漫画ネタバレ

荒ぶる季節の乙女どもよ。4巻 【13話〜16話】ネタバレ!無料で読む方法は?

荒ぶる季節の乙女どもよ。

講談社コミック「荒ぶる季節の乙女どもよ。」4巻(原作:岡田磨里 絵:絵本奈央)

を読みましたので、ネタバレと感想を書きました。

最初から最終回・番外編まで全巻全話のネタバレはこちらから↓

1巻 1話~4話ネタバレ
2巻 5話~8話ネタバレ
3巻 9話~12話ネタバレ
4巻 13話~16話ネタバレ
5巻 17話~19話ネタバレ
6巻 20話~24話ネタバレ
7巻 25話~28話ネタバレ
8巻 29話~最終話・エピローグ(32話)ネタバレ
番外編 前編 後編

荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読む方法は?

今、まんが王国で荒ぶる季節の乙女どもよ。の1巻を無料で読めるキャンペーン開催中です。

荒ぶる季節の乙女どもよ

期間限定ですので、ぜひこの機会に読んでみてください。

登録無料で3000作品読める!

まんが王国【公式サイト】☆ 今すぐ半額割引クーポンゲット ☆

半額クーポンを利用すれば全巻一気読みがまさかの半額で読めちゃいます!!

荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、荒ぶる季節の乙女どもよ。1巻分を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

ちなみにU-NEXTではアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」も無料で視聴することができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。のアニメを見る

荒ぶる季節の乙女どもよ。4巻 ネタバレ!

第13回ネタバレ

PVのような場面から始まります。

『この学校の文化祭には恋の伝説があるのです。後夜祭のキャンプファイヤーで好きな人の

影を踏みながら告白すると、必ず恋は叶う、と──』

「……な~んて、恋の伝説を創り出してほしいんですよっ!」

それは文化祭の実行委員会から、文芸部への依頼でした。

委員会の軽いノリと押しつけがましい雰囲気、そして文芸部を微妙にバカにした物言いに

和紗、百々子、菅原氏、本郷、の4人は戸惑い、怒っています。

曾根崎だけは少し受け止め方が少し違っていました。

「その御依頼、お引き受けいたします」

曾根崎の意外な返答に、言葉を失う文芸部4人でした。

文芸物の部室を離れても、大きな声で文芸部に軽口をたたく委員会に怒りながら、一番の

不可解は曾根崎でした。

「『恋の伝説』なんて曾根崎先輩が真っ先に否定するものでは?」

実はこっそり天城と恋仲になっていた曾根崎は、顔が赤くのを抑えながら演説します。

「私たちは文芸部としてこの世の宝とも言うべき文芸を味わってきた。今度は私たちが

その宝のひとつを生み出すことができれば、これは文芸部として生徒や先生を含めた学校側

に認めてもらう良い機会」

曾根崎の言葉に心を動か荒れ、一致団結して『恋の伝説』を創作することになりました。

校舎を歩くミロ先生に、本郷は恥ずかしそうに声をかけます。

「今日は、もっときわどい下着を着てきたんです……」

「へーそうですかぁー」

平然としたミロ先生の態度に、不信感をもつ本郷です。

「これがミロ先生のいう観念的なエロですよね。でも先生全然興奮してない。デタラメだ」

「いやでも、それなりに楽しいですし……」

「それなりって、それどういうことですか!」

そこへ富多先生が可愛らしい笑顔を見せながら、「山岸先生」と声をかけてきました。

さりげなく話を切り上げられてしまった本郷は、ムッとしますが、山岸先生と富多先生の

話に聞き耳を立てていました。

「先日のきのこをいただいてありがとうございます。バター炒め美味しかったです!」

「脱サラして山梨でペンション経営を始めた父が、山ほど送ってくるので助かりました」

二人の何気ない会話に、目を輝かせる本郷でした。

和紗、百々子、菅原氏で下校しようとすると、すでに文化祭の準備が始まっていました。

「青春だねぇ、でも青春の匂いってなんだかクラクラする」

「和紗、それは(ペンキの)シンナーの香り!『恋の伝説』のためにも頭は大事にしょ!」

「うん、でも恋の伝説って難しいね」

「自分だったら考えるといいんじゃない?和紗、あなたなら泉君とどんな恋をしたいの?」

「わ、わたしは……菅原氏みたいに美少女じゃないし」

泉の言葉に、少しだけ表情をかたくする菅原氏です。

「私の容姿とか関係あるの?恋って容姿でするものじゃないでしょ?」

珍しく声を少し荒げる菅原氏に、百々子がオロオロとしています。

和紗は逃げるように忘れ物を取りに行ってしまいました。

和紗の行動に戸惑う菅原氏に、たまらず百々子が先日和紗が目撃したことを話すのでした。

翌日、曾根崎のクラスでも文化祭の出し物が『カラオケ喫茶』に決まりました。

「はーい、オレは曾根崎さんと一緒ならどんな仕事でもやりまーす!」

嬉しそうに手をあげる天城を曾根崎は睨みつけ、「嫌われてるなぁ」と笑われるのでした。

屋上でひとり本を読む曾根崎に、天城が声をかけます。

「オレってまだ曾根崎さんに嫌われてることになってるの?みんなに言いたいんだけど」

「ダメよ!だって絶対にいろいろとうかがった目で見られるもの」

「じゃあ、ひとつだけ聞きたい。オレって、曾根崎さんの彼氏と思ってていいの?」

「そ、そうね……」

曾根崎の言葉に安心したのか、少し寂しそうな笑顔を浮かべながら天城は去っていきます。

その後ろ姿を見つめながら、「もう少しだけ待ってて」とつぶやくのでした。

『恋の伝説』がうまくいけばカップルが大量にできあがる、そうすれば私と天城が恋人

であったとしても、誰もたいして気にしない。

『木を隠すには森の中作戦』それは恋の伝説の創作を利用した曾根崎の計画でした。

第14回ネタバレ

舞台は一転、文芸部は電車の中で盛り上がっています。

「合宿なんてイベント、花形な部活だけの特権で、文芸部は無縁だと思ってました!」

「ミロ先生のお父さんがペンションを経営していて、そこに呼ばれるだなんて」

「ミロ先生、ありがとうございます!!」

それは本郷からの提案でした。

恋の伝説創りに燃える文芸部でしたが、校則や学校の規則などの前に案は全て崩れます。

「このままじゃまとまりませんので、合宿はいかがですか?」

本郷の言葉に、顔を輝かせる文芸部一同でした。

「私、いい場所を知ってるんです」

本郷が熱い視線を送る先には、ミロ先生がきょとんとした顔をしていたのでした。

本郷に弱みを握られているミロ先生は、本郷が提案する合宿を受け入れるしかありません。

こうして初の文芸部合宿に、大いに盛り上がる文芸部でした。

「ミロ先生、無理をいってすみません、ありがとうございます」

「本当に君って人は……」

「このお礼は、体でしますからね……」

本郷に耳元でささやかれたミロ先生は、慌てるのでした。

本郷はエロを書けといった編集者とまた会うことになりましたが、話は一転していました。

「時代は青春だよ、きらきらで、ちょっと不思議な要素を入れて。エロなんてダメダメ!」

別の女子高生に書かせたエロちっくな小説が全く売れなかったため、趣向を変えたのです。

なんとも身勝手な話ですが、本郷は青春ものを書くことに燃えていました。

本郷にとって合宿はミロ先生との関係を進展させるためでもあったのです。

一方、和紗、百々子、菅原氏は駅弁を何にするかで盛り上がっていました。

「泉君、電車好きだもんね、この前一緒にお茶した時に聞いたの。何か買っていったら?」

菅原氏の意味深な言葉に、焦り冷汗をたらす和紗でした。

菅原氏は百々子から泉と二人で会っていたところを和紗が見てしまい、誤解しているという

話を聞かされましたが、二人のためにあえて誤解させたままにしておこうと言うのです。

それぐらいしないと和紗と泉の関係は進展しないだろうことは百々子も気付いていたので

渋々了承しましたが、菅原氏の強硬な態度に慌てる百々子でした。

ペンションに到着すると、ミロ先生の御両親に丁寧に挨拶をして、早速活動を開始します。

『恋の伝説』の捜索に燃える文芸部でしたが、考えれば考えるほど難航していくのでした。

過激な案も出てくるようになってしまったため、休憩で、お風呂に行くことになりました。

ペンション自慢のお風呂は心地良く、百々子はリラックスして楽しみます。

和紗は菅原氏の言葉のことで悶々と悩んでいました。

そこへ菅原氏がタオルで姿を隠すこともなく、裸身をさらしながら風呂に入ってきます。

湯気があっても伝わるスタイルの良さに、和紗と百々子は見とれてしまいます。

百々子は先にお風呂から出ていきますが、和紗はまだ入っているといって残ります。

身体を洗う菅原氏の身体を横目で見ながら、意外と豊かな胸に見とれてます。

(なんてきれいなおっぱいなの……彼女に比べたら私のおっぱいなんて……)

恥ずかしくて湯船から出られなくなった和紗は、のぼせて倒れてしまうのでした。

第15回ネタバレ

ペンションの調理場で、ミロ先生と両親が話をしています。

「急に来たんだから、食事なんて出さなくていいよ」

「いいんだよ、せっかく来てくれたんだから。そういえば、きのこは喜んでもらえた?」

「うん、先生方喜んでたよ。ひとりすごく喜んでくれたから、もう少し分けてほしいな」

ミロ先生は調理場から外へ出ました。

そこへ本郷が少し恥ずかしそうな顔をしながら、声をかけてきました。

「ミロ先生、先生の部屋へ行きたいです……」

「私の部屋をあさっても何も出てきませんよ、昔から住んでる場所じゃないし」

「そんなの興味ないです、先生と二人きりになりたいんです、お願いします」

ミロ先生は軽くため息をして、本郷の腕を掴んで引き寄せ、彼女の唇に顔を近づけます。

キスをされると思った本郷は急に恥ずかしくなり、目をぎゅっとつむりました。

覚悟を決めた言葉とは裏腹な態度にミロ先生は失笑し、「キスしようとしたぐらいでそんな

になって。無理しないの」と言うのでした。

軽くあしらわれたことがみじめで、その場でへたり込む本郷でした。

お風呂場から逃げるように出てきた百々子は、突如鳴り響く杉本からのLINEの着信音に

困惑しながら返信すると、微妙に空気が読めない返信スタンプに苛つくのでした。

曾根崎は寝転がりながら、にやけ顔で天城からのLINEを眺めています。

後輩の百々子が戻ってくると、曾根崎は瞬時で身を起こし、何事もないような顔をします。

「すみません、先輩だけに考えてもらって。でも難しいですね、恋の伝説を考えるって」

「そうね、難しいわ」

「曾根崎先輩って、男の人にあまり興味ないですよね。私も実は同じ気持ちなんです」

「そ、そうねぇ……」

「女子の方が肌もすべすべできれいで、思わず触りたくなるのに、どうして女子は男の子を

好きになるんでしょうね?ゴツゴツしてるし、意外とねちねちしてるのに」

「うーん、人間は自分とは違う存在を求めるから、かしら……」

「え?私、男の子みたいに毛穴が開いてます?わーん、化粧水とかつけなきゃ!」

「あるわよ、よかったら使って」

曾根崎のポーチの中には化粧水の小瓶の他、リップやクリームなど可愛らしいお手入れ

グッズであふれていました。

「先輩って女子力たかーい!」

百々子にいわれて曾根崎は秘かに思います。

(私だって少し前までは百々子と同じだった。でも恋を知った私はちがう。恋って人を次元

へ追いやってしまうものなのね……)

その頃、お風呂でのぼせた和紗は菅原氏に介抱してもらい、長椅子で休んでいました。

目をつむっている和紗を見ながら菅原氏は思います。

(私はどうして和紗と泉君のことで、あんなにムキになってしまったんだろう……)

和紗は菅原氏をチラ見しながら思います。

(きれいなおっぱいの菅原氏は、私の貧相なおっぱいを見て、どう思ったろう?彼女なら

私をバカにしないってわかってるけど、どうしても思ってしまう。私って本当に……)

「菅原氏が泉を好きなら私は……」

「何それ?私が泉君とお茶しただけで彼を好きになるの?もしも好きだったら何なの?」

「そ、それは……ごめん、今のなし」

「ダメ!話して!」

菅原氏の剣幕に戸惑ってしまう和紗です。

「待ちなさい!」

そこへ曾根崎が百々子と本郷を伴って現れました。

「言葉でケンカして傷つけあうのは止めなさい。私たちは文芸部なのよ?」

「曾根崎先輩、でもこのままじゃ私、すっきりしないんです!」

「ふふふ、私達は今どこにいるのかしら……?」

その後、ペンションの二階から賑やかな声が響いてきました。

「騒々しくて楽しそうだねぇ」

「ごめんね、父さん。文芸部の子たち止めてくるよ」

「いやいや、いいんだ。実はあの子たち、事前に了解をとっているからね」

文芸部一同で枕投げ大会を実施したいということ、そして枕を損傷した場合は

弁償させてもらいます、ということを一筆書いた書面を渡させるミロ先生でした。

文芸部たちは楽しそうに枕投げをしていました。

最初は戸惑っていた和紗もだんだんと楽しくなってきて、思うのでした。

(10個のおっぱいが揺れている、揺れ方は様々だけど、私達は揺れているんだ……)

全員で楽しく枕投げをして、その晩はみんなでぐっすり眠るのでした。

そして明けて早朝、曾根崎は宣言します。

「文化祭の恋の伝説が決まったわ……」

第16回ネタバレ

合宿から帰ると、和紗は自分の両親、泉の両親たちと、きのこ鍋を堪能していました。

泉は参加しておらず、「あれ?泉君は?」と言われるだけで戸惑う和紗でした。

隣の家では泉が和紗との関係で、ひとり悩んでいました。

昔は和紗のほうが体も大きくて力も強く、姉みたいな存在だった和紗でしたが

いつからか力も強くなり、和紗には届かないボールも難なく投げれるようになったのです。

(あの時に気付いてしまったんだよな……ああ、和紗は女の子なんだって)

自分の部屋に戻った和紗は、合宿を通して気付いたことがあると感じていました。

(私、ぶつかり合うのを怖がっていたけど、枕投げしたらすっきりした)

和紗と泉、二人はほぼ同時にカーテンを開け、目が合ってしまいます。

窓を開け軽く挨拶をするふたりです。

「合宿はどうだった?」

「楽しかったよ。あのね、島波号に乗ったよ」

それを聞いた泉は、ぱぁっと顔を輝かせます。

「もしかして緑色の?あれって昔の車体なんだよな~」

和紗は知っていました、泉は電車の中でもレトロな車体が好きなのであって、最新のものは

趣味ではないことを。

(それを知るのは私だけなんだ……)

「島波号のキーホルダー買ってきたから、今から投げるね」

「無理しないで、今からもらいに行くから」

(私の気持ち、届くかな?もしも届いたら……)

和紗は泉にキーホルダーを精一杯投げました。

泉はしっかりとキーホルダーを受け止めました。

「ありがとう……」

「じゃあね、おやすみ!」

和紗は気持ちが届いたような気がして、ドキドキが止まりません。

(届いたら私は……?)

いよいよ文化祭実行委員に、『恋の伝説』を伝える日がきました。

『キャンプファイヤーで、相手の影の心臓部分をこっそり踏みながら、「好きです」と

つぶやくと恋が叶う』

それが曾根崎の考えた伝説でしたが、それは実行委員会が最初に出した案とほぼ同じです。

「大事なのは心臓です、恋とは心で感じる気持ちと気持ちのぶつかりあいです!では心は

身体のどこにあるのか?いろんな作家が考えてきましたが、ポピュラーなのはやはり心臓、

つまり影であっても心臓をふむということは伝説になりうるのです!」

曾根崎のもっともらしい演説に、実行委員会たちも一気にのみこまれてしまいます。

「素晴らしい!では後は朗読劇でもりあげてくださいね!」

こうして伝説が決まった文芸部がすることは、文化祭での朗読劇でした。

本郷が書き出した朗読劇の脚本は、好きという思いをストレートにぶつけるものでした。

「朗読としては素晴らしいけど、さすがに少し恥ずかしいですね、誰が担当しますか?」

「……私、やります。この役を私やりたいです!」

和紗の目は強い決意にあふれていました。

その後、お手洗いで菅原氏と顔を合わせた和紗は菅原氏に言われます。

「和紗が自分から名乗り出るなんて珍しいわね」

「ごめんね、菅原氏。いろんなことあなたに言ってしまって。あれこれともやもやしたけど

私ちゃんと言おうと思うの、泉にあなたが好きだって」

和紗にもう迷いはありませんでした。

和紗の様子を見て、菅原氏は何事か思うのでした。

荒ぶる季節の乙女どもよ。4巻 感想!

文化祭への参加、そして合宿と、まさに青春ものといった巻でした。

文芸部それぞれに生じた感情に戸惑い悩みながらも、和紗は合宿を通して、やっと自分の

思いを泉に伝える勇気がもてたようです。

決意を固めた和紗を見て喜ぶどころか、逆に考え込んでしまう菅原氏。

彼女の動向が気になります。

曾根崎もひとり、天城への思いを胸に秘め、何事か計画しています。

果たして彼女たちの恋はどうなるのでしょうか?

最初から最終回・番外編まで全巻全話のネタバレはこちらから↓

1巻 1話~4話ネタバレ
2巻 5話~8話ネタバレ
3巻 9話~12話ネタバレ
4巻 13話~16話ネタバレ
5巻 17話~19話ネタバレ
6巻 20話~24話ネタバレ
7巻 25話~28話ネタバレ
8巻 29話~最終話・エピローグ(32話)ネタバレ
番外編 前編 後編

今、まんが王国で荒ぶる季節の乙女どもよ。の1巻を無料で読めるキャンペーン開催中です。

荒ぶる季節の乙女どもよ

期間限定ですので、ぜひこの機会に読んでみてください。

登録無料で3000作品読める!

まんが王国【公式サイト】☆ 今すぐ半額割引クーポンゲット ☆

半額クーポンを利用すれば全巻一気読みがまさかの半額で読めちゃいます!!

荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、荒ぶる季節の乙女どもよ。1巻分を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

ちなみにU-NEXTではアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」も無料で視聴することができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。のアニメを見る

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国