漫画ネタバレ

甘くない結婚14話ネタバレ!藤堂直樹が翼を通じ高柳に接触…!?

めちゃコミックで配信中の「甘くない結婚」14話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

酒の勢いのせいか、高柳に元彼についての過去を話した凛子。

まるで嫉妬しているかのような問答をされた凛子はその場を去ろうとします。

しかし高柳に突然キスをされて…?

甘くない結婚13話のネタバレはこちら!

甘くない結婚14話ネタバレ

キスをされたままで居ると、高柳の携帯が鳴り響き、鳴ってるわよと言って離れる凛子。

そうですね、と言って室内に戻ろうとする高柳の後ろ姿が見れません。

ここはもう教会じゃないのに、高柳とキスをした、その事実に動揺する凛子。

契約違反だわ…っ、男女の関係は求めないって言ってたじゃない、と言う凛子に、高柳は申し訳ありません、と返します。

お義母さんの盛ったお茶の成分が抜けてなかったのかもしれません、次からは自制します、と恥ずかしそうに話す高柳。

あなたお茶のせいにして終わる気!?と凛子はいいますが、そのまま高柳は室内に戻ります。

さっきのキス…全然嫌じゃなかった、寧ろうまいと思うなんて…。

この男どこまで嫌味な奴なの、なんて思っていると高柳は翼に仕事の件で呼ばれたので外出すると言い出します。

えっ出かけるの!?と言う凛子に、思わず驚いたようにじっと凛子を見る高柳。

この埋め合わせは必ず致しますので、と頭を下げると、凛子は結構ですお気遣いなくいってらっしゃい、と返します。

高柳が去った後、改めて調子が狂う、と思ってしまう凛子。

一度目は周りの人を欺くためのキス、高柳の感情は何も感じませんでした。

しかしさっきのはまた違った高柳を見れた気がした…そう考えると、本当にただのお茶の効能なのか解らなくなります。

高柳が翼が待つ居酒屋を訪れると、翼は新婚早々呼び出して悪いね、と言います。

いやむしろ助かった、と返す高柳に、何それ、早速離婚危機?お楽しみ中に邪魔したかと心配したのにと言う翼。

そんな関係じゃない事はもう知ってるんだろと高柳が言うと、それとこれとは話が別だと翼は言います。

あのこ良い体してんのに勿体ない、と言う翼に、お前は人の妻を口説こうとしたりなんなんだ、という高柳。

しかし翼は凛子がどんな子か気になってからかったら面白かった、と答え、思わず高柳も最低だな、と返します。

でもきっといい子だね、結婚おめでとう、と言われ、ああ、と乾杯に応じる高柳。

それで?なんでヤんないの?と翼に聞かれた高柳は吹き出してしまいます。

できないものは仕方ない、という高柳に、それはどうだかなーと言う翼。

高柳の女性経験は大学時代の話で、飲み会の流れでそう言う感じになった子とできなかっただけ、しかしその一回しか経験がないのです。

けれど適当な子と本気の子は違う、凛子さんが運命の人だったらまた違うんじゃないの?と言う翼。

俺は試してみてもいいと思うんですけどね、夫婦関係を良好に保つためにも明るい家族計画ってやつ必要でしょ?

その言葉に高柳は、凛子さんには人工授精を勧めているし彼女もそのつもり、と答え、それは酷い、と言う翼。

しかし高柳はいざダメだったときにショックを受けるのは凛子自身で、それなら人工授精の方が幾分マシ、と話します。

増やさなくていい傷をわざわざ増やす必要はない、と言う言葉に、高柳ってば実はやさしさ満載の男だよなと言う翼。

女性の前でわざと余裕ぶるのとかもやめろよな~本当腹立つんだよあれ。

そう話すと高柳はバカなフリしてないでそろそろ本気になれ、と翼に告げます。

別に俺が本気で仕事をしなくても誰も困らない、そもそも期待されてないんだし、とむすっとした顔になる翼。

翼の親族は全員医療関係者、父親は誓約会社の代表で兄だってそれに代わる力を持っています。

いわゆる落ちこぼれの翼には昔から居場所がありませんでした。

凛子の言っていた、金持ちだからってずっと幸せとは限らない、という言葉を思い出し、こいつもそうなのかもと思う高柳。

この歳になってもこうして一緒に居るのは、底まで落ちた者同士性根が一緒だからかもしれない。

そんな思いで高柳は翼を見つめます。

そういえば用件って何だったんだ?と高柳が言うと、お前に会いたいってやつがいてさ、丁度来たみたいだ、と言う翼。

こっちこっち、と言って高柳が紹介されたのは、凛子の元彼である藤堂直樹でした。

甘くない結婚14話感想

このタイミングで遭遇ですか…。

絶対誰か解りますよね、っていうか翼はどういうつもりなんでしょう?

本当に仕事ならいいんですけど…次回も気になりますね。

甘くない結婚15話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍