漫画ネタバレ

あやかしトライアングル5話ネタバレ!祭里以外の祓忍!?

2020年7月13日発売の週刊少年ジャンプ32号掲載の「あやかしトライアングル」についてネタバレをまとめました。

矢吹健太郎先生の作品を無料で読む方法は?

矢吹健太郎先生の作品を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、矢吹健太郎先生の作品を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
矢吹先生の漫画を読む

【前回のあらすじ】

シロガネをペットとして飼うことに決めた祭里。

命拾いしたシロガネでしたが、抜け目なく祭里のもつ封印の巻物を狙おうとしてきます・・・

シロガネとぎゃあぎゃあ言い争いながらも、うまいことやっている祭里のもとに何やら不穏な妖の気配が!

とっさに追い払った祭里でしたが、その妖は他の祓忍(はらいにん)がはなった手先でした!

あやかしトライアングル4話のネタバレはこちら!

あやかしトライアングル5話神速の祓忍のネタバレ

祭里が女の子になる半年ほど前、彼は祖父から頼まれ知らない祓忍(はらいにん)と仕事をしていました。

「あんた神速の祓忍(はらいにん)二ノ曲(にのくる)家の跡取りなんだろ」

祭里にそう話しかけられた忍は、クールな態度を崩しません。

よろしく、と話しかけてきた祭里にきつい口調で釘をさします。

「よろしく?笑止、祓いの任務は慣れ合いではない」

師匠から新米の面倒を見るように言われたから同行しているだけ、と語る二ノ曲宗牙(にのくるそうが)は祭里を睨みつけました。

それをみた祭里は・・・

「カッケーな!」

と目を輝かせます!

宗牙は祭里の事をみて、初任務に浮かれているだけの実力のない忍と思っていたようですが、その仕事ぶりをみて考えを改めました。

襲い掛かる妖をなぎはらう祭里の姿に、宗牙は彼こそが自分のライバルにふさわしい!と思ったのですが・・・

彼は祭里と同じ高校に入ることができる!と期待していました。

これからは2人で修行にあけくれ、ライバル同士力をみがきあっていけると・・・

ところが、祭里はシロガネによって性別を女にかえられてしまっていました・・・

そんな祭里の姿をこっそりと監視していた宗牙は、ため息をつきます。

「主様ー!」

そんな宗牙のもとに式である妖がとんできました。

宗牙の命令でこの鳥の妖は学校内にいる”ターゲット”をみはっていたのです。

「中庭のベンチでのんびりけづくろいしてますッポ」

その言葉を聞いた宗牙は、怒りと憎しみに顔を歪めました。

「妖の王、シロガネ・・・!」

一方、その頃まさか自分が狙われているとはみじんも考えていないシロガネは、中庭のベンチの上でけづくろいをしています。

「祭里が巻物をもっている以上近くで見張る必要がある」

シロガネは封印の巻物を狙い、祭里のあとをつけてきていたのです。

のんきにけづくろいをしながらこれからどうするかを考えていたシロガネは、自分にむかってやってくる1人の生徒に気がつきました。

「妙である、こいつ我輩のことがみえてるような・・・」

妖であるシロガネの姿は普通の人にはみえないはずなのですが、そのシロガネの目の前にやってきたのは、宗牙です!

宗牙はシロガネをみるや、いきなりクナイをなげました!

「のわー!」

慌てて逃げるシロガネの声に気がついた祭里は、慌てて廊下の窓から顔を出して外をうかがいます。

そして、シロガネを襲う生徒にきがつきました!

「二ノ曲先輩!」

祭里は慌ててシロガネを倒そうとする宗牙を追いかけます!

シロガネは二ノ曲という名前を聞いて、慌てた様子です。

なぜなら、二ノ曲家といえば風巻家と並ぶ腕の立つ祓いの一族の名だったからでした・・・

宗牙はシロガネを追いながら、祭里を睨みつけます。

「お前には失望した」

いきなりそういわれた祭里は、はぁ!?と思わず叫んでしまいましたが、宗牙は気にせず言葉を続けます。

「半年前のお前との初任務、想定外に強い妖の群に襲われたが・・・」

そう語る宗牙は、昔を思い返していました。

妖の群に囲まれた2人でしたが、祭里は妖をてきかくに撃破していきます。

その姿をみて、宗牙は”どんな苦境に陥ろうと人を脅かす妖を絶対許さない”という信念を祭里から感じたといいました。

「決して吹き止まぬ熱き風をお前の中に感じた!」

それなのに、男に戻りたいという自分の感情を優先してシロガネをペットにしているという事実が、宗牙には許せなかったのです・・・

「やつは俺が始末する」

そう言った宗牙は、制服につけていた忍具を強く叩くと、祓忍(はらいにん)の姿へと変身しました!

「男の風巻祭里に引導を渡してやる、諦めろ」

そういって、すさまじい勢いで駆け抜けて行った宗牙をみた祭里は「相変わらずはえぇ…」と感心します。

そして、このままではシロガネが危ない!と追いかけようとしましたが・・・

「ま、いっか、それならそれですずの危機が1つ減るし」

走るのをやめて、ブラブラと歩き始めてしまいます!

一方、シロガネに追いついた宗牙は覚悟!と叫び刀を振りかぶっていました!

宗牙の刀がシロガネに届く!というところで、すさまじい風がふきあれます・・・!

その風にのってやってきたのは祭里でした!

祭里は工事の看板を使い波乗りをするかのように風をあやつります。

そして、そのままの勢いでシロガネのくびねっこを掴むと宗牙からシロガネを助けてあげました!

「ごめんな先輩、やっぱこいつが死ぬと困るんだ、わがままな幼なじみがいてさ」

祭里は宗牙にすずのことを話します。

あいつは本気でシロガネと仲良くなろうとしている・・・

それができるとは思えないと祭里は考えていましたが、それでもすずの気持ちを否定したくはないというのです。

「すずの存在が俺の熱風の中心だからさ」

そう伝えた祭里の顔を見た宗牙は、より一層睨みつけてきます。

「女にうつつを抜かすとは未熟者め!」

力ずくで!そう叫んだ宗牙は刀を祭里にめがけてふりあげましたが・・・

その瞬間、祭里のスカートがめくりあがり履いていたふんどしが丸見えとなってしまいました!

宗牙はふんどしごしにみえる祭里の体をみて、顔を真っ赤にして動きを止めます・・・!

「たっ、たた、倒してでも・・・!」

そういう宗牙でしたが、彼はどうすることもできず遂にはその場から逃げ出してしまいました!

いきなり逃げ出した宗牙に驚く祭里に、シロガネが呆れ顔で忠告します。

「お前がパンツを見せつけたからである!」

その言葉にようやく自分のふんどしが丸見えだったことにきがついた祭里は顔を赤くするのでした・・・

一方、校舎に戻った宗牙は、空を見つめながら気持ちを落ち着けようと必死です。

「俺は・・・未熟だ・・・」

そうつぶやいた宗牙。

彼は女性に対する免疫が0だったのです!

 

矢吹健太郎先生の作品を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、矢吹健太郎先生の作品を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
矢吹先生の漫画を読む

あやかしトライアングル5話神速の祓忍の感想

宗牙の性別が気になります・・・

矢吹先生のことだから女なのではと思っていましたが、この反応をみるに実は男・・・!?

次回のあやかしトライアングル6話が掲載される週間少年ジャンプは合併号!

33・34号は7月20日の発売です!

あやかしトライアングル6話のネタバレはこちら!

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国