漫画ネタバレ

あやかしトライアングル4話ネタバレ!平和な日常に新たな刺客!?

2020年7月6日発売の週刊少年ジャンプ31号掲載の「あやかしトライアングル」についてネタバレをまとめました。

矢吹健太郎先生の作品を無料で読む方法は?

矢吹健太郎先生の作品を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、矢吹健太郎先生の作品を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
矢吹先生の漫画を読む

【前回のあらすじ】

あいもかわらず封印の巻物を追ってやってくるシロガネ・・・

危機感のないすずに怒る祭里でしたが、そんな祭里も女の体に慣れていないせいか男子トイレに入って教師に叱られる毎日です。

何度も問題行動をおこすシロガネにたえかねた祭里は、シロガネを退治しようとしますがすずに止められてしまいました!

「シロガネを退治したら祭里は男に戻れないかもしれない!」

そう訴えるすずに、祭里は「じゃあシロガネをペットにする」と宣言しました!

あやかしトライアングル3話のネタバレはこちら!

あやかしトライアングル4話幼心の君のネタバレ

とある休日の昼、祭里はタンクトップ一枚に短パンというあられもない姿で昼寝をしていました・・・

胸元には封印の巻物をさしこんでいますが、簡単にとれそうな状態です。

シロガネはそろり、そろりと祭里に近づいて巻物をとろうとしますが・・・

「寝てても警戒してるっつーの」

呆れた顔の祭里に阻止されてしまうのでした・・・

そんな祭里のもとに、すずから連絡が届きます。

「シロガネはどう?仲良くしてる?」

気になる・・・というすずに、祭里は「心配すんな」と返事をしました。

シロガネは、すっかり風巻家の飼い猫としてなじもうとしています。

縁側でひなたぼっこをしながら、かつての宿敵である祭里の祖父と話すシロガネ。

「ずいぶんふけたであるな」

「祭里が継いでくれたからね、毎日アイドルみてゲームするだけの毎日だよ」

シロガネにそう返事をした祖父は、タブレット端末にうつるアイドルの動画をじっと見つめています。

そんな祖父に、シロガネは鼻息荒く不満をもらしました。

「お前の後継はどうかしているであるな、この妖の王を飼い猫にしようとは」

そんな話をしている2人のもとに、ご飯をもってやってきた祭里がやってきます。

エプロンをつけてせっせと朝食を机に置いていく祭里をみたシロガネ・・・

「朝食を用意できるほど女子力アップ・・・我ながら性星流転(せいせいるてん)、罪な術である・・・」

そうつぶやいたシロガネに祭里は「男の頃から俺が家事やってんだよ!」と怒鳴り返すのでした。

「こいよ、一応てめーの朝飯も用意してやった」

妖は食事を必要としないことが多いため、いらないだろうけど・・・という祭里。

それでも、これからは同居人となるのだから朝食を用意したというのです。

いけすかないガキかと思っていたら、意外と優しいところもあるのだなと思うシロガネ。

しかし、祭里がさしだした朝食は・・・残飯でした!

「妖の王に残飯をくわすきか!」

そう怒るシロガネに「メシもらえるだけありがたいだろ!」と祭里もキレ返します。

と、そこにすずがあらわれました。

なにやら小袋をもっていますが、彼女はシロガネに優しく語りかけます。

「そんな事だと思ってシロガネに美味しいお供えもってきたよ」

そんなすずに、シロガネは偉そうな態度をとりながらも近寄って行きました

すずが小袋から取り出したのは”きびだんご”です!

「きびだんごぉ〜?!」

シロガネは不満そうでしたが、他に食べられるものもないため仕方なくきびだんごを口に入れました。

わがはいが本当に食べたいのは妖巫女(あやかしみこ)であるすずであるぞ!とプンプンしながら食べたシロガネでしたが・・・

「!!」

すずが手作りをしたきびだんごは、すずの生命エネルギーが染み込みなんともいえない美味しさだった様子!

まあまあかな、といいながらもガツガツときびだんごを食べるシロガネに、すずは笑顔で語りかけます。

「毎日作ったげるから私食べるの諦めようか?」

その言葉にシロガネは断る!と返しました。

そんな2人をぼうぜんと眺めていた祭里でしたが、すずがこっそりと祭里のスマホにメッセージを送ります。

「私がシロガネと友達になれたら全部解決だよね」

その言葉をみた祭里はまじかよ・・・!と驚くのでした・・・

きびだんごをもったすずを追いかけ回すシロガネを見ながら、祭里の祖父は関心していました。

「肝のすわった子だねェ、さすがは祭里が長年崇拝(すうはい)するアイドルだネ」

そう言われた祭里は食べていた朝食をのどにつまらせかけました。

咳き込みながらなんだよそれ!と言い返す祭里に、祖父は話し続けます。

小さい頃妖に怯えていた祭里は、怖がるとおもしろがった妖にもっと驚かされるぞと言われていても、妖が怖くて仕方がありません・・・

小学生の祭里は、どこにいっても妖におどかされていました。

この日もちょうちんの姿をした妖に追いかけられて泣きながら逃げていたのですが・・・

「いじめちゃダメだよちょっちー」

そういって、そのちょうちんの妖を止めてくれたのが、小さい頃のすずだったのです!

すずは、その背後にたくさんの妖をしたがえていました。

そんなすずを見つめる祭里は「かっけー!」とすずに憧れのまなざしをむけたのです。

そんな昔話を語った祖父は「お前にとってはすずちゃんは憧れだ」と話します。

でも、いつまでもアイドルと熱心なファンなんて関係をすずは望んでいないだろうと祭里にいうのです・・・

祭里は「なんだよそれ!」と照れたようにまじめに話を聞きませんでしたが、祖父はやれやれと全てをみすかしたような目で笑うのでした・・・

と、祭里の髪につけていた風車がわずかに回ります!

妖か!?と祭里はとっさに手裏剣を庭にむかって投げつけました!

妖はとらえられませんでしたが、そこには妖の残したハネが残されています・・・

「すずを狙う妖か!?」

焦る祭里に対して、祖父は落ち着いた様子でこう返しました。

「そうとも限らんよ祭里、式鬼(しき)、同業に使役された妖という線もあり得る」

面倒なことにならなければいいがねェ、という祖父を、すずと祭里は心配そうに見つめるのでした・・・

一方、祭里に追い払われた妖は1人の忍に謝っています・・・!

「もうしわけないですポ、主様・・・」

もうしわけなさそうに謝る鳥の妖は、主様と呼んだ忍の腕にとまりました。

「相手は風巻家だ、油断するなといっただろう、しかし残念な報告だな・・・」

そう言った忍は、妖を切り刻みながらこういいます。

「風巻祭里、やつには俺が引導を渡さなければならんらしい」

そう言った忍の目は鋭く光っていたのでした・・・!

 

矢吹健太郎先生の作品を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、矢吹健太郎先生の作品を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
矢吹先生の漫画を読む

あやかしトライアングル4話幼心の君の感想

平和そうな日常を笑顔で見ていたのですが、なにやら不穏な影が!?

新たな祓忍(はらいにん)は、危険な雰囲気をまとっていますが、果たして祭里たちは大丈夫なのでしょうか!?

次回のあやかしトライアングル5話が掲載される週間少年ジャンプ32号は7月13日の発売です!

あやかしトライアングル5話のネタバレはこちら!

 

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国