漫画ネタバレ

悪女の定義128話ネタバレ!皇后の裁判への道のり

「悪女の定義」128話についてネタバレをまとめました。

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\全巻無料でお試し読みはこちら/
今なら600円分無料ポイントGET!

U-NEXTで無料で漫画を読む

悪女の定義の最新話を無料で読む方法は?

悪女の定義の最新話はアプリ「ピッコマ」で読むことが出来ます!

待てば無料機能を使って、悪女の定義の最新話をぜひ読んでみて下さい!

悪女の定義の最新話を読む

[前回のあらすじ]

裁判で手助けをする代わりに、古代の魔道具を魔塔に返してほしい、と言うマスターシェルメロ。

しかし、そんな危険物をそう安安と返すわけにはいきません。

そこで、古代の魔道具をこのまま帝国の管理下に置く代わりに、魔塔の研究者達が宮へ来て研究を続ける許可を出す、と代案を提示したシャルティアナ。

他の6人のマスター達とも相談をしなければ決められない、と言うマスターシェルメロは、

裁判での手助けを約束して帰っていきましたー。

一方の皇太子は、このまま帰るのは名残惜しい、と言ってしばらくシャルティアナと過ごすことにします。

たった1日だけでも遠く離れているだけでいつも以上に恋しくなる、と言う皇太子に、シャルティアナは、

いつの間にか自分の中での皇太子の存在が大ききなっていることに気付くのでした。

だからこそ、裁判がうまくいくのかどうか不安になるものですが、より多くの証人を確保して裁判の準備には万全を尽くす、という皇太子の言葉に、

ようやくすこし希望を持てそうなシャルティアナなのでしたー。

「悪女の定義」127話のネタバレはこちら

「悪女の定義」128話ネタバレ

それからの数日間は平穏に過ぎていき、その間シャルティアナは鉄船開発事業に集中していました。

前世で造船工学に関する勉強でもしておけばよかった、などと考えることもあるようでしたが、実際はシャルティアナに知識は必要なく、

シャルティアナの下にいる実務者達が知っていればいいのでした。

シャルティアナがやることと言えば、行き詰まった時に知恵を出し合って前世の知識も話し、

無理な要求はせずに仕事をスムーズに進行させる事くらいでした。

有能な部下達のおかげで、それでも仕事は順調に進んでいきます。

そうして会議が終わった時、侍女が血相を変えてシャルティアナの元へやってきました。

皇太子が皇后を告発したと言うのです。

驚いたふりをしたシャルティアナでしたが、それは以前から予想していた事でした。

話によれば、高位貴族達と皇帝がいる場で、弁解の余地もないほどに、かなり大胆な方法での告発だったようです。

ストラヴィンの死は事故死として処理されたが、実際は殺害されたものであり、その背後には皇后がいるのだ、と宣言した皇太子。

それを聞いた皇帝は、あまりのことにすぐにはその言葉を飲み込めない様子です。

貴族の1人が、そんなはずはない、一体何故皇后がそんなことをするのか、と言い出しましたが、皇太子は、

そのように確信する理由はなんなのか、自分は明確な証拠があるからこそこのような話をしている、

白昼に多くの従者が見守る中であのような事故が起こる事自体、よく考えればおかしな話なのだ、

でもあれが事故ではなく、ストラヴィンが無念の死に追いやられたのならば、ここではなく法廷で、その真実を明らかにするべきではないのではないか、

皇帝も聡明な第7皇子を失い、ひどく心を痛めているはず、この事件の真相を有耶無耶にしてはならないのだ、

と、皇帝と貴族達に畳み掛けます。

暴露自体も重要でしたが、皇太子は皇帝を説得することに力を入れました。

皇室を牽制しようとしている貴族派や新進勢力にしてみれば絶好の機会でしたが、皇帝派貴族達と皇族にとっては望まれざる裁判だったのです。

皇后を支持する貴族達は当然裁判には反対し、皇族達も避けたがるものである以上、場合によっては暴露のみで終わってしまい、

裁判が開かれない可能性もあります。

その突破口は皇帝の決定ただ一つです。

悩んだ皇帝でしたが、皇太子の言う通り、この事件の真相を有耶無耶にするわけにはいかない、

皇太子の情報が間違っていて、皇后に罪がないとすればそれもまた裁判で明らかになる、裁判の詳細は後日決定することにする、

と言い、皇太子の作戦が成功し、裁判が開かれることになったのでしたー。

予想通り、裁判が開かれるまで多くの貴族が皇室、皇后、皇太子を非難しました。

シャルティアナは皇太子を元気付けてあげたい、と思いましたが、裁判前の行動には細心の注意を払う必要があり、

皇太子も忙しかったために頻繁に連絡することはできませんでした。

四方から責められる皇太子のために何もできないでいる自分が歯痒いシャルティアナでしたが、皇太子は、

そんなシャルティアナにも微笑みかけて安心させてくれるのでしたー。

そうして迎えた裁判当日。

皇太子は皇后を提訴しました。

貴族達からは、自分の母后を告発するなど、皇太子はあまりにも無情だ、マルケル侯爵家を貶めるつもりなのだろう、などと、

勝手な話が聞こえてきます。

皇后が嫌疑を否認したところで、証人として例の犯人の男が連れてこられました。

男は、ストラヴィンを殺したのは自分であり、皇后からそのように命じられてやったことだ、と証言します。

それに対して皇后は、こんな男は見たこともない、拷問を受けた痕があり、脅されて嘘の自白をしていることが容易に想像できる、と抵抗します。

その後、続けて現れたマスターシェルメロ。

そして皇太子は、無駄に長引かせないためにもすぐに証言を始める、

今日会ってもらう証人はまだ大勢いるのだ、と言うのでしたー。

 

悪女の定義の最新話はアプリ「ピッコマ」で読むことが出来ます!

待てば無料機能を使って、悪女の定義の最新話をぜひ読んでみて下さい!

悪女の定義の最新話を読む

「悪女の定義」128話感想

ついに始まった皇后の裁判。

恐らく、そう簡単には覆せないだけの証拠を揃えているとは思いますが、ハラハラしてしまいます。

仮に裁判が上手くいったとして、シャルティアナと皇太子に平穏な日々が訪れるのでしょうか。。。?

「悪女の定義」129話のネタバレはこちら

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍