漫画ネタバレ

あやかしトライアングル8話ネタバレ!食い意地のせいでピンチ!?

2020年8月11日発売の週刊少年ジャンプ合併号36・37号掲載の「あやかしトライアングル」についてネタバレをまとめました。

矢吹健太郎先生の作品を無料で読む方法は?

矢吹健太郎先生の作品を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、矢吹健太郎先生の作品を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
矢吹先生の漫画を読む

【前回のあらすじ】

二ノ曲先輩から「すずが妖かもしれない」と聞かされた祭里は驚きます。

人に害をなす妖であれば、すずだろうと祓う必要があるといわれた祭里は激昂しました!

その夜、先輩にいわれた事が忘れられず眠れなかった祭里・・・ようやくうとうとしだしたところにすずがやってきます!

そして、いきなり祭里の唇を奪ったのでした!

あやかしトライアングル7話のネタバレはこちら!

あやかしトライアングル8話オモカゲのネタバレ

突如あらわれたすず・・・!

眠っていた祭里の上にまたがるようにしてせまると、いきなりキスをしてきました!

「すずにキスされてる!?」

驚く祭里はなんとかすずをはらいのけようと身をよじり、唇から抜け出したのですが・・・

「すず!一体・・・!」

真っ赤になった祭里がそう問いかけようとしたとき、目の前からすずは消えてしまっていました・・・

その頃、自分の部屋で眠っていたすずはベッドの上で真っ赤になって唇をおさえています。

「・・・夢?」

たしかに感じた唇の感触に、ぼうぜんとするすずでしたが、スマホがなり慌てて飛び起きました!

「すず!無事か!?」

電話の相手は祭里です。

しばらく話していた2人は、騒動の原因を祭里の祖父に尋ねました。

すると、祖父は「オモカゲかもしれん」と言うのです。

オモカゲとは、ドッペルゲンガーと同じような存在で、強いストレスを抱えた人間が生み出してしまうエネルギー体だといいます。

ふらふらと、まるで幽霊のようにさまよいあるく存在ではありますが、いずれ霧散して消えてしまう儚い存在だ、と祖父は語りました・・・

それをきいたすずは照れた様子で、自分のオモカゲが祭里の部屋で何か妙なことはしなかったかと尋ねます。

それを聞かれた祭里はあわてて、なにも!と答えました・・・!

「キスしたとかいえない・・・」

2人ともそう考えていた時、とつぜんすずの頭に強い衝撃が!

「なんか頭ぶつかった・・・!」

すずのその言葉に祖父が慌てたようにこういいました!

「分身と感覚を共有している!?」

すずの頭に痛みが走ったと言うことは、まだオモカゲが外をうろついているということに他なりません!

強力な妖に襲われたり、トラックにひかれたりしてしまえば本体への影響はどうなるかわからない・・・!

それを聞いた祭里はあわてて家を飛び出しました!

「辺りをさがしてみる!すずとの会話中継してくれ!」

そういった祭里の腕には腕輪がつけられていました。

これは祓忍具(はらいにんぐ)の通信音叉(つうしんおんさ)と繋がるもので、スマートフォンを使わなくても音叉のひろう音をきくことができるという優れもの・・・

祖父に音叉とスマートフォンを託し、祭里はすずのオモカゲを探して街を走ります!

あちこち探し回って、結局神社へとやってきた祭里はすずのオモカゲを見つける事ができません・・・

「すずの行きそうなところくらいわかるんじゃなかったのか」

そう嫌味を言ってきたのはシロガネでした!

「すずは我輩の獲物である、食う前に死なれては困る」

そういったシロガネは手伝ってやる、といいますが、結局その力は不発に終わってしまいます・・・

すずに手がかりがないかと尋ねると、すずは草の上を歩いている、といいました。

そして、とつぜん・・・

「なにこの匂い・・・牛!?」

といいました!そしてすぐにハッとした表情に!

「さくら牧場クレープ!」

すずが感じていた牛の匂い、それはさくら牧場の匂いでした!

とれたてミルクのクレープをいつも買っている、その牧場のそばにすずのオモカゲがいるようなのです!

あわてて牧場へと走る祭里とシロガネ・・・!

焦る祭里の耳にすずの痛がる声が届きました!

「どうしたすず?!」祭里がそう叫ぶと、すずは指がいたい!というのです!

「まさかクレープ欲しさに素手でシャッターを!?」

そのまさか・・・、すずのオモカゲはシャッターをこじあけようとしていました・・・

食への執念に呆れる祭里でしたが、オモカゲは人間ではなく妖寄りの存在であるため、人間以上の力がだせる!と祖父は慌てます。

このままでは感覚を共有しているすずの指があぶない!

それをきいた祭里たちはいそいで牧場へと向かうのでした・・・!

相当な速度で走る祭里でしたが、シロガネにとおい!と怒鳴られます。

「我輩をとばせ!」

それをきいた祭里はシロガネを風の忍術でオモカゲにむかって吹き飛ばしました!

吹き飛ばされながら、シロガネはへんげの術をつかいクレープへと返信します!

クレープになったシロガネを見た瞬間、すずのオモカゲはシャッターから手を離してシロガネにかぶりつきました!

「に゛ぁ〜!早く捕まえろ!祭里!」

頭をかじられいたがるシロガネでしたが、オモカゲは一口クレープにかじりつくと満足したのかそのばに夢散します。

そして、そのばにシロガネをぽとりと落とし、すずのオモカゲは消えてしまったのでした・・・

すずの家の前までやってきた祭里は事情聴取をしています。

「じゃあ寝る前にクレープ食べたいって思ったのか?」

その質問に、すずはうん、とうなずきました。

助けてくれたシロガネにすずはお礼を言いますが、シロガネはそっぽをむいてツンとした態度をとっています・・・ですが・・・

「指が折れたらきびだんごが食えなくなる!」

そうはいいつつも、シロガネはすずを心配していたような様子です。

困ったように微笑むすずに、祭里はたずねました。

「クレープだけだよな?寝るまえ考えたの」

そうきかれたすずは、真っ赤になりながら当たり前じゃん!と言い返します。

いいかえされた祭里も、顔を真っ赤にしてうつむき加減に・・・

そんな2人をみていたシロガネは「ふん!」と鼻息を荒くして2人にそっぽをむくのでした・・・

 

矢吹健太郎先生の作品を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、矢吹健太郎先生の作品を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
矢吹先生の漫画を読む

あやかしトライアングル8話オモカゲの感想

すずの体からドッペルゲンガーが!?これも二ノ曲先輩がいっていた「妖かもしれない」という妖巫女の力のせいなのでしょうか?

すずの両親がずっと出てこないのが気になりますが、そのうち出てくるのかな?

次回のあやかしトライアングル9話が掲載される週間少年ジャンプは38号は8月24日の発売です!

あやかしトライアングル9話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍