漫画ネタバレ

荒ぶる季節の乙女どもよ。8巻 【第28話〜最終話】ネタバレと感想!無料で読む方法は?

荒ぶる季節の乙女どもよ

講談社コミック「荒ぶる季節の乙女どもよ。」8巻(原作:岡田磨里 絵:絵本奈央)

を読みましたので、ネタバレと感想を書きました。

最初から最終回・番外編まで全巻全話のネタバレはこちらから↓

1巻 1話~4話ネタバレ
2巻 5話~8話ネタバレ
3巻 9話~12話ネタバレ
4巻 13話~16話ネタバレ
5巻 17話~19話ネタバレ
6巻 20話~24話ネタバレ
7巻 25話~28話ネタバレ
8巻 29話~最終話・エピローグ(32話)ネタバレ
番外編 前編 後編

荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読む方法は?

今、まんが王国で荒ぶる季節の乙女どもよ。の1巻を無料で読めるキャンペーン開催中です。

荒ぶる季節の乙女どもよ

期間限定ですので、ぜひこの機会に読んでみてください。

登録無料で3000作品読める!

まんが王国【公式サイト】☆ 今すぐ半額割引クーポンゲット ☆

半額クーポンを利用すれば全巻一気読みがまさかの半額で読めちゃいます!!

荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、荒ぶる季節の乙女どもよ。1巻分を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

ちなみにU-NEXTではアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」も無料で視聴することができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。のアニメを見る

荒ぶる季節の乙女どもよ。8巻 ネタバレ!

第28回ネタバレ

校舎にたてこもることを決めた生徒たちに慌てた先生たちは、校舎に突入しようとします。

「校舎に足を踏み入れれば、山岸先生の命はないっ!!」

本郷の苦肉の策でした。

「あなたたち、何をしてるの!?」

そこへ曾根崎が、天城と共に走ってきました。

「私を守ろうとしてくれるのは嬉しいわ、でもこんな真似はやめて!」

曾根崎の言葉に罪悪感を感じたのか、校長先生が教頭にいいます。

「曾根崎君たちの退学だけでも撤回したら?」「今止めたら見せしめにならん……あ」

本音をうっかり口にしてしまったことで、文芸部たちからの冷ややかな視線が送られます。

「もはや曾根崎先輩だけの問題じゃないんです!もう電車は動き出してしまったんです!」

少女たちの決意が固いことを知ると、ちょうど土日をはさんでいることを確認した校長と

教頭は、一旦少女たちを学校に放置することを決めます。

「しばらく頭を冷やしなさい!山岸先生、彼女たちを頼みますよ!」「「はぁぁ~??」」

先生たちの態度に茫然とする文芸部たちを置いて、先生たちは次々姿を消してしまいます。

「とりあえず中に入れて!話をしましょう」

曾根崎が叫びますが、天城と手を繋ぎ合っているのを見た本郷は、「来なくていいです」

と断ってしまいます。

本郷に断られた曾根崎は、天城に協力を頼むのでした。

文芸部の四人は、ぐるぐる巻きのミロ先生を横に置き、話し合います。

「これからどうします?」「先生たちは週明けに解決するつもりですね」

「曾根崎先輩の問題はでっちあげだから、学校も公にはしたくないはず。勝機はそこです」

ミロ先生が口をはさみます。

「これ以上、犯罪行為を重ねるのは止めなさい!君たちも退学にされてしまうんだよ?」

先生の言葉に少し元気がなくなる文芸部ですが、誰も止めようとは言いませんでした。

予め買っておいたカップラーメンで食事を取ることにしました。

「やっぱり早まったかな……」「もう止められないよ、動き出したんだから」

言い出したのは本郷でしたが、誰も少しも迷わなかったのです。

そんな中、和紗は百々子と菅原氏の態度が少しおかしいことに気付きます。

そのときLINEの着信音が鳴り響きます。「どうしよう、泉が学校に来るって!」

第29回ネタバレ

泉が学校に来るというラインに慌てる和紗です。

それを見ていた菅原氏がつぶやきます。「告白するなら今なのかも」

泉は血の気が引き、百々子は「はぁ?」と叫びます。

「こんな時に告白って!和紗の気持ちはどうなるの?」「和紗には報告済みだから」

「いつ聞かれたの?」「7日……」それは百々子が菅原氏に告白した、すぐ後でした。

「私が菅原氏に言ったから、泉君に告白しようと思ったの?」

百々子の言葉に、菅原氏はこくりとうなずきます。

「なにそれ、私が菅原氏の後押ししたってことなの?私、バカみたいじゃない!」

ショックで混乱する百々子を、菅原氏は必死になだめようとします。

「告白しないで!私のこと傷つけたくないなら。誰かのものになってほしくないもん!」

驚いた和紗に声をかけられ、我に返った百々子は暗い校舎を逃げていきます。

菅原氏と和紗は必死に後を追い、菅原氏は抱き着いて百々子を止めます。

「なんで、私を簡単に抱きしめるの?私が男だったら、そんなことしないよね!?」

わめく百々子を落ち着かせようと、菅原氏は声をかけます。

「もーちん、私はただ泉君に好きだって言いたいだけなの!」

「ひぅ?」

声をあげたのは、窓から侵入してきた泉でした。

「今の聞いたの?」「え、えっと。うん……」顔を赤くする泉です。

百々子は立ち上がり、泉に向き合います。

「話を聞いてたなら、ここではっきり言って。好きなのは和紗で、今すごく幸せだって」

「うん、もちろんそうだよ」泉はしっかりとうなずきます。

「それなら、菅原氏に言ってあげて。告白されたって好きにはならないって」

「もーちん、そんなこと……」和紗は慌てて止めようとします。

「泉くんがはっきりしないと、二人ともかわいそうだよ!」

百々子の言葉に、泉は決意したようでした。

「オレが好きなのは和紗だ。でも性的に興奮するのは、菅原さんだ……」

最終話 前編(30話)ネタバレ

「好きなのは和紗だけど性的な興奮はない、菅原氏には性的な興奮しか感じられない」

「あまりに酷い言葉だわ!」

叫んだのは、同じく窓から侵入してきた曾根崎でした。

「たしかにこれは、女にとってはつらい発言ですね」

本郷もミロ先生を伴って現れます。

「私はかまいません」そう言ったのは、体だけといわれた菅原氏でした。

「今は体だけでもいいんです、だって性欲と感情は密接に繋がりあってるから」

「菅原氏、前は『男子は感情と性欲は別に考える』って話してたよ?」

「私、口だけだった。泉君にさわられた時、性的に興奮してすごく熱かったもの……」

菅原氏の発言に、和紗はショックで、へたり込んでしまいます。

「なんてことかしら!可愛い後輩たちが色狂いになってしまった!」

曾根崎が叫び、それを聞いた本郷が横から口を出します。

「色狂いって?」天城がきょとんとした顔で質問します。

「情欲が強く、常軌を逸脱した行動をとることよ!」

曾根崎は顔を赤くしながら説明します。

「ちなみに先輩の彼氏さん、男女でさわった経験は?」

「えっと、胸だけなら、あるよ?」

それは潔癖な曾根崎が相手ではありませんでした。「不潔!あっちに行って!」

混乱する面々に、和紗が叫びます。「戦いませんか!」

「私、今すごくモヤモヤしてます。最近はずっとこんな感じだけど、合宿のときの枕投げ

ですごくスッキリしたんです。だから戦いましょう!」

曾根崎が抵抗します。「私たちは文芸部なのよ?言葉で話し合わないで戦うって!」

見兼ねたミロ先生が、仲裁案を出します。

「曾根崎さんを不当な退学から救うために集まったのに、今はえすいばつにとらわれてる。

今は全員で力を合わせないと。文芸部らしい解決法を模索しましょう……」

場面は少し変わり、文芸部と泉、天城たちは『色鬼』を始めていました。

ミロ先生の提案とは『色鬼』、けれど普通の色鬼とは少し違いました。

「色というのは人によって判断が変わるものです、それぞれが『自分の視点』をさらけだす

ことで、話し合いに近い形になるのではないでしょうか?色鬼なら戦いでもありますし。

あなた方は今、はじめての感情に名前をつけようとしています。それと同じです、それぞれ

の色の名前に修飾語で飾って、各自の心の色を晒し合うんですよ」

最初の鬼は本郷でした。「開けゆく空に、ため息をついた……『灰色の満月』!」

各自、色を探して走り出します。

百々子は本郷のいう色を探しながら、自分を振り返ります。

(私は女の子を好きになったことなんてなかった。それどころか恋も知らなかった。

私の今の気持ちは、本当に恋と呼べるものなの……?)

そんな百々子を本郷が背後からタッチします。

「はい、次は百々子が鬼!百々子が触ろうとしてたブックエンドは、灰色の満月ではなく

コンクリートの灰色だもん」「そんなの言いがかりですよ!」

百々子は抵抗しますが、ミロ先生が助言します。

「この色鬼は、鬼の視点を受け止め、理解していくことが大事なんですよ」

鬼として次の色を求められた百々子は、菅原氏の顔をちらりと見ます。

「菅原氏のことを考えると熱くなって夜も眠れなくなる、百々子の桃色!」

その言葉に、菅原氏が飛び出します。そして数を数え終えた百々子が後を追います。

(私にもこれが恋なのかわからない。でも……菅原氏が私の心の色を必死に探してくれる。

それだけで泣けるぐらい嬉しい……)

菅原氏は必死に「百々子の桃色」を探していますが、よくわからないようでした。

「もういいよ、菅原氏。私だってよくわからないもん」

「それでも見つけたい。だって百々子ちゃんとは、これからもずっと友だちでいたいから」

その言葉だけで、百々子は十分でした。桃子は菅原氏を優しくだきしめ言いました。

「今度は菅原氏が鬼ね!」

鬼になった菅良氏は次の色を指定します。「私たちは、青い群れ」

その言葉に、今度は和紗が走り出します、やがて菅原氏、続いて百々子が走っていきます。

生徒が本郷以外いなくなったことを確認すると、ミロ先生はその場で寝転がりました。

「あー疲れた」「先生はやっぱり先生なんですね、ちゃんと顧問をやってくれる」

「仕方ないですよ、こういうのは役割分担ですからね、僕はあくまで脇役なんです」

ミロ先生は、本郷を見つめています。「本当に面白い人ですね、ひととさんは」

(ミロ先生への思いが叶わないなら、せめて先生に面白い人と思わせて印象付けたい)

それは思いが成就しないとわかっている本郷の切ない願いでした。

「こんな中途半端はダメですよ、面白くないです、山岸先生」

『ミロ先生』ではなく『山岸先生』といった本郷の顔は、満足そうに微笑んでいました。

その頃、和紗と泉は暗闇の中、共に『青の群れ』を探していました。

もう少し詳細な最終話前編のネタバレはこちら

荒ぶる季節の乙女どもよ最終話後編ネタバレ!全巻全話ネタバレまとめも!荒ぶる季節の乙女どもよ。の最終話ネタバレと1話から最終話まで全巻全話のネタバレをまとめました。...

最終話 後編(31話)ネタバレ

和紗はこれまでのことを思い出していました。

菅原氏が「セックスです」と発言したときからずっと、周囲がわからない暗闇の中を

必死にもがいていたことを。

顔をあげると、満月が校舎を照らしていました。

(私たちは暗闇の中ではなく、青の中にいたんだ……)

「この色がほしい」「この色なんだけどなぁ」

和紗と泉、ふたりの言葉と視点は同じでした。

「和紗、話を聞いて。菅原さんに性的な興奮はするけど、本当にしたいわけじゃないんだ。

俺、自分の気持ちや性欲がよくわかってなくて。だから和紗や菅原さんを不安にさせた。

和紗とはずっと家族で、まだすぐに性的には見れないっていうか。かといってすぐには

変えたくないんだ、これからもずっと一緒にいたいから、変わるのが怖くて……」

それは和紗と全く同じ思いでした。

「わかるぅ!性的なことに興味はあるけど、やっぱり怖いし。でもいつかは……って」

「そうなんだ、和紗は可愛いし」「そうなの、泉はカッコイイし」

二人は赤面し、同じ思いを抱えていたことに気付かされます。

「俺、菅原さんに謝りたい。菅原さんを性的に見てるってわかったとき、自己嫌悪だった」

「私も同じ……菅原氏をお風呂で見た時、えっちな気分になったもん」

お風呂と聞いて顔を赤くする泉を、和紗が「想像しないで」と止めます。

「私たちね、これからも何度も迷うと思う。でも同じ気持ちと言葉があるってわかったから

きっともう大丈夫」「うん、俺もそう思うよ」

和紗と泉、ふたりは共ににっこりと笑いました。

その様子をずっと影から見ていた菅原氏、百々子、本郷が姿を見せます。

菅原氏は少し悲しそうでしたが、何かが吹っ切れたような微笑みを見せました。

本郷が仕切るように言いました。「さて、ズルしてる奴らを見つけにいきますか」

音楽室で曾根崎はずっと泣いています。

そんな曾根崎を天城はずっとなぐさめます。

「キスの経験はあるの?」「あるかも……」

「ああもうなんで正直なの?天城君がすでにいろんなことを経験済みなんて!」

天城は曾根崎の顔をそっと支えると、その額にキスをしました。

「キスでごまかすつもり?」「額にキスは経験ないな、って。額でもドキドキしたよ……」

天城の微笑みにときめいた曾根崎、ふたりは引き寄せられるようにキスをしようとします。

「はーい、隠れてるのも色鬼は反則ですよ~」本郷が二人を止めるようにつぶやきました。

全員に見つめられていたとしり、真っ赤になる曾根崎と天城でした。

「男子がいるとダメですね、男子は帰ってください。ミロ先生も解放したので」

泉と天城を帰らせると、今度こそ本当に文芸部だけになり、話し始めます。

「あーあ、私も『この青だ』って思ったのになぁ」菅原氏が言いました。

「聞いてたの?」和紗が答えます。「うん、悔しいなあ」「ごめん」

「私も悔しい!」百々子の言葉に、今度は菅原氏が謝ります。

「もう謝るのは止めましょう。私達はみな罪人なのだから」曾根崎が言います。

「はぁ……なんか燃え尽きたって気がする。青というより白」本郷がつぶやきます。

「燃え尽き症候群の白ですね」和紗と百々子が同時にいいます。

「私は『白痴』坂口安吾」と本郷、「私はドストエフスキーかな」と菅原氏。

最後に曾根崎がいいます、「私にとって白は……」

世が明けると校長や教頭先生がやってきました、富多先生も朝マック片手に来ました。

そこへ解放された山岸先生が姿を見せます。

「おお、では彼女たちもようやく落ち着いたんですね」「どうでしょうか……」

校舎には学校の横暴を暴いた垂れ幕が、いくつもぶらさがっていました。

書いたのは文芸部です。

「純潔の白……けがれなく清らかなこと」曾根崎が言います。

「ウェディングドレスは白で、『あなた色に染まる』っていいますね」と本郷。

「私たちはこれからどんどん汚れていくのかしら?」

本郷の問いに、和紗が力強く否定します。

「そんなことないと思います!校舎を支配していた青が白い光に照らされたら、色で

あふれました。こんなにたくさんの色が眠っていたんですよ」

様々な色のペンキで垂れ幕を作ったため、教室は色であふれていました。

和紗は思います。

『染まるのではなく、汚されていくのでもない。新しい気持ちが芽生えると、自分でも

知らなかった元のいろが、たくさんあふれてくるんだ……』

学校に反旗をひるがえした文芸部は、心地良く眠ってしまいます。

その光景を見ていた山岸先生は微笑みます。

「ああ、いい具合に荒ぶってますね、彼女たち」

~おわり~

もう少し詳細な最終話後編のネタバレはこちら

荒ぶる季節の乙女どもよ最終話後編ネタバレ!全巻全話ネタバレまとめも!荒ぶる季節の乙女どもよ。の最終話ネタバレと1話から最終話まで全巻全話のネタバレをまとめました。...

エピローグ(32話)ネタバレ

季節は過ぎていきました。

高校を無事に卒業した曾根崎は、十条が無事に赤ちゃんを産んだ写真を見ながら

大学の入り口で、今日も天城と待ち合わせをしています。

文芸部には新入生が入部し、朗読劇の練習に力を入れています。

一年生を交えた朗読劇は、山岸先生と富多先生の結婚式の余興のための練習でした。

その光景を、本郷は幸せそうに微笑みながら見守っています。

和紗、百々子、菅原氏の3人は仲良く3人で下校しています。

泉と会うために二人と離れた和紗を見送りながら、菅原氏は少し寂しそうです。

そんな菅原氏の肩をつつき、ファーストフード店に入ろうよ!と手招きで誘うのは

百々子でした。

百々子と菅原氏は、嬉しそうにお店に入っていきます。

泉とふたりになった和紗は、手を繋ぎ楽しそうに話しながら電車を眺めます。

そして最後に和紗がつぶやきます、「入った……」

~おわり~

最初から最終回・番外編まで全巻全話のネタバレはこちらから↓

1巻 1話~4話ネタバレ
2巻 5話~8話ネタバレ
3巻 9話~12話ネタバレ
4巻 13話~16話ネタバレ
5巻 17話~19話ネタバレ
6巻 20話~24話ネタバレ
7巻 25話~28話ネタバレ
8巻 29話~最終話・エピローグ(32話)ネタバレ
番外編 前編 後編

荒ぶる季節の乙女どもよ。8巻 感想!

とうとう最終巻です。

おさまるところにおさまった形ですが、すっきりした終わり方でした。

最後に学校に反旗を翻すところが、文芸を愛する彼女たちらしくて、とても

面白かったですね。

美しい文学と性は切り離したくても切り離せない関係、それはまさに人間そのものと

いえる気がする最終巻でした。

今、まんが王国で荒ぶる季節の乙女どもよ。の1巻を無料で読めるキャンペーン開催中です。

荒ぶる季節の乙女どもよ

期間限定ですので、ぜひこの機会に読んでみてください。

登録無料で3000作品読める!

まんが王国【公式サイト】☆ 今すぐ半額割引クーポンゲット ☆

半額クーポンを利用すれば全巻一気読みがまさかの半額で読めちゃいます!!

荒ぶる季節の乙女どもよ。を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、荒ぶる季節の乙女どもよ。1巻分を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

ちなみにU-NEXTではアニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」も無料で視聴することができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
荒ぶる季節の乙女どもよ。のアニメを見る

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国