漫画ネタバレ

甘くない結婚16話ネタバレ!高柳と藤堂が会っていた事を知り…!?

めちゃコミックで配信中の「甘くない結婚」16話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

藤堂は南輸入会社と一条家の取引を邪魔し、両社の信用を落とすつもりでした。

そしてそこで翼と藤堂、高柳で新たな会社を立ち上げないかと誘います。

高柳は詳しく話を聞かせてくれ、と言って…?

甘くない結婚15話のネタバレはこちら!

甘くない結婚16話ネタバレ

中々帰ってこない高柳に、まさかもう帰って来ない気じゃ…とか高柳に限って浮気…?などあらぬ想像が進む凛子。

新婚初夜でこれって夫としてどうなのかしら、と考え、自分で良き夫を求めてないと言ったのだったと思い出します。

さっきから私、なんで高柳の事ばっかり考えてるのよ…。

そんな気持ちで過ごしていると高柳が帰宅し、凛子はお帰りなさいと言いに行きます。

しかしとても冷たい表情の高柳に、怖い感覚を覚える凛子。

もしかして寂しくて眠れなかったのですか?と言う高柳に、違うと必死で否定する凛子。

しかし高柳はにやにやしながら失礼しました、朝まで出る事はありませんので安心してお休みくださいと返します。

寝室に戻るついでに掛けておく、と高柳の上着を受け取ると、妻らしい事をしてくれるのですね、と言う高柳。

しかしその態度に、良かった、いつもの高柳だと凛子は安堵します。

一応妻ですから、と言うと、高柳はじっと凛子を見つめ、お化粧…落とされないんですか?と尋ねます。

落としたわよ?!そんなマジマジ見ないでよ!と言う凛子。

なるほど?あんまり変わらないのですね、と言われ、毎朝結構な時間を掛けてるのだけど、と凛子は思います。

もしかしてあなた仮にも妻である私の顔をそんなに覚えてないんじゃないの!?どうせ私の事なんて興味ないものね!

凛子はそう言った後、別に私に興味を持ってほしいとかじゃないから取り消させて、と顔をそむけます。

凛子さん、と言って高柳は突然凛子の手み、焦った凛子は思わずきゃっと叫びます。

別に叫ばなくても、と言う高柳に、だって…またキスされるかと思って…と言う凛子。

高柳は少し顔を赤らめ、先程は申し訳ありませんでした、お化粧の事も…勝手ながら想像と違ったというだけです。

失礼しました、それが言いたかっただけですので、と謝ると高柳はその場を立ち去ります。

なんなのよもう!ジャケットを受け取ったくらいで何でこうなるの!ため息つきながら謝られたって誠意を感じないし!

プリプリ怒りながら高柳のジャケットを掛けに来た凛子は一応妻としての確認、とジャケットの香りを嗅ぎます。

女の匂いはしない…どこかにキスマークとかもない…と探すうちに、ジャケットから名刺が落ちてしまいます。

ポケットにそのまま入れておくなんて高柳らしくないわね、と名刺に手を伸ばす凛子。

そこには一条直樹と書かれており、凛子の動悸が激しくなります。

これ…藤堂だ…と過去の記憶がよみがえる凛子。

高柳は仕事の件で一条息子に呼ばれたって言ってた…つまり一条息子が藤堂を紹介したのよね…。

確かに製薬会社との取引には病院も関わって来るだろうけれど、ただの挨拶にしては長かった、と考える凛子。

両者にとって大切な取引のはずなのにわざわざ社外で取引の事を話す?

打ち合わせにも参加していなかった一条息子を交えて…?と凛子の中で静かに、疑念が膨らんでいきます。

しかし翼は凛子と藤堂の関係を高柳に言うつもりはないと言っていました。

あの軽い感じが本当に言わないとも限らない、そもそも私も藤堂の名を出して過去の話をしたのはうかつだった…。

身近に居るとは解っていても、どこかでもう関わることは無いと思っていた凛子。

私ではなく三並にしか興味がない藤堂、しかしそれは高柳も同じです。

2人は私の事を話したりしたの?どこまでも野心家な二人だからこそ意気投合するなんてこともある…?

2人は一体何の話をしていたの…?と凛子の心に靄が渦巻いて行きます。

シャワーから上がった高柳に背を向けて眠ったふりをする凛子。

背後からガサゴソと漁る音が聞こえ、名刺を探してるのよね、と凛子は理解します。

これからも高柳はあの男と会うつもりなんだ…と思わず掌をを握りしめるのでした。

甘くない結婚16話感想

うーん、不穏な終わり方ですね。

高柳が出し抜いてくれるといいんですけど…このままじゃ凛子が可哀想ですよね…。

次の更新に期待です!

甘くない結婚17話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍