさにそうで、

古代の魔法具とは、帝国の皇宮にも使われる最高レベルの監視魔法をも欺くようなものなのでした。

世に出れば間違いなく混乱を引き起こすと考えられてたため、魔塔で研究用にのみ使用されてきたが、

新たに発掘されて、今回のようにとんでもないところへ流れてしまう場合もある、

それを皇太子が持っていると知り、少し神経質になってしまったのだ、

とマスターシェルメロは、皇太子に対して弁解、謝罪をするのでした。

次は皇太子が話す番です。

アイリーンから押収したのだ、と、嘘ではないけれども、少し濁した形で話す皇太子。

シャルティアナはその機転の良さに感心しています。

意外な答えに興味を惹かれている様子のマスターシェルメロは、有益な情報をくれた皇太子にお礼を言い、

魔塔でもアイリーン周辺を調査してみることにする、古代の魔法具は魔塔にある方が安全なのだ、と、マスターシェルメロが言いかけた時、

マスターシェルメロは、シャルティアナが魔獣に襲われた時のことを持ち出し、詳しく聞かせるようにシャルティアナに尋ねました。

魔獣・システインが出没した割には不自然なほど被害が少なかったはずだが、何か不可解な点はなかったか、とマスターシェルメロが指摘し、

それに対して皇太子が、自分がシステインの背中に飛び乗った時でさえ、驚くほど自分には興味を示さず、なんの反応もなかった、と話しました。

つまりは、シャルティアナだけを狙っている様子だったのです。

皇太子の話をシャルティアナが受け継ぎ、

怪物はゆっくりとした動きから、人々の悲鳴で段々と俊敏になり、自分と目が合った瞬間、突然ものすごいスピードで襲いかかってきた、

その後のことはよく覚えていない、とマスターシェルメロに伝えました。

そこまで聞いたマスターシェルメロは、何者かがシステインを操縦してシャルティアナを襲わせた可能性を指摘しました。

コーゲンが、そんなことは不可能だ、と反論しますが、マスターシェルメロは、

古代魔法具の中にはそれを可能にするものもある、アイリーンにはその理由も十分にあるはずだ、

ただの憶測であれば良いが、さらにアイリーンを詳しく調査することをお勧めする、

自分は魔塔の利益を考えなければならない立場で、古代魔法具の回収にも最善を尽くす、

しかしその過程で皆んなが危険な目に遭うようなことはあって欲しくないのだ、

と伝えるのでした。

充分な情報を持っていないマスターシェルメロは、アイリーンがテロの元凶のように話しましたが、

皇太子とシャルティアナは、それを企んだのは皇后なのだ、と直感していました。

そう考えると全て辻褄が合うのです。

皇后はずっと前からシャルティアナを殺そうとしていたようですー。

その後シャルティアナを送ってくれた皇太子は、必死に不安を隠している様子でした。

それはシャルティアナも同じで、自分達よりも大きな影響力を持つ皇后が自分を殺そうとしている中で、

自分は一体どこへ逃げれば良いのか、と不安が募るシャルティアナなのでしたー。

 

悪女の定義の最新話はアプリ「ピッコマ」で読むことが出来ます!

待てば無料機能を使って、悪女の定義の最新話をぜひ読んでみて下さい!

悪女の定義の最新話を読む

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

「悪女の定義」123話感想

せっかくアイリーンを追い出すことができたのに、なんと皇后はシャルティアナを殺そうとまでしていたというのです。

皇后は追い出すことなどできない相手ですが。。。

皇太子と力を合わせてなとか乗り越えて欲しいです!

「悪女の定義」124話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍