漫画ネタバレ

荒ぶる季節の乙女どもよ。6巻 【第20話〜24話】ネタバレと感想!無料で読む方法は?

荒ぶる季節の乙女どもよ。

講談社コミック「荒ぶる季節の乙女どもよ。」6巻(原作:岡田磨里 絵:絵本奈央)

を読みましたので、ネタバレと感想を書きました。

最初から最終回・番外編まで全巻全話のネタバレはこちらから↓

1巻 1話~4話ネタバレ
2巻 5話~8話ネタバレ
3巻 9話~12話ネタバレ
4巻 13話~16話ネタバレ
5巻 17話~19話ネタバレ
6巻 20話~24話ネタバレ
7巻 25話~28話ネタバレ
8巻 29話~最終話・エピローグ(32話)ネタバレ
番外編 前編 後編

荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読む方法は?

今、まんが王国で荒ぶる季節の乙女どもよ。の1巻を無料で読めるキャンペーン開催中です。

荒ぶる季節の乙女どもよ

期間限定ですので、ぜひこの機会に読んでみてください。

登録無料で3000作品読める!

まんが王国【公式サイト】☆ 今すぐ半額割引クーポンゲット ☆

半額クーポンを利用すれば全巻一気読みがまさかの半額で読めちゃいます!!

荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、荒ぶる季節の乙女どもよ。1巻分を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

ちなみにU-NEXTではアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」も無料で視聴することができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。のアニメを見る

荒ぶる季節の乙女どもよ。6巻 ネタバレ!

第20回ネタバレ

付き合うことになった和紗と泉は、家を出たところで待ち合わせをして、一緒に学校へ行く

ようになりました。

待ち合わせに遅刻しそうになり、朝ごはんを食べずに家を出た和紗ですが、泉の笑顔に

癒されるのでした。

関係が変わったことで気まずくなりそうな気がして心配でしたが、これまでと変わらず

泉と一緒にいるのは居心地が良いでした。

青空が、何気ない木が、動物が……何もかも輝いて見えます。

「和紗、立ち食いソバだって。なんか、もうお腹減ったよ。5分で食べていかない?」

にかっと笑って誘われ、心がきゅぅぅんと、ときめいてしまう和紗でした

文芸部では、曾根崎が秘かに彼氏を作り、青春を謳歌していたことを軽く責めていました。

「だまされましたよ、あんなに男子に敵意をむき出しにしていたのに」

「裏ではやることをしっかりやっていたと」

「まぁ、まぁ、みんな。曾根崎先輩がキレイになったのは恋をしたからってことで」

「そう……わたしは恋なんかで変わる女……それが曾根崎り香!」

曾根崎は立ち上がり、得意の論説を始めます。

「あなたたちは男子を誤解している。今ここで私の真実の男子の姿をいいましょう。

男子は思っていたより繊細で、想像力の欠如があって、バカみたいに純粋で真っすぐで。

私達は考えも改めましょう、男子は獣ではない、私たちと同じ人間なのだと!」

得意気に語る曾根崎ですが、今度ばかりは冷ややかに見ている文芸部です。

しかし和紗だけは違いました。

「そうなんです!男子は私たちと同じように悩んでいて、少しでも分かり合う努力をすれば

ステキな世界が待っているはずで……!」

「和紗……成長したわね……」

曾根崎と和紗だけで盛り上がっていました。

部活を終え、本郷はミロ先生と一緒に歩いていました。

「曾根崎さんと小野寺さんは勝ち組だからね、そういうときは真理を見つけた気になってる

から、優しそうに見えるけど、実は周囲への想像力は欠如しているんだよ」

ミロ先生は語ります。

「じゃあ、文学的には負け組のほうがいいみたいですね」

「そうだね、負け組の書いた文学のほうが貪欲でハングリーだから迫力があるしね」

「だったら私、いいのが書けそうです……ミロ先生は富多先生が好きなんですか?」

指摘されて、冷静な顔が一気に赤くなるミロ先生です。

「と、富多先生は笑美さんといって、お嬢さんで生まれ、生まれながらの勝ち組みたいな人

僕みたいに負け組の人間なんて相手にされません」

「勝ち組?おデブさんなだけですよ?」

「太ってない、むしろ女性はあれぐらいふんわりしていたほうが魅力的なんです」

「完全に惚れてますね」

本郷の指摘に、ミロ先生はひとりでさっさと行ってしまいました。

(ミロ先生があんな顔するなんて……ミロ先生のやれやれって眼鏡をあげる顔、苦笑いして

私を見降ろしてる顔、たまに先生ぶった顔。私は先生が……)

和紗は泉と一緒に帰ることになりました。

「うちに寄ってく?」

それはこれまでと同じ幼馴染としての誘いでしたが、今は意味が違うことに、二人とも

気付いて顔が赤くなります。

普段通りにしたくて泉の家に寄ることにしましたが、どこかぎくしゃくするふたりです。

飲み物を用意した泉は、和紗の隣か向かいに座るかで一瞬迷います。

(付き合ってるなら、きっと隣で……)

和紗が隣をチラ見したことで、泉は決意して和紗の隣に座ります。

どうにか隣同士に座ったものの、ここから何を話していいのかわからなくなります。

その時泉の手が和紗の手にふれ、泉はとっさに謝ってしまいます。

「どうして謝るの?キャンプファイヤーのときはずっと手を繋いでいたのに」

「あ、そっか、そ、そうだよね」

泉は和紗の手をそっと握り、二人はドキドキが止まらなくなります。

手をつないだものの、そこからどうすればいいのかわからず、悶々と悩みます。

悩みすぎたころ、泉の母親が陽気な様子で帰宅し、二人は慌てて離れるのでした。

百々子は菅原氏に話があると声をかけ、一緒に帰ることになりました。

「そっか、三枝との話、聞いちゃったんだね」

「初めての執着っていってたけど、菅原氏、和紗から泉君を奪いたいの?」

「まだわからない……でも他人から見たらそういう形になるのかも……」

「私……そんなの認めたくない」

「わかってる。ありがとう、私と友だちになってくれて。私の初めての友だち」

「待って!私たち友だちを失ってまで、泉君がほしいの?私たちを選んでくれないの?」

「だって、友だちとは、えすいばつ、なんて無理でしょ?」

菅原氏は小さく笑って去っていきました。

百々子は菅原氏の言葉を繰り返しています。

「友だちとはえすいばつできない……あれ?私……」

第21回ネタバレ

百々子と別れた菅原氏のところへ、三枝が電話をかけてきます。

「あれからどうだい、新菜」「まだ何も起きてませんよ」

「そうかい、実は君たち文芸部にお勧めの本があってね」

翌日の文芸部はお休みでした。

和紗は百々子と話をしていますが、文芸部がないことが少し寂しくなります。

「どこかに寄ってく?」「うん、実は買い物に……ごめん、いいや」

本当は百々子に下着選びを手伝ってほしい和紗でしたが、さすがに言えません。

「菅原氏も誘う?彼女とはどんな結果になっても友だちだって言ったよね?」

「そ、そういうことじゃなくて……」

「それにね、菅原氏が泉君を好きって、きっと間違ってるよ、そんなことあったらダメ」

いつもと様子が違う百々子の姿に和紗が戸惑っていると、百々子はやっと冷静になり

「ごめんね、今日は先に帰る」というのでした。

泉と曾根崎のクラスでは、浅田さんが元気がなくなっていました。

「浅田さん、泉君のこと本気だったんだね。和紗に意地悪しないし」

「オレと和紗のこと、そんなに話題になってるの?」

「恋の伝説を叶えたカップルの名簿があるみたいよ。どう?和紗との仲は」

「ええ、そうなの?和紗との仲は……ちょっと戸惑ってる……。今のままでもいいと思う

けど、それだと付き合ってる意味がないし……どこでジャッジしていいのかわからない」

悩む泉の言葉を黙って聞く菅原氏です。

「電車に乗りにいかない?話を聞いてあげる」

菅原氏の言葉に、嬉しくなってしまう泉でした。

菅原氏は泉と一緒に歩きながら、三枝に勧められた「星の王子様」の話をします。

「小さな星に暮らす王子様は、バラがどこにもない特別な花だと思っていた。けれど実は

どこにでもある花だと知ってショックを受ける。そこへキツネが現れ、バラと重ねてきた

時間がバラを特別なものにしたのだと告げる。孤独だったキツネは王子様と仲良くなりたい

と思っていたのに、助言したことで王子様はバラを特別なものだと気付かせてしまう……」

『新菜、君はキツネだよ。王子様がほしかったのに、結局王子様を別れてしまう』

三枝に言われた言葉でした。

菅原氏の話を、泉は黙って聞いていました。

「星の王子様ってそういう話なんだ。じゃあ、僕にとってキツネは菅原さんだな!」

泉からも言われてしまいました。

電車の中はさほど空いておらず、とある駅についたところで大勢の乗客が乗ってきます。

込み入った話ができなくなってしまった菅原氏は、泉をそっと見つめています。

そこへ背後から菅原氏の身体をさわる者がいました、痴漢です。

すぐに気付いた菅原氏は、泉にLINEして事情を話します。

『声を出さないで、恥ずかしいから。できれば、こうして私を守ってくれる……?』

菅原氏は泉の手を取ると、自らのヒップにふれさせました。

泉は自分の手が菅原氏の形のいいヒップにふれていることに赤面しますが、それは菅原氏

も同じで真っ赤になっています。

痴漢から守るためといわれては手をはねのけるわけにもいかず、困っていると菅原氏は

泉の手を撫で、さらに自分のヒップに触らせようとします。

たまらなくなった泉は、次の駅で飛び降りていき、慌てて菅原氏も後を追います。

「泉君、なんで抵抗するの?私、そんなに魅力ない?」

「そういうことじゃない、痴漢から守るためとはいえ、こういうことはダメだ!」

「でも泉君が私に相談したいことって、こういうことでしょ?和紗とする前に、私と

練習すればいいんだよ。……私としたくない?」

それは菅原氏の誘いでした。

しばし茫然とする泉でしたが、やがて決意を込めた目でいいました。

「したくない!」

「なによ、それ……さっきは勃ってたくせに……」

痛いところをつかれたところで、菅原氏は電車に飛び乗り、逃げていってしまいました。

その頃、本郷は文芸部は休みにしたと、ミロ先生にだけは連絡しませんでした。

ミロ先生と二人きりになるためでした。

「ミロ先生、一度だけ私を抱いてください。そうしたらあきらめます」

決意をこめた発言でしたが、本郷の足が震えていることに、ミロ先生は気付いていました。

「わかった、後で車で迎えにいく」

あっさり誘いにのった(ように見せた)ミロ先生に、顔を赤くする本郷でした。

言われた通り、公園で待っていると、ミロ先生が車で現れました。

「乗って」

本郷は公園のごみ箱に何かをぽいっと捨て、ミロ先生の車に乗りました。

第22回ネタバレ

和紗はその夜、少し興奮して下着選びに熱中していました。

文芸部の仲間たちが、どんな思いをしているかも知らず……。

ミロ先生のことはもうどうしても手に入れられないことは、本郷にもわかっていました。

でもだからこそ最後に印象付けたいと思い、車の中でイタズラすることにしたのです。

信号が赤になったら、ミロ先生の手をつかみ、下着をとった自分の股間に差し入れる。

そうしてミロ先生を慌てさせることで優位に立てるはず……でしたが、思惑は外れ

信号は赤になりませんでした。

車はそのまま安めのラブホテルに入ってしまいます。

そんな光景を実はこっそり見ているものがいました。

曾根崎と天城です。

曾根崎は部活が終わるまで天城を待つことにしていました。

そこへ十条が現れ、探している本があるから教えてほしい、と頼まれます。

ヒントを元にあっさり「星の王子様」であることをに気付く曾根崎を、十条は喜びます。

十条に本を探してあげたことを天城に話しながら歩いていると、本郷がミロ先生の車に

乗り込んでしまうのを目撃してしまいます。

「学校外で二人きりで会うなんて問題になるかもしれないのに……」

ふと本郷が立っていたゴミ箱に目がいきます。

そこには、おそらく本郷のものと思われるパンツが捨てられていました。

これは何かあったに違いない!ととっさに、タクシーでふたりを追うことにしたのです。

菅原氏と別れた泉は、和紗に電話をしました。

「俺さ、和紗のことが好きだよ」「え、何いきなり……でも嬉しい」

愛情を確かめ合うと、泉は電話を切りました。

「俺は和紗が好きなのに……なんでどうしてこうなるんだよ……」

菅原氏に反応してしまった自分が信じられない泉でした。

そして、ミロ先生の車が入ったのはラブホテルであることに大きなショックを

受ける曾根崎と天城でした。

第23回ネタバレ

LINEで本郷を呼び出しますが、返事がありません。

「曾根崎さん、気持ちはわかるけど、ここはヤバいよ。だれかに見られたら。それに俺も

変な気持ちになるっていうか」

「変な気持ち……?」

それが何を意味するか気付いて慌てる曾根崎です。

「ちがうんだ、曾根崎のこと大事にしたいから、こんな成り行きみたいの嫌だから……」

天城の言葉に心をわしづかみにされてしまった曾根崎は、真っ赤になりながら、ラブホテル

の側を離れるのでした。

その頃、ラブホテルの一室で本郷はミロ先生と二人きりでした。

落ち着いた様子で飲み物を飲むミロ先生に、本郷は「シャワー浴びてきます!」といって

お風呂場に逃げ込みます。

必死に対応策をスマホで調べますが、いい案が出てきません。

(ミロ先生に強く印象付けるには、いったいどうしたらいいの??)

本郷を待つミロ先生は、余裕な様子で寝そべっています。

本郷が無理していることをお見通しだからです。

そこへ本郷が制服のまま、お風呂場から出てきました。

「あれ、シャワー浴びるんじゃ……」

「止めました!ミロ先生、じっとしてください!」

そういうと、寝そべっているミロ先生の上に飛び乗りました。

上半身に自分の体をのせておさえこみ、顔はミロ先生のベルトに向かっています。

身体を抑え込まれ、下半身を奪われてしまった形に、(これはさすがにマズイ!)

とミロ先生は慌てます。

本郷はたどたどしい手つきでミロ先生のベルトを外し、ズボンのチャックを開けます。

しかし、予想に反して、ミロ先生の下半身は何も起きていませんでした。

「どうして、どうして勃起してないんですか??私はそんなに魅力がないですか?」

ミロ先生の襟元をつかみ、本郷は叫びます。

「私は富多先生みたいに大人じゃないし、ふっくらしてないし、何をしようと先が読めて

しまう子供だから、勃起しないんですか?何がダメなの?教えてよ、先生!!」

混乱する本郷の頭をミロ先生は優しく撫でます。

「ちがうんだ、ただ僕に勇気がないだけだよ。ごめんね……ひととさん」

それは大人の優しいほほえみでした。

それを見た途端、本郷はたまらなくなり、子供のように泣きじゃくるのでした。

その頃、百々子は頭の中でいっぱいになっている菅原氏にLINEを送っていました。

すぐに着信音が鳴り嬉しくなる百々子でしたが、相手は菅原氏ではなく、杉本でした。

「話がしたい」といわれ、渋々了承する百々子でした。

「お待たせ~。どこかファミレスでも入ろうか?」

相変わらず、にやけた顔で現れる杉本でした。

「この後、友だちと約束してるからここでいい。話ってなに?」

目を合わせようとしない百々子に、さすがの杉本もムッとしたようでした。

「文化祭のこと、あれ何?謝ってくれたら、心の広い僕は許してあげるし、予備校の友だち

にも上手く話してあげるよ?」

「杉本くんとそんな仲になったつもりはないわ」

「デートしたよね、おごってあげたよね?ビッチかよ」

「なんでも好きにすればいいわ。私はもう、予備校へは行かないから!」

そういうと百々子は杉本の前から去って行こうとしました。

「待てよ!」

腕をつかまれた百々子の身体に、強烈な寒気が走ります。

「さわらないでよっ!!」

手を強くはらいのけられ、杉本は唖然としています。

「君って、そんなヤバい子だったの……?」

「ヤバい子……?私は……」

その頃、泉とケンカした菅原氏は、夜の街をふらついていました。

いつもなら男がナンパしてくるのに、誰も声をかけてきません。

そこへ百々子からの電話が鳴ります。

『ごめんね、LINEの返事がほしくて』

「ごめん、急ぎだった?」

『うん、あのね、嫌いなやつにさわられて汚くなったところを、菅原氏に消毒してほしい

って思ったの……』

「百々子ちゃん、それって……」

『菅原氏、私ね、あなたのことが好きなんだ……』

菅原氏は何も言えません。

『ねぇ、何か言って?』

「ごめんね、今日の私、何も言えないの。どうしたらいいのかわからない……」

『そっか……ごめんね、電話切るね』

百々子との会話を終えると、菅原氏はその場にしゃがみ込んでしまいました。

百々子は月を見上げながらボロボロと涙をこぼし、「友だち関係壊しちゃった……」

とひとり泣き続けるのでした。

荒ぶる季節の乙女どもよ。6巻 感想!

ラブラブになったと思われた和紗と泉でしたが、長く良き友人だったために、うまく

いかないこともあるようですね。

一方、本郷、菅原氏、百々子はそれぞれに報われない恋に悩み苦しんでいます。

それぞれ大きな行動に出ましたが、上手くいかなくて、苦しみは増すばかりのようです。

それこそが恋の痛みといえますが、理解できるだけに悲しくなります。

彼女たちの思いはどうなるのでしょうか?

最初から最終回・番外編まで全巻全話のネタバレはこちらから↓

1巻 1話~4話ネタバレ
2巻 5話~8話ネタバレ
3巻 9話~12話ネタバレ
4巻 13話~16話ネタバレ
5巻 17話~19話ネタバレ
6巻 20話~24話ネタバレ
7巻 25話~28話ネタバレ
8巻 29話~最終話・エピローグ(32話)ネタバレ
番外編 前編 後編

今、まんが王国で荒ぶる季節の乙女どもよ。の1巻を無料で読めるキャンペーン開催中です。

荒ぶる季節の乙女どもよ

期間限定ですので、ぜひこの機会に読んでみてください。

登録無料で3000作品読める!

まんが王国【公式サイト】☆ 今すぐ半額割引クーポンゲット ☆

半額クーポンを利用すれば全巻一気読みがまさかの半額で読めちゃいます!!

荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、荒ぶる季節の乙女どもよ。1巻分を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

ちなみにU-NEXTではアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」も無料で視聴することができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。のアニメを見る

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国