漫画ネタバレ

荒ぶる季節の乙女どもよ。7巻 【第24話〜27話】ネタバレと感想!無料で読む方法は?

荒ぶる季節の乙女どもよ。

講談社コミック「荒ぶる季節の乙女どもよ。」7巻(原作:岡田磨里 絵:絵本奈央)

を読みましたので、ネタバレと感想を書きました。

最初から最終回・番外編まで全巻全話のネタバレはこちらから↓

1巻 1話~4話ネタバレ
2巻 5話~8話ネタバレ
3巻 9話~12話ネタバレ
4巻 13話~16話ネタバレ
5巻 17話~19話ネタバレ
6巻 20話~24話ネタバレ
7巻 25話~28話ネタバレ
8巻 29話~最終話・エピローグ(32話)ネタバレ
番外編 前編 後編

荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読む方法は?

今、まんが王国で荒ぶる季節の乙女どもよ。の1巻を無料で読めるキャンペーン開催中です。

荒ぶる季節の乙女どもよ

期間限定ですので、ぜひこの機会に読んでみてください。

登録無料で3000作品読める!

まんが王国【公式サイト】☆ 今すぐ半額割引クーポンゲット ☆

半額クーポンを利用すれば全巻一気読みがまさかの半額で読めちゃいます!!

荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、荒ぶる季節の乙女どもよ。1巻分を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

ちなみにU-NEXTではアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」も無料で視聴することができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。のアニメを見る

荒ぶる季節の乙女どもよ。7巻 ネタバレ!

第24回ネタバレ

文芸部それぞれの運命の夜を終え、いつも通りの朝がやってきました。

翌朝も泉と待ち合わせしていた和紗でしたが、嬉しそうな顔を和紗とは違い、泉の様子は

どこかおかしいのです。

手を繋がない?と手を差し出す和紗ですが、泉は「みんなに見られたら困るし」といって

手をつなごうとしません。

泉のよそよそしい態度に、表面上はにこやかにしながらも、心中では戸惑っていました。

本郷のことが心配で、曾根崎もためらいがちに登校してきます。

いつもと変わらない天城の笑顔に、救われる曾根崎でした。

昨夜、本郷がラブホテルに入ったところを見てから、天城とバスを待っていました。

なかなか来ないバスを待っていると、天城が曾根崎の手を握りました。

曾根崎の不安を気遣ってのようですが、その優しさと温かさにもっと一緒にいたい……

と思う曾根崎でした。

顔が赤くなるのをこらえながら、自分の机に座ると、机の中からクッキーが出てきました。

『おそね(曾根崎)ありがと』というメッセージ付きです。

それが十条からのお礼であるとすぐに気付きます。

先生がクラスに入ってくると、すぐに知らせがあると言い出しました。

「実は……十条が退学することになった」

ざわつく教室に、曾根崎も信じられない思いで先生を見つめます。

「今後のおまえたちの指針になるよう、あえて言っておく。十条は妊娠しているそうだ」

十条からのクッキーには、小さく『バイバイ』と書かれていたのです。

曾根崎は文芸部で怒りを露わにします。

「異性との接触が過剰だからと罪に問う。なんて愚かなの!?」

「でもその十条という人は、学生としてのルールを破ったから自業自得なのでは?

避妊もせずにしたんですから」

本郷の言葉にムッとする曾根崎です。

「たしかに十条さんは学生としては間違っていたかもしれない、でも人としては、

なにひとつ間違っているとは思わない」

「先輩、論点がずれてますよ」

「彼女はなにも隠すことなく、堂々としていたわ!」

本郷とミロ先生をにらみつけながら、曾根崎は叫びます。

意味がわからない和紗と百々子は見守ることしかできません。

「今日はここまでにします」「待ってください、中途半端は気持ち悪いです!」

曾根崎は静かに部室を出ていってしまいました。

和紗と百々子は、川辺で話し合います。

「赤ちゃんができることって本当はすばらしいことなのにね……」

「仕方ないよ、普通なら高校を卒業して結婚して子供を産む。それが普通だもん」

自らの言葉に、疑問を抱く百々子です。

「あのね、誰かとしなければ地球が滅びるって話、あれの変形なんだけど、もしもね

私とミロ先生、どちらかとしなければいけないなら、どっちを選ぶ?」

「うーん、大好きなのはもーちんだけど、ミロ先生は男だから先生を選ぶしかない?」

和紗の何気ない言葉に、ショックを受ける百々子でした。

百々子は立ち上がり、吐き捨てるように言いました。

「菅原氏に気を付けたほうがいいと思うよ、和紗」

言葉を失う和紗でした。

三枝がホテルの一室で休んでいると、菅原氏で訪ねてきました。

バスローブだけという三枝の姿にためらうことなく部屋に入れてもらいます。

「意外と足が細いんですね、私の足とどちらが細いですか?」

菅原氏はソファーに座る三枝に足をあげます。

「手を出せば少女の私が終わる……終わらせてください、終わりたいんです」

菅原氏の言葉に、三枝の目が光りました。

菅原氏の細い腰に手を当て、舌でなめながら服をめくっていく三枝です。

(今の私が嫌い。だから三枝とのえすいばつで今の私を終わらせる)

第25回ネタバレ

「どうやら曾根崎さんに見られたようですね」

「心配ありません、曾根崎先輩はいいたいことがあったら、きちんと話す人ですから」

「私も……だれにも言いません」

その言葉が何を意味するのか、ミロ先生はすぐに気付きます。

「私もバレて退学とかになりたくないですからね。才能があれば別ですけど」

「ひととさんは才能ありますから」「ネカマの親父だと思ったくせに」

それは穏やかな時間でした、ミロ先生も優しく笑っています。

(ミロ先生はラブホテルで私が泣いたことで、全てが変わったと思ったでしょう?

誤解してる。私は、あの時みじめすぎて……感じて気持ち良くなってしまった)

それは本郷にとって初めての感覚でした。

(気持ちよくなれるなら、私はまだあなたをあきらめない)秘かに決意する本郷でした。

その頃、菅原氏はホテルの一室で三枝にだきしめられ、愛撫されていました。

(少女の私を終わらせるの……)

三枝の顔が下半身からゆっくり顔に近づいてきて、キスをしようとしたときでした。

菅原氏は無意識に、三枝を殴り飛ばしていました。

なす術なく飛ばされる三枝、自分の行動に驚く菅原氏。

「ごめんなさい!」菅原氏は鼻血を出す三枝を残し、ホテルを飛び出ました。

次の文芸部部活では、出席したのは和紗と菅原氏だけでした。

今日はお開きとなり、その流れで、菅原氏とふたりきりになる和紗です。

『菅原氏に気を付けなよ』百々子の言葉を思い出し、ためらうように声をかけます。

「鼻毛がね、白かったの……」「え、はなげ……??」

菅原氏は自分が閉ざされた世界にいたことに、気付いていました。

「和紗、私ね、泉君が好き。もう知ってるよね。そして二人が両想いなのも知ってる」

改めて告白され、和紗は言葉を失います。

「それでも自分の気持ちを、一度だけでいいから泉君に伝えてみたい」

菅原氏の決意の言葉でした。

(菅原氏、告白を決意した私と同じだ……)

和紗はゆっくり数回深呼吸すると、菅原氏に笑顔を見せます。

「ありがとう、教えてくれて。私だって菅原氏がいなかったら好きだって実感したり、告白

しようと思わなかったもん。だから見て見ぬふりなんてできない」

和紗の言葉に感動する菅原氏です。

「ありがとう、あなたなら受け入れてくれるって思ってたけど、それ以上だった」

菅原氏は頬を赤く染め、恥ずかしそうに言葉を重ねます。

「あのね、告白する前に百々子ちゃんとよくやってるやつ、やっていい?」

両手を広げ、和紗が来るのを待つ菅原氏です。

「私の友よ……」しっかりと抱きしめ合い、友情を確かめ合うふたりでした。

……と思ったのは菅原氏だけで、和紗はひとりになると泣き叫びながら走っています。

(受け入れたくなかったよぉ!でも拒否しても告白するなら、受け入れるしかないもん。

恥ずかしそうにしてた菅原氏……かわいすぎるぅぅ!)

和紗は息を切らしながら、お隣りの泉の家のインターホンを鳴らしていました。

(下着……来なかったけど、告白される前に……)

それは和紗の決意でした。

第26回ネタバレ

「和紗、何かあったの?そんなに息を切らして」

ぜいぜい言っている和紗を心配する泉です。

「あ、あのね、急に顔が見たくなって」「そ、そっか。親いないけど、どうぞ」

まんざらではない泉は、少し嬉しそうに泉を家に招きます。

「あのね、泉の部屋に行かせて!」「え……」

和紗は泉の机に座り、菅原氏の告白のことを考えていました。

(告白する前は菅原氏なら取られてもいいって本当に思った……でも『好き』って言って

もらえた今は……誰にも泉を取られたくない!)

「和紗、何してるの!?」

泉が慌てて部屋に走ってきました。

「ひょっとして私がえっちなブルーレイ、探してると思った?」

図星だった泉は、恥ずかしそうです。

和紗は立ち上がり、泉に向かって歩き始めます。

「あの時はわたしとしたくないって言ったけど、今は私と……どう?」

泉の前まで来ると、和紗は顔をあげ、目をつむりました。

和紗は緊張でぷるぷるとふるえています。

「和紗、鼻毛が見えそうだよ……」

急に恥ずかしくなった和紗は飛び離れます。

「ひ、ひどいよ」「いや、からかってるのかなって」「真剣だよ!泉と……したいの」

ストレートに言われ、顔が赤くなる泉です。

「もしかして、菅原さんに何か言われたの?」

「……なんで今ここで、菅原氏が出てくるの……?彼女と何かあったの?」

「そ、そうじゃなくて。和紗が大事だから……落ち着こう、ね?」

しばし言葉を失っていた和紗ですが、「私、帰る……」とふらふら帰っていきました。

去っていく和紗の後ろ姿に、何も言えない泉でした。

隣の自宅に帰ると、和紗に届け物がありました。

それは秘かに注文していた、えっちな下着でした。

急に恥ずかしくなった和紗は、えっちな下着をハサミで切り刻み始めます。

(小さくなって、消えてしまえ!)

その頃、曾根崎は自宅の部屋で、彼氏と天城とスマホで話をしていました。

文学的な曾根崎の言葉も静かに聞いてくれる天城ですが、自らを卑下する言葉を口にしよう

とすると、『ダメ、オレの好きな人を悪く言わないで』と口をはさむのでした。

幸福感に包まれる曾根崎ですが、そこへ曾根崎の母がすごい剣幕でやってきます。

「り香、あんた!なんて恥ずかしいことをしたの!」

それはあまりに突然の出来事でした。

第27回ネタバレ

学校に登校すると、臨時全校集会が開かれるといわれ、体育館に集まる学生たちです。

校長先生が壇上に立つと、唐突に述べました。

「え~本日より、本校は男女交際を禁止します!」

それはあまりに突然の宣告でした。

受け入れられない生徒の不平不満が飛び交いますが、教頭先生が一喝します。

「お黙りなさい!『不純異性交遊禁止』ですよ!不適切な行動が報告されたものには、

その都度処分していくので、そのつもりで。以上、解散!」

戸惑う生徒たちの中で、ひとつの情報が飛び交います。

「知ってる?天城と曾根崎が退学だって。今、呼び出されてるって」

「え、なんで?」「あの二人、ラブホテルの前でうろうろしてたんだって……」

曾根崎を心配して、一同に集まる文芸部たち。

校長室から出てきた曾根崎を見かけますが、母親と一緒だったため、声がかけられません。

「きっと私のせいだ……」「本郷先輩?」「とにかく退学なんて!校長先生に直談判する」

校長室に行くと、一足早くミロ先生が校長先生、教頭先生と話をしていました。

「つまり、天城君と曾根崎君の行動は、君に注意しようとしていたから、なのだね?」

「はい、僕が結婚を考えている女性と、私的にホテルを利用していたところを見てしまい、

潔癖な曾根崎さんが注意したくて、あのような行動をしたのです。処分するなら僕を」

「お話はわかりました。真実であっても、ふたりへの処分は変更しません」

どうやら学校は、曾根崎と天城を見せしめとして退学にしたいようです。

「許せない……!」

それは文芸部一同、同じ気持ちでした。

その後、ミロ先生が部室に行くと、本郷がひとり残っているだけでした。

「文芸部で緊急会議を行っていました」

「本郷さん、曾根崎さんのことは、僕がなんとかしますから」

「先生……高校生って変な時期ですよね、大人でもなく、子供でもなく、売りにも足かせ

にもなる。でもかけがいのない時期です。だから待ってるなんて、できないんです」

ミロ先生の背後から、和紗が突然襲いかかります。

「あっれぇ、こうすると気絶するんじゃないの?」「やっぱりクロロホルムがないと」

「こうなったら力業でいくよっ!」

暗くなった校舎の会談で、和紗は泉に電話をします。

「私、今から罪を犯す。きっとこれ以外に方法はないから」「ちょ、待って、和紗!」

そこへ菅原氏が来ました。「今の泉君?私が告白するの、少し先になりそうね……」

学校の駐車場に、続々と先生たちが集まってきました。

先生たちは突然、文芸部から送りつけられたメールで集まってきたのです。

「文芸部!ふざけたことをするんじゃない!」

文芸部は一列に並び、先生たちを校舎から見下ろします。

「私たちはここに宣告する!男女交際禁止の撤回、曾根崎部長への不当な退学処分の撤回と

謝罪を要求し、受け入れられるまでここに立てこもる!山岸先生は人質として確保した!」

縄でぐるぐるに巻かれ、口をふさがれたミロ先生が、ひっぱりだされました。

それは文芸部たちの運命を決める革命でした。

最初から最終回・番外編まで全巻全話のネタバレはこちらから↓

1巻 1話~4話ネタバレ
2巻 5話~8話ネタバレ
3巻 9話~12話ネタバレ
4巻 13話~16話ネタバレ
5巻 17話~19話ネタバレ
6巻 20話~24話ネタバレ
7巻 25話~28話ネタバレ
8巻 29話~最終話・エピローグ(32話)ネタバレ
番外編 前編 後編

荒ぶる季節の乙女どもよ。7巻 感想!

いよいよクライマックスが近づいてきました。

気持ちに決着がつかない菅原氏、百々子、本郷はまだ苦しみの中にいます。

幸せであったはずの和紗、そして曾根崎も運命は大きく変わろうとしています。

曾根崎の不当な退学処分を消めた大人たちを許すまい、と立てこもりを決めた文芸部

彼女たちの覚悟が伝わってきます。

果たして曾根崎は無事に学校を卒業できるのか、そしてそれぞれの気持ちはどうなるのか。

次巻、最終巻です!

荒ぶる季節の乙女どもよ
荒ぶる季節の乙女どもよ。8巻 【第28話〜最終話】ネタバレと感想!無料で読む方法は?荒ぶる季節の乙女どもよ。8巻 【第28話〜最終話】ネタバレと無料で読む方法をまとめました。アニメも無料視聴できます!...

今、まんが王国で荒ぶる季節の乙女どもよ。の1巻を無料で読めるキャンペーン開催中です。

荒ぶる季節の乙女どもよ

期間限定ですので、ぜひこの機会に読んでみてください。

登録無料で3000作品読める!

まんが王国【公式サイト】☆ 今すぐ半額割引クーポンゲット ☆

半額クーポンを利用すれば全巻一気読みがまさかの半額で読めちゃいます!!

荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、荒ぶる季節の乙女どもよ。1巻分を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

ちなみにU-NEXTではアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」も無料で視聴することができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。のアニメを見る

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国