漫画ネタバレ

アルキメデスの大戦285話ネタバレ!日本の魂!ゼロ戦初登場!

2021年10月11日発売の週刊ヤングマガジン46号掲載の【アルキメデスの大戦】についてまとめました。

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!

アルキメデスの大戦の最新刊26巻無料で読む方法まとめました!11月5日発売の「アルキメデスの大戦」の最新刊26巻を無料で読む方法をまとめました。 アルキメデスの大戦を無料で読むならコミック....

【前回のあらすじ】

場面は稲垣が部屋の外で、会話内容を盗み聞きしていたところから始まります。

“つい好奇心で···”

こんな言い訳をした稲垣ですが、実は彼のような記者は少なくないようです。

国の重要機関でさえも記者達はお構い無しに入ってきます。

最近は怪電波の件があるので、用心に越したことはないと瀬島。

帰国した米共産党員による諜報活動のうちの一つとして、都内からソ連に向け微弱電波が定期的に送信されていました。

昨年8月より特別高等警察が内偵を進めている件で、怪しまれているのは駐日独大使館関係者や新聞記者。

彼らは米共産党経由でソ連邦労働赤軍本部の指示を受け諜報活動を行う紛れもないスパイ。

そして問題はこれだけではありません。

なんと近衛首相の意思決定に、助言者の影がちらついていたのです。

その影響からなのか首相は日中和平を蹴り、戦争継続を声高に主張。

政府要人にまで情報網が触手を伸ばし、風見鶏と評される首相が方向転換をした。

このような考えに至ってもおかしくありません。

同じ島国でも日本はイギリスに比べて、外敵に情報が筒抜け。

イギリスが何故機密情報の管理に優れているかというと、スペインやオランダといった好敵手がいた為に、先を争い世界へ進出したからです。

それに比べて日本は江戸時代に鎖国をしていた影響で、未だに外からの情報には鈍感で重要性を感じず···。

自らの思い込みで危険な沼地に突っ込むことが少なくありません。

いずれにせよアメリカとの戦争は回避しなくてはならない。

ドイツと日本で共産主義を破り、ソ連へ勝利したら日独伊同盟を破棄し、米英との協調を重視。

日本が単独でアメリカと協調すれば、アメリカに敵対する理由は無くなります。

櫂がまず取り組むべきことは、南方資源獲得を重視している海軍に対し、如何に北進論の必要性を促すか!

またまた頭脳明晰な櫂の腕の見せ所ですね。

アルキメデスの大戦284話のネタバレはこちら

対米開戦阻止に方向転換!しかし最大の課題は海軍南進論者の説得!

場面は櫂、丹原、瀬島の三賢人が、対米開戦阻止で一致したところから始まります。

さて外務省を後にした櫂と瀬島を見張る怪しい影が!

新聞記者の稲垣です。

彼の正体はやはりスパイで、三人の密談を盗み聞きしようとしていました。

稲垣は瀬島のことは知っていましたが、櫂のことは知らない様子。

さて場面は切り替わり移動中の海軍公用車。

瀬島の主張する北進論は合理的。

しかし日本の国として北進論に方向転換するには高い障壁があると櫂。

そして陸軍は北進論でまとまっても問題は海軍。

北に油田がない以上、南方資源(特に石油)の確保は絶対必要。

可能な対策は独ソ戦まで曖昧な態度を取り続け、結論を先送りするしかないでしょう。

仮にドイツ優勢ならソ連を襲撃、劣勢なら三国同盟は即時破棄し、アメリカとの関係改善に全力投球。

とにかく海軍に南進路線を強硬に主張させてはならないと、櫂は考え出張が終わり次第山本長官に報告することに。

場面は切り替わりとある場所に停車中の車。

その車内では暁新聞記者の稲垣が、ドイツ新聞社特派員に外務省内で行われた密談について明かしていました。

分かっているのは三人の身分まで。

ソ連に関する内容ならすぐに知らせると稲垣はドイツの特派員に伝えます。

しかし稲垣の怪しい動きは公安の知るところになり、稲垣はスパイ容疑で逮捕されました。

ここで場面は切り替わり横須賀第一飛行場。

上空を飛行しているのは複数の戦闘機。

櫂は戦闘機が飛行する様子をずっと見ていました。

大空を自由に舞う戦闘機こそ、零式艦上戦闘機A6M2。

略してゼロ戦!

大和と並ぶ日本人にとって特別な戦闘機と、櫂が初対面を果たした瞬間です。

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!

アルキメデスの大戦の最新刊26巻無料で読む方法まとめました!11月5日発売の「アルキメデスの大戦」の最新刊26巻を無料で読む方法をまとめました。 アルキメデスの大戦を無料で読むならコミック....

アルキメデスの大戦285話日本の魂!ゼロ戦初登場!の感想

主人公のように合理的に物事を考えられる人より、当時の日本には偏った思考を持つ人が多かったようですね。

しかし世界最強の軍隊を持つアメリカと敵対することは、可能なら避けたほうがいいに決まっています。

ドイツを利用し共産主義国を倒す作戦は実に理に叶っていると言えるでしょう。

北進論を推し進める為に、櫂がどれだけ海軍南進論者達を説得出来るか。

それには味方を増やすことも重視です。

出来る限り論争をヒートアップさせ結論を先送りすれば、いつの間にかソ連侵攻が始まっている可能性もあります。

さて遂に目の前に現れたゼロ戦。

次回はゼロ戦のスペックが公開されるようなので楽しみですよ。

アルキメデスの大戦【286話】が掲載される週刊ヤングマガジン2021年47号は10月18日に発売されます。

アルキメデスの大戦286話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍