ビッグコミックスピリッツ

アオアシ1巻のネタバレ!アシトの目の前に現れる「謎の男」とは・・?

アオアシ

ビッグコミックスピリッツで連載中の小林有吾先生の「アオアシ」を紹介致します!

主人公は荒削りですがサッカーの才能を秘めている「アシト」。

豪傑でまっすぐな性格が災いし、中学生最後の試合では苦い思いをすることに。

そんな時、強豪クラブチームの監督である「福田」に目をつけられ

田舎を出て東京でサッカーをすることを目指します・・・!

正統派の熱血スポーツ漫画!ネタバレ行ってみましょう!

アオアシの1〜3巻を無料で読む方法!

今なら、まんが王国で5月11日まで期間限定で3巻まで無料で読めるキャンペーンを行なっています!


アオアシ

他にも常時3000冊以上のの電子書籍で読める漫画が取り揃えてあり、無料キャンペーンや50%オフクーポンがありボーナスポイントも付与されたりと漫画好きには必見のサービスです。

ぜひこの機会にお試ししてみてください↓

アオアシ最新話を無料で読む方法は?

アオアシ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アオアシ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
アオアシ最新話を読む

アオアシ1巻のネタバレ

第1話

「この試合に勝てば県大会ベスト4」という時、

大きく点差をつけられ負けそうな所を主人公の葦人(アシト)は、

ポジションやフォーメーションなどチームプレー無視で「1人」で挽回をしていました。

仲間はゴールにへばりつき葦人にボールを回す試合展開に。

相手チームのキーパーが『やってて楽しいんかね?』『サルにうまく芸仕込んだなぁオイ。』と苦言します。

それにカチンと来たアシトは、試合時間残り5分と言うところでキーパーに頭突きをしてしまい、

それがきっかけで試合はもちろん負け。さらには進学先の推薦枠が取り消しになりました。

失意のアシトは試合後一人で海岸沿いを走っていると、

「謎の男」がサッカーをするのが目に入ります。

そのテクニックに圧倒され魅入るアシトに、

男は『お前にこの技術があれば、今日後3点は取れてた。』と言います。

ムッとしたアシトは男と共に砂浜で練習を始めます。

一方、チームメイトやアシトの母親は夜になっても帰ってこない葦人を心配し探しに。

さらには相手チームのキーパーも、葦人の母親の元へ

「アシトのチームメイトの悪口を言った」と謝りに来たのです。

でも実は葦人が怒ったのは、「母親が水商売」していることを馬鹿にされてのことでした。

アシトはそんなことを知らず、まだ夢中で練習に励んでいます。

その潜在能力の高さに驚いた男はついに

『東京シティ・エスペリオンFC、エース監督 福田達也だ。』と言って

葦人に入団試験を受けるように言います。『世界へ、連れていってやる』と。

第2話

葦人は家に帰り、突然決めた「東京行き」の話を家族に説明します。当然母親は猛反対。

アシトがオファーを受けた「福田達也」は東京のサッカー名門校を出たのち、

18歳で東京シティ・エスペリオンに入団。20歳でレギュラーとなったのち、

23歳にはスペイン1部に移籍し大きく貢献した天才だった天才だったと知る兄。

兄はそっとアシトにバイトで貯めたお金を手渡し

『何があるのか、その目で見てこい。』と送り出すのです。

こうして入団試験を受けに行けることとなったアシト。

会場では「花」と言う女の子と出会い、花の案内してくれる施設の様子に興奮していましたが、

福田が話始めると空気が一変します。

『ユース入団試験、誰も獲らない可能性も高い』と厳しい現実を突きつけられるのです。

第3話

愛媛から出てくるときに、入団試験の厳しい実態を説明しなかったと抗議するアシトですが

今日試験に集められた86人は、今までクラブチームが獲りたいと思えなかった奴らだと説明し、

しかしここにいる人間は自分の実力を知った上でわずかな可能性にかけて来ていると話します。

福田の『そんな中から這い上がってこれるやつってな、本当に光って見えるんだぜ。』

その言葉に一気に高まるボルテージ・・・。

そんな所へ「大友栄作」が、葦人のせいでみんな吹っ切れてしまったと言います。

しかしアシトは全員の固さがとれ、万全の状態でサッカー出来るのが嬉しいと闘志を燃やすのでした。

第4話

福田と一緒に、アシトの試合を見ながら、

『一方的になっちゃったなあ・・・このコートの試合は・・・』と呟く花。

花は実は福田の妹だったのです。

アシトは単独プレイをしようとし3失点で、仲間から反感を買っています。

普段は田舎でプレイしていて自分より上手いやつがいなかったため、

自ずとボールは自分に集まりますが、ここには自分より上手い奴らばかり。

相手も必死にアピールしたいので、もはやアシトの所にボールは回ってきません・・・。

第5話

試合時間残り5分と言う所で、ようやくアシトにボールが回ってきました!

しかしやはりアシトはボールを回そうとしません。

それを見ている試験管たちは最早、アシトを切り捨てモード・・・。

しかしゴール付近にいる「金田」に気がつき、突然走り始めます。

何かに気づいた「大友」は、金田に走れと指示し、

金田はアシトのロングパスからのシュートを決めるのです!!!

第6話

最終選考に残る11名を選出している間、アシトたちは昼食を食べます。

試合が終わると突然ネガティブモード発動の「大友」に、面白いと興味を持ちます。

でもコートでの彼は、選手に色々と声をかけながらプレーを進め、

最後のシュートにも陰ながら貢献した人物でした。

そしてそれは最終選考をしている試験監達の目にも止まります。

最も評価が分かれるのは、やはりアシト・・・。

あのロングパスは偶然だったのか?それとも・・・?

第7話

何とか86名中11名の最終試験に残ることの出来たアシトは、互いに仲良くなっておくことを提案します。

敵と仲良くなる事は不要だと拒否する選手もいる一方、

緊張しネガティブとなっている「大友栄作」、FWの「橘総一郎」、DFの「中野淳之介」、

そしてGKの「深津芳一」が集まり、好きなサッカーについて語り合います。

全員自分自身の事を、これまでクラブからの引き抜きがなかった「落ちこぼれ」と思っていて

それぞれ「ラストチャンス」に賭けている思いを語ります。

『もっと景気よくいこーじゃねーか!』とみんなを励ますアシト。

そこに現れた試合相手は何と「東京シティ・エスペリオン」のユースチームでした・・・!

第8話

高校生ユースと戦うと聞いて震え上がるチームメイト・・・。

アシトは『あいつらを倒せば、なんの言い訳もできねぇ!全員で合格だ!!』と仲間を励まします。

それを聞いた「阿久津」は『何か俺たちのことを、誤解している奴がいるみたいなんで』と

福田にラインズマンを交代して試合に参加したいと申し出るのでした・・・。

今なら、まんが王国で5月11日まで期間限定で3巻まで無料で読めるキャンペーンを行なっています!


アオアシ

他にも常時3000冊以上のの電子書籍で読める漫画が取り揃えてあり、無料キャンペーンや50%オフクーポンがありボーナスポイントも付与されたりと漫画好きには必見のサービスです。

ぜひこの機会にお試ししてみてください↓

アオアシ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アオアシ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
アオアシ最新話を読む

アオアシ1巻の感想

1話目を読んだ時は主人公の自分勝手さが目立ち、

幼稚な主人公だなぁと思いましたが、不思議と彼は人に嫌われてる訳ではないんですね。

それは彼の純粋にサッカーが好き!という気持ちと、根は「いいやつ」なのでしょう。

そんな熱血!と言う感じも、これぞスポーツ漫画の王道!といった感じで好感が持てます!

不穏な気配の「阿久津」との対決、どうなってしまうのでしょうか!?