漫画ネタバレ

アルキメデスの大戦292話ネタバレ!南進路線への動きは止まらない

2021年11月29日発売の週刊ヤングマガジン53号掲載の【アルキメデスの大戦】についてまとめました。

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!

アルキメデスの大戦の最新刊27巻無料で読む方法まとめました!2月4日発売の「アルキメデスの大戦」の最新刊27巻を無料で読む方法をまとめました。 アルキメデスの大戦を無料で読むならコミック.j...

【前回のあらすじ】

前回のアルキメデスの大戦では、山本長官が人名軽視発言をしました。

敵の弾に当たらなければいい。

搭乗員の安全対策など無用。

運動性能と速さがあれば空戦で必ず勝てる。

更にこのような人名軽視発言を過去にもしていたのです。

櫂が思うには山本長官以外にも無神経に発する人間がいるはず。

でも残念ながら彼もそのうちの一人。

山本長官は今の日本の工業力では、
完全防御を施した重量級戦闘機など日本の工業力では無理だと断言。

何故なら現在は対日輸出制限の真っ只中。

今ある資源を有効活用するしかないとなると、軽量のゼロ戦を揃え、最大な航続力を長駆の海洋攻撃に活かすのが良策。

要するに短期決戦を前提に真珠湾攻撃で圧倒的勝利を収めれば、人員損耗など関係ないと考えているわけです。

早期に戦争終結から和平講話実現。

これを望んだのは君自身だと山本長官。

しかし現在の日本の航空搭乗員は3000名弱。

それに比べて米国の搭乗員は20倍以上もいます。

人員消耗は日米戦にとって致命的。

精鋭の搭乗員は戦地に消え、残るは経験不足の搭乗員。

飛ぶのがやっとの彼らに軍事的効果を求めるなら、戦艦への体当たりしかないでしょう。

櫂が必死に説得するも、山本長官は早急に改良型の量産に着手することに後ろ向き。

重要な軍事戦略上の欠点を補おうとしません。

山本長官との亀裂は広がるばかり。

もう櫂には彼を止めることは出来ないのか?

アルキメデスの大戦291話のネタバレはこちら

聞く耳を持たない上司山本!そんな時独ソ戦開戦の情報が!

櫂は当初山本長官のことを、広い視野と洞察力に優れ深謀遠慮の戦略家だと思っていました。

しかし既成概念を打破する考えは全くなし。

一度こうだと決めたことは、大きなリスクがあっても周囲の反対を押し切って実行してしまいます。

一方の山本長官は8年経っても学者気質が抜けない櫂を、鬱陶しく感じている様子。

国を動かすのは現実的施策。

今ある資源を活用し、搭乗員の消耗など無視して戦争を実行。

実は危ない考え方の持ち主だったんですね。

真珠湾攻撃作戦計画はほぼ完成。

魚雷改良「ゼロ戦」の実戦使用の目処も立ち、そろそろ櫂と距離を取ってもいい頃。

昭和16年5月23日

海軍将校らはドイツとソ連の情勢が悪化した情報をキャッチ。

戦艦長門内で話し合いをしていましたが?

山本長官は櫂に発言の機会を与えず、独ソ戦に関しては陸軍の管轄だと一方的に発言。

結局櫂は意見を言うことが出来ませんでした。

6月15日

そこで考えたのは長官の荷造りを手伝うことになっている近江上等兵に、ある提案書を渡してもらうことです。

提案書の内容は南進路線中止及び北進路線への転換について。

近江上等兵は言われた通り山本長官に提案書を渡しました。

しかし山本長官は読まずにゴミ箱へと捨ててしまいます。

北進路線への転換など出来るはずがない。

表紙だけ見て捨てるとは、最早櫂の意見など聞く耳持たないという感じです。

つまり山本長官は南方資源獲得第一の南進路線論者。

南進すれば米国との対立は激化。

独ソの情勢が緊迫している今、ドイツと共にソ連を叩いて勝利すれば共産主義の崩壊に繋がります。

それはアメリカにとっては好都合。

日米の妥協点に繋がると考えた櫂。

独ソ戦開始後しばらくは様子を見るべき。

どうか適切な判断をしてほしいのが櫂の望みです。

昭和16年6月22日。

櫂は6月25日に開催される大本営政府連絡懇談会の情報をキャッチ。

南進路線に議論の行く末は傾きそうだとのこと。

海軍の将校達は独ソが不可侵条約を結んでいることで、独ソ戦はないと考えますが···。

ここで丹原からある極秘情報がもたらされます。

それは遂に独ソが衝突したという情報!

果たして櫂はこれを山本長官に伝えられるのか!?

アルキメデスの大戦の最新刊24巻無料で読む方法まとめました!

アルキメデスの大戦の最新刊27巻無料で読む方法まとめました!2月4日発売の「アルキメデスの大戦」の最新刊27巻を無料で読む方法をまとめました。 アルキメデスの大戦を無料で読むならコミック.j...

アルキメデスの大戦292話南進路線への動きは止まらないの感想

山本長官は主人公の面倒を長年見てくれた人物。

主人公の意見に耳を傾け、ある時は加勢してくれました。

しかし今回意外と頑固な部分が露見しましたね。

連合艦隊司令長官という高い地位にあることから権限は絶大。

なんとか説得に出来なければ、流れが南進一辺倒に進んでも不思議ではありません。

伝言まで無視されてしまうなら、残された手段は直談判ではないでしょうか?

極秘に戦艦長門を抜け出し遠方で仕事をしている長官に、北進路線への転換の必要を訴える。

主人公ならやりそうだなと予想しました。

さてさてどうなることやら。アルキメデスの大戦【293話】が掲載される週刊ヤングマガジン2021年54号は12月6日に発売されます。

アルキメデスの大戦293話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍