漫画ネタバレ

アルキメデスの大戦234話ネタバレ!長門の変人参謀黒沼登場!

2020年9月19日発売の週刊ヤングマガジン43号掲載の【アルキメデスの大戦】についてまとめました。

アルキメデスの大戦最新話を無料で読む方法は?

アルキメデスの大戦最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アルキメデスの大戦最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料
今すぐU-NEXTに登録して
アルキメデスの大戦最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

春彦は尾崎財閥の元家庭教師だった櫂に、鏡子が未だに想いを寄せていることに気付いていました。

当の鏡子も櫂の無事を聞いてほっとした表情を見せたから、何か陰謀を巡らしたのではないかと疑います。

気のせいかと思うものの、春彦は櫂をめちゃくちゃにしてやりたいと怒りを増幅させていました。

確か憎き男は「戦艦大和」に関わっていたはず!ならばあれをどうにか出来れば櫂を追い落とすことが出来るかもしれません。

一方アメリカのホワイトハウスには、日本政府が和平案を全条件承認したニュースが入り、最高幹部らが話し合っていました。

日本政府それも軍が全条件を受け入れたのは驚きで、ガードナーは誰かが巧妙に説得した結果だと考えます。

恐らくこの和平案は櫂の考え、米国を相手に交渉したあの男なら政府や軍を説得することも出来るはず!

ともあれ相手国が承認したからには、細かい項目を文章化したり擦り合わせの交渉に入らなければいけません。

正式調印までは半年から1年、独仏国境での武力衝動は確認されておらず、英仏両政府は対独戦に消極的です。

しかし櫂はヒトラーがフランスに攻め込みパリを墜落させると話していました。

ヒトラーと会ったことがあると言っていましたし、大統領のルーズベルトは櫂の予言が当たる気がしてなりません。

世界を救う目標を達成するには大統領選に勝たなければいけないものの、勝ちさえすれば何でも出来ます。

いずれにせよ現在の米国は事態を静観する模様です。

当の櫂は連合艦隊旗艦「戦艦長門」に乗船し、山本五十六·連合艦隊司令長官以下幹部らへの挨拶を済ませました。

櫂が自分にあてがわれた部屋に行くと、隣室から「キィエエエ」という声が聞こえます。

海兵によると連合艦隊先任参謀の黒沼大佐だというので、早速挨拶に行くことに。

黒沼は資料が積み上がった部屋でなんと褌一丁で妙なポーズを取っていました。

どうやら黒沼は櫂のことを知っている模様。

何やら波乱の予感がします。

アルキメデスの大戦233話のネタバレはこちら

櫂を待っていたという黒沼!一体何の用があるのか!?

「君が来ることを首を長くして待っていたんだよ」と興奮気味に話す黒沼。

早速座るように言われたものの、椅子にまで本が積み上がっていました。

仕方なく何冊かの本をどかし座ることにします。

黒沼はかなり変わった人物で服を着たほうがいいのではと言っても、いつも褌一丁だからいいと断りました。

「それにしても聞きしに勝る美男子だ。帝大数学科に席を置いた秀才でその姿ではさぞかし妬まれただろう」と黒沼はなかなか本題に入ろうとしません。

櫂が自分を待っていた理由を尋ねると、なにやら資料を漁り始めます。

資料の山からやっと取り出したのは、櫂が発案した「曉作戦」の資料です。

内容はハワイ真珠湾奇襲作戦!櫂が山本長官に進言した作戦でした。

黒沼は山本長官から密かに綿密な作戦計画を練るように命じられた人物。

そして完成したのが米国の太平洋戦略重要拠点、ハワイ真珠湾奇襲攻撃壊滅作戦なのだとか。

これは軍事史に残る作戦として未来永劫語り継がれるに違いないと黒沼は胸を張ります。

しかし「曉作戦」の詳細が書かれた資料を読む櫂は何故か浮かない顔です。

黒沼はそんな櫂に昭和10年6月の海軍高等会議で発案したじゃないかと話を続けました。

この年の7月に山本長官から呼ばれた黒沼は、航空機で真珠湾の米国海軍基地を攻撃し破壊する計画があることを知らされます。

その作戦計画を立ててほしいと頼まれた彼は、是非やらせてくださいと引き受けました。

そして山本長官はこの作戦の発案者が櫂であることを明かしたようです。

櫂が考えた計画を元に作戦を練り直した黒沼は、去年12月に概要が固まり長官に認められたことを話します。

櫂本人は知りませんでしたが、山本長官は着々と計画を練って作戦内容に自信を持った様子。

この作戦の要は大和、だから売却に猛烈に反対したに違いありません。

山本長官はハワイ奇襲作戦に取り憑かれています。

櫂としてはこの作戦を表に出さない為にも、日米和平協定を実現して封じ込めたいところ!

作戦内容を知るのは今のところ山本長官と黒沼、それに櫂の3人だけです。

戦争を回避する為にはなんとかこの3人だけに留めておきたいと櫂は考えます。

そしてこの作戦はあくまで仮定で現実には考えられないこと、米国との開戦は避けなければいけないと伝えました。

しかし黒沼という男は「この作戦は完璧だ!真珠湾攻撃は必ず成功する!」と自信満々に断言!

櫂の意見になど聞く耳を持ちません。

真珠湾は米国のアジアでの補給·兵站を担う場所、そこさえ壊滅させられれば米国は戦闘能力を失います。

日本はそこから一気に米国を叩き潰せると話す黒沼。

彼は日本が米国に勝てるのに何故戦わないと当然のように問い詰めてきました。

確かに黒沼の言っていることも分かりますが、あくまでも机上の空論でしかありません。

それに強大な軍事力を持つ米国との戦闘を回避したくはないのかと櫂は困惑しました。

この強烈過ぎる個性の持ち主にどう対処すればいいやら…。

 

アルキメデスの大戦最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、アルキメデスの大戦最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料
今すぐU-NEXTに登録して
アルキメデスの大戦最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

アルキメデスの大戦234話長門の変人参謀黒沼登場!の感想

黒沼参謀は褌一丁でいたり変な奇声を上げたり変わったところがあります。

特に他人の意見にはあまり耳を貸さないタイプに見えました。

よく作戦を練った上でこれなら大丈夫だと思ったら、何処までも突っ走ると思います。

戦争肯定派というのは危険ですが、日本の為に役に立ちたいという気概のある軍人なのは確かですね。

果たして戦争を回避して米国と平和条約を結ぼうとする主人公との関係がどうなるのか?

その後の展開がとても楽しみです。

次回のアルキメデスの大戦【235話】が掲載される週刊ヤングマガジン44号は9月28日に発売されます。

アルキメデスの大戦235話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍