漫画ネタバレ

あの日、妻は人を殺したのか?1話ネタバレ!妻の表情のワケは…?

めちゃコミックで配信中の「あの日、妻は人を殺したのか?」1話のネタバレです。

あの日、妻は人を殺したのか?1話ネタバレ

2000年7月3日、この日記は大切な人を忘れないための物、俺はこれから大切な人を守るために戦う。

その結果として、俺はすべてを失うだろう。

時は巡って2020年、7月5日13時30分、母の外出を見送る父と娘がいってらっしゃい、と手を振ります。

母と別れ、古い街並みを手を繋いで仲良く歩く娘・栞と、父・慎一。

ママおばあちゃんのお見舞いだよね?と言う栞に慎一は、うん、でも今夜には帰って来るよ、と返します。

そしてふと名花稲荷神社の前で立ち止まり、慎一はじっとその先を見つめます。

時が過ぎ、2020年7月5日の14時30分。

買い物を済ませると、スーパーを出た先で栞があ!と指を差します。

その先では老婆が自らの荷物を倒し、誰も助けず一人で拾い上げていました。

しかし慎一は栞の手を引き、行くよ、と言います。

栞はパパお手伝いしなくてよかったの?先生が困ってる人が居たら助けましょうって言ってたよと尋ねます。

はは、栞は優しいね、パパの目つき怖いだろ?パパが手伝うとみんな怖がっちゃうんだ、と言う慎一。

栞は少し悲しそうな顔をして、全然怖くないよ!と言い、慎一はそうか?と返します。

そう、慎一は人助けをしませんが、それでも例外はありました。

妻の理沙が困っているならば、絶対に助けたい、そう思っていたのです。

そして最近その理沙が悩んでいる事に慎一は気づいていました。

切っ掛けは匿名の郵便物が届いた事、それを見た理沙の様子に異変を感じ、理沙?と呼びかけましたが反応がありません。

何だったんだろう、と慎一が思うと、タチの悪い悪戯だったよ、と理沙は答えました。

その後、届いた郵便物がバラバラに切り刻まれているのをゴミ箱から見つけた慎一は、何故…とずっと考えていました。

その日から理沙は思いつめたような表情をするようになり、理由を尋ねても教えてはくれません。

どんなことがあっても俺は理沙を、家族を支えて見せる、そんな風に慎一は誓っていました。

パパ、どうしたの?と悩む父に声を掛ける栞。

ああ、ママが最近困ってるみたいなんだけど理由を話してくれなくてさ、と言うと栞はそうだ!ととある紙を差し出します。

こっくりさんに聞いてみよう!

そう言って栞が見せたのは、はいといいえの間に鳥居が書かれた、あの”こっくりさん”の紙でした。

あの日、妻は人を殺したのか?1話感想

い、いきなりこっくりさんですか!?

人を殺したのかというタイトルとこっくりさん…どう繋がって行くのでしょう。

気になりますね、続きが楽しみです!

あの日、妻は人を殺したのか?2話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍