漫画ネタバレ

アルキメデスの大戦233話ネタバレ!嫉妬に狂った男は狂犬になる!

2020年9月14日発売の週刊ヤングマガジン42号掲載の【アルキメデスの大戦】についてまとめました。

アルキメデスの大戦最新話を無料で読む方法は?

アルキメデスの大戦最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アルキメデスの大戦最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料
今すぐU-NEXTに登録して
アルキメデスの大戦最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

大和の前で出会った櫂と渡辺春彦。

鏡子の婿である春彦は、櫂が過去に鏡子の家庭教師をしていたことを知っています。

そして彼女が櫂のことを愛していたことも…。

だからこそ顔を見ただけで胸糞悪い奴だと思っていました。

さて春彦との挨拶を済ました櫂は、尾崎社長に日本の命運が懸かっている「戦艦大和」を、無事完成させてほしいと必死に頼みました。

大和を完成させることは日本に平和と安定をもたらすことに繋がります。

尾崎社長は全力尽くすことを約束!上手くいけば来年には大和の勇姿を拝めるかもしれません。

大和の完成によって櫂に更なる出世の可能性がありますが、そんな野望などないのが櫂という男。

寧ろ出世を望んでいるのは「大和計画」を実質的に指揮してきた桑野のほうです。

設計者として海軍史上に毅然と輝くようになる大いなる目標がある桑野。

思うのは自由ですが櫂は平和に生きていければ、それで良いのです。

しかし本人はそう思っていても大和計画が順調に進んでいること自体、春彦には気に食いませんでした。

それは憎き櫂が関わっているからに他なりません。

ある日のこと、興洋銀行の春彦の元に尾崎社長が訪れました。

大和建造の為に新たな融資を頼む為ですが、これ以上の借り入れは経営が傾く危険領域です。

尾崎社長は大和計画が国の保証する事業で、次の工期が終わればその分は支払われ、返済が滞ることはないと説明しますが…。

担保が底を突き信用保証がないと難しいと突き放す言い方をします。

貸せるにしても短期融資、結局検討すると言っただけで話がまとまりませんでした。

実は尾崎造船常務の中川泰造と春彦は裏で繋がっていました。

海軍の査察では表の帳簿だけ承認を得て、裏帳簿は中川によって厳重な管理がされていたのです。

興洋銀行銀行から自宅に帰る途中、春彦は大和の建造現場を再び目にしました。

大和が完成し櫂が出世するのは面白くないことです。

春彦の思惑を知らない櫂は、大和完成に期待を寄せています。

大和を米国に売却することは和平協定の締結、更には武器供与により日米関係の強化に繋がるからです。

日本の国際的立場は上昇し平和と安全が確保されるのは確実!

その時こそ海軍を辞める時だと思っています。

場面が変わり屋敷に帰った春彦は、鏡子に櫂と会ったことを伝えました。

櫂のことを随分と気にする鏡子は未だに彼のことを想っているようで、春彦は猛烈に嫉妬し何かを企んでいる様子…。

アルキメデスの大戦232話のネタバレはこちら

遂に櫂への恨みを爆発させた春彦!大和に関わることで何か思惑が?

新聞を読むふりをして鏡子の様子を伺う春彦。

当の鏡子は夫の視線を感じたような気がしてなりません。

櫂の無事を聞いてほっとした表情を見せた時、何かの思惑を巡らしたのではないか…。

そこまで気を回すとは考えられませんでした。

でも春彦は新聞の裏で忌々しい櫂が鏡子の前から消えて失くなればいいと思っています。

自らの手で櫂をめちゃくちゃに出来れば最高に気分がいいだろうと春彦。

そこで考えたのは「戦艦大和」に関わることです。

あの戦艦をどうにか出来ればもしかして…。

春彦は思案を巡らします。

櫂の予言は当たる?そしてヒトラーは世界を破滅に導く男!

アメリカのホワイトハウスには、日本政府が和平案を全条件承認した情報が入ります。

大統領執務室には大統領のルーズベルトと国務長官コーデル·ハルに、経済学者のエリック·ガードナーの3名がいました。

日本政府それも軍が全条件を受け入れたのは驚きで、ガードナーは誰かが巧妙に説得した結果だと考えます。

ルーズベルトの脳裏には櫂の顔が浮かびました。

米国を相手に交渉したあの男なら、政府や軍を言いなりにすることも不可能ではないはずです。

2つの国がたった一人の男に手玉に取られている気がするものの、日本が合意を承認したからには和平へ踏み出すしかありません。

今後の進め方をルーズベルトが質問すると、細かい項目を文章化したり擦り合わせの交渉に入ると部下達は答えました。

そして本国の代表は勿論櫂、いちいち難癖をつけてくる可能性は十分考えられます。

正式調印までは半年から1年、状況が変化しないとも限りません。

国務長官はヨーロッパは戦争状態にあると言いますが、独仏国境での武力衝突は確認されていない状況です。

英仏両政府は対独戦に消極的で、ポーランド分割後の対独和平工作に期待している可能性もあります。

しかし櫂はヒトラーが世界を破滅に追いやる男だと言っていました。

ヒトラーに会ったことのある櫂は、必ずフランスに攻め込みパリを墜落させるともルーズベルトに話しています。

だからこそ予言が当たる気がしてならないのです。

世界を救うという大きな目標を達成するには、来年の大統領選挙に是が非でも勝たなければなりません。

ルーズベルトにとって選挙前に日米開戦の危機が遠ざかったのは良い情報です。

とにかく選挙に勝ちさえすれば何だって出来ます。

一方の国務長官は欧州戦線は不安定なので、状況次第で動きを考える必要があると思っていました。

日米開戦の可能性を模索しているのは、今のところ経済学者のエリック·ガードナーだけでした。

いずれにせよ米国に大きな動きはなく、基本的には静観する模様です。

着任早々隣人トラブルの予感!黒沼の目的とは一体何なのか!?

さて当の櫂はというと山口県岩国柱島に停泊中の連合艦隊に正式に赴任することになりました。

その為「戦艦長門」に乗船し、山本五十六·連合艦隊司令長官以下、福留繁·参謀長と徳永栄·長門艦長に挨拶をすることに。

2人の幹部は無言、山本長官だけは「ご苦労…職務に励むように」と一言だけ返事をしてくれました。

海兵に部屋へ案内された櫂の耳に、突然「キィエエエ」という声が聞こえます。

どうやら連合艦隊先任参謀の黒沼大佐のようです。

部屋が隣なので挨拶に訪れた櫂は、褌一丁で妙なポーズを取る黒沼と、資料で散らかった室内に驚きます。

すぐに冷静さを取り戻し挨拶すると、黒沼は櫂のことを知っている模様。

「やっと会えた!待ってたんだよ君が来ることを!」と興奮する黒沼。

一体櫂に何の用があるのか!?

 

アルキメデスの大戦最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アルキメデスの大戦最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料
今すぐU-NEXTに登録して
アルキメデスの大戦最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

アルキメデスの大戦233話嫉妬に狂った男は狂犬になる!の感想

櫂は春彦が鏡子の夫だということを苦々しくは思っていませんでした。

でも鏡子は櫂を忘れられないようで、春彦は嫉妬に狂ってしまいます。

狂うだけならまだしも大和に関わる何かの妨害をし、櫂をめちゃくちゃにしてやろうとは恐ろしいです。

なんだか櫂が気の毒に思えてきました。

米国はまだ櫂が連合艦隊に移動させられたことを知らないようですね。

また今後大和計画が行き詰まるようなことになれば、米国との和平協定にも影響が出ます。

さて長門に乗船した当の櫂に迫る人物が一名。

彼はどんな人物で何の目的があるのかも非常に気になります。

ますます面白い展開になってきました。

次回のアルキメデスの大戦【234話】が掲載される週刊ヤングマガジン43号は9月19日に発売されます。

アルキメデスの大戦234話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍