漫画ネタバレ

悪女の定義137話ネタバレ!シャルティアナを巡る兄弟対決?!

「悪女の定義」137話についてネタバレをまとめました。

悪女の定義を無料で読める方法を徹底調査しました!

悪女の定義を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「悪女の定義」を無料で読む方法を調査しました。 悪女の定義が読めるサービスは? 配信サイト 配信状況...

[前回のあらすじ]

シャルティアナは房飾り作りしていますが、不器用なシャルティアナが作ったものはお世辞にも良い出来とは言えませんでした。

これでも本人はそれなりだと思っていたようですが、侍女達が作った房飾りを目の当たりにして、自信をなくしてしまいます。

作り直したいと思いましたが、今日はカイラードに房飾りを渡す約束をしていルのです。

カイラードは時間ぴったりにやってきました。

意を決してカイラードに房飾りを渡し、カイラードは嬉しそうな表情で箱を開封します。

恐らく予想外のものだったのでしょう、一瞬固まってはいたものの、感謝の言葉をシャルティアナへ伝えてくれるのでした。

その後、シャルティアナはレオへの房飾りについて悩みましたが、結局レオへ渡すものは作り直すことにしました。

しかし、この日もコーゲン令息とシャリアン卿に呼ばれて急な仕事に取り掛かることになったように、

皇宮での生活は房飾り作りばかりをしていられるものではなく、作り直せないまま、武闘大会当日の朝になってしまいました。

作り直すことを諦めて、手元にあるものを渡しに行くシャルティアナでしたが、レオは用事があるということで不在のようでした。

シャルティアナも武闘大会の用意をしなければならず、結局レオには会えないまま、武闘大会が始まってしまいます。

開会式直前に会ったレオはあからさまに拗ねている様子な上に、シャルティアナが話ができる時間もありません。

開会式にてカイラードが付けている房飾りを見たレオは、今度は嫉妬の炎を燃やし始め、シャルティアナの不器用っぷりはバレバレなのでした。

「悪女の定義」136話のネタバレはこちら

「悪女の定義」137話ネタバレ

武闘大会の幕が開け、腕利きの騎士達による剣術の試合が始まりました。

普段見ることのできない光景に観客は歓声を上げ、場内の雰囲気は盛り上がりを増していきます。

中でもカイラードの剣術の実力は圧倒的で、彼が出場する試合ではことごとく勝利を挙げました。

そこへ、武闘大会を楽しんでいる様子のマスターシェルメロがシャルティアナに話しかけてきますが、

相変わらずの酒豪っぷりを発揮させています。

そんなシャルティアナとマスターシェルメロのやりとりの間にも、レオは武闘大会には目もくれず、シャルティアナに無言の圧力をかけ続けています。

カイラードが活躍し、剣の房飾りが舞うたびにレオの視線は厳しくなり、シャルティアナは早く事情を説明しなければ、と思いますが、

周囲の目があり、ここでは渡すことはできません。

そんな中、カイラードが見事優勝しました。

皇子だからということで特別扱いをされていたわけでもありません。

シャルティアナが、カイラードはこんなに強かったのか、と驚いていると、レオが席を立ち、そろそろ下に降りなければならない、と言い出します。

優勝者は皇太子と手合わせをするのが慣わしのようです。

嫉妬の炎を燃やしながら舞台へと向かうレオ。

レオとカイラードの試合が始まり、レオは、カイラードの房飾りはシャルティアナが

作ったものか、と問いました。

カイラードが認めると、レオは、カイラードはかけがえのない弟なのだから、あらゆることをしてやりたいと思っているが、彼女はだめだ、と言い、

それに対してカイラードは、この房飾りはレオが思っているような意味を持つものではない、

自分はシャルティアナとレオの幸せを願っている、と返します。

自分もカラードの幸せを誰よりも祈っているから、未練など残さないように、と言って、カイラードの房飾りを切り落としたレオ。

レオの言う通りだ、みっともない姿を見せてしまった、と言うカイラードに、今のようにみっともない姿を見せているのは自分だろう、と言うレオなのでした。

こうして、レオの勝利で武闘大会は無事に幕を下ろしました。

そして、少し遅くなりながらも、シャルティアナはレオに房飾りを渡しました。

レオはお礼を言いつつ、本当に独創的なデザインだ、と感想を述べます。

揶揄わないでほしい、と騒ぐシャルティアナを、レオは抱きついて可愛がります。

さらに、残りはどこにあるのだ、と言って、シャルティアナが自分のために作ってくれたものは全て手に入れたい、と駄々をこねます。

結局、シャルティアナは失敗作も全てレオに渡し、レオは全てを自分の貴重な宝剣につけて持ち歩き、満足そうな様子です。

シャルティアナは、しばらく胃の痛い思いをしなければなりませんでしたー。

悪女の定義を無料で読める方法を徹底調査しました!

悪女の定義を無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「悪女の定義」を無料で読む方法を調査しました。 悪女の定義が読めるサービスは? 配信サイト 配信状況...

「悪女の定義」137話感想

房飾りを上手に作ることはできませんでしたが、やはりレオは喜んで受け取ってくれました。

シャルティアナ溺愛っぷりがよーくわかります。

立場上、本来ならば何人か皇妃を迎え入れなければならないのかもしれませんが、レオはシャルティアナ以外を娶ることはないのではないでしょうか。

ずっとシャルティアナラブで、政略結婚なしでも立派な皇帝になって欲しいです!

「悪女の定義」138話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍