漫画ネタバレ

化物語114話ネタバレ!阿良々木がキスショットに誘惑される!?

2020年12月2日発売の週刊少年マガジン1号掲載の「化物語」のネタバレについてまとめました。

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\全巻無料でお試し読みはこちら/
今なら600円分無料ポイントGET!

U-NEXTで無料で漫画を読む

化物語を無料で読む方法は?

化物語最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、化物語最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
化物語最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

 

【前回のあらすじ】

キスショットとの戦いに挑むことになった阿良々木。

戦いを前にしてキスショットは阿良々木に配慮が足りなかったと詫びつつも、「儂の下に帰れ」と説得しました。

化物語112話ネタバレはこちら

化物語114話ネタバレ

キスショットは阿良々木に命を助けられたと言います。

そのため阿良々木となら共に生きていいと考えているらしく、人間に戻らず永劫の時を共に生きようと説得しました。

その美しい顔と氷のように凛と透き通る声のキスショットに、阿良々木は誘惑されたと感じます。

すると阿良々木は、キスショットの方から来てくれて助かったと口を開きます。

この時、阿良々木はキスショットが自分に執着せず、どこかへ行ってしまっていたなら、自分は何年も何百年も彼女を追い続ける羽目になっていただろうと感じていました。

しかしそれは自分が背負うべき当然の責務なので、そのこと自体は良いと考えます。

ただその場合、その間の食料が問題なのです。

何も食べずにキスショットを追うことも、食べ続けて追うことも阿良々木には不可能でした。

阿良々木はドラマツルギーの言葉が今ならば理解できました。

ドラマツルギーの恋人であるグエンはきっと優しい吸血鬼で、大好きな村人たちを食べ続けることでしか生きていけないなんて、それはどんな拷問よりはるかに苦しい地獄だったのだと阿良々木は気づきます。

しかしこいつは違うと考える阿良々木。

どれほど姿や声が美しくても、中身はただのバケモノ。

人間をただの食事としてしか認識してない”鬼”なのだと思いました。

 

そして阿良々木はキスショットが人を喰うという事実に目をそらし続けてきて、自分自身のことが何も分かっていなかったと話します。

吸血鬼を助けると言うことは、つまりその時点で誰かが喰われることを許容していたということ。

それなのに阿良々木は実際に目の前で犠牲者が出るまで、その事実を直視することから逃げていたのです。

自分の行為は美しくはあっても、自分自身は美しくも正しくもなかったという阿良々木。

するとキスショットは「そういうじゃろうと思っておった」と返します。

それを聞くために、ここにきたのだというキスショット。

でなければ自分は今頃、とうにこの国にはいないと言います。

阿良々木が自分に優しいのは、自分が弱っている間だけだと分かっていたというキスショット。

完全なる存在になった自分には、阿良々木が興味を持たないことを彼女は理解していたのです。

「うぬは”儂だから”助けたのではない。弱ってさえいれば、誰であろうと助けたのじゃ」

そんなキスショットの言葉に阿良々木は驚きの表情を浮かべます。

するとその時、突然頭の中で「阿良々木君はだれでもたすける、だけ。なのね」と声が聞こえ、動揺する阿良々木。

ちなみにキスショットは、”阿良々木だから”助けたようです。

自分のために命を投げ出したくれた阿良々木を殺すのが惜しくなったのだとか。

阿良々木はキスショットが目の前にいる、この唯一無二のチャンスを確実に決め切って倒しきらねばならないと覚悟し、拳を強く握りしめます。

しかし急すぎて全然作戦を考えておらず、内心テンパっていました。

すると次の瞬間、キスショットは阿良々木の目の前に瞬間移動してきました。

思わずビクッとして後ずさりする阿良々木。

キスショットの胸は想定以上に激しく揺れていました。

しかし阿良々木の心までは揺れておらず、内心羽川に感謝します。

すると阿良々木の胸元への視線に気づいたキスショットは「この袋が気になるのか?」と言いながら、おもむろに彼の顎に手を添えました。

そしてメキメキと音を立てるほど、阿良々木の顎を強く握るキスショット。

キスショットはこんなものでよければ、いくらでも触らせてやると言います。

「ほれ、もっと近う寄れ」

そう言いながら自分の胸に阿良々木の顔を強引に押しつけるキスショット。

しかしあまりに勢いよく押し付けたため、阿良々木の顔はキスショットの体を突き抜けてしまいました。

キスショットは阿良々木が17歳であることを確認し、「ママのおっぱいが恋しい時期か。ばぶー♡」と煽ります。

キスショットの体を突き抜けて、背中から顔を出した状態の阿良々木は、怪訝そうな表情で血をベッと吐き出すのでした。

 

化物語最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、化物語最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
化物語最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...
ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

化物語114話感想

キスショットは豪快で恐ろしいですね。

次は戦いが始まりそうですが、どんな展開になるのか楽しみです!

次回の化物語115話が掲載される週刊少年マガジン2・3合併号は12月9日に発売されます。

化物語115話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍