漫画ネタバレ

バキ道75話ネタバレ!愚地克巳VS獅子丸の対決が開始!

2020年10月15日発売の週刊少年チャンピオン46号掲載の「バキ道」のネタバレについてまとめました。

バキ道を無料で読む方法は?

バキ道最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、バキ道最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
バキ道最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

花山と鯱鉾の対決は、花山の圧倒的な力を前に鯱鉾が自ら負けを認める形で決着。

鯱鉾は「次に会う時はチャンコで一杯だ」と花山に告げ、飲み会を誓い合って退場していきました。

一方次の試合を控室で待つ愚地克巳は、烈海王から受け継いだ右腕の感触を確かめるため、コンビニ袋を使って練習を行います。

そして右腕の手刀でコンビニ袋を斬って見せた克巳を目の当たりにしたバキは、烈海王が憑いていると感じるのでした。

バキ道74話ネタバレはこちら

バキ道75話ネタバレ

大相撲の控室では関取たちが集まる中、理事長が天下の大相撲の3連敗にイラ立っていました。

すると理事長は前回花山に負けを喫した鯱鉾に、素人の喧嘩自慢に不覚をとったことについて、何か言うことはあるかと問いかけます。

しかし突然指名され、「自分スか・・・?いやぁ~・・・」と戸惑う鯱鉾。

すると横から関脇の獅子丸が「素人じゃないッス」と口をはさみました。。

そんな獅子丸の言葉に、関取たちは驚いて彼を見つめます。

理事長がどういうことだと尋ねると、獅子丸は「身技体」が十分に備わっている選り抜きの玄人集団ということだと答えました。

そんな獅子丸に「じゃ・・・どうしようってんだ?」と、さらに聞く理事長。

すると獅子丸は「だもんで――」と何か言いかけて、少し間を置きます。

そんな獅子丸を関取たちは不思議そうな顔で見つめ、理事長も「だもんで――?」と彼の言葉を待っている様子。

「だもんで、問題ないッス」

獅子丸はそう言いました。

玄人だってわかっているなら問題ないと、獅子丸は不敵な笑みを浮かべたのでした。

 

そして次の試合の時間となり、選手が入場してきました。

姿を現したのは拳友・烈海王の右腕を引き継ぐ片腕ブラックジャック、愚地克巳。

その相手となるのは幕内最高優勝三度を誇り、幾度かの怪我さえなかったらとうの昔に横綱大関、両脇に備える極太の巨腕による「腕力」は角界ナンバー1ともいわれ、史上最強の「関取」と名高い獅子丸です。

そして審判が両者を中央へと促します。

克巳は身長186.5センチ、体重116キロ。

対する獅子丸は身長182センチ、体重181キロです。

審判から武器の使用以外のすべてが許されていると説明があり、元の位置に戻るよう2人に促しました。

そして定位置に戻った獅子丸は両手を合わせて、手のひらを揉んだ後、大きく両腕を開いてパンッと手を叩きました。

さらに再び両腕を横に開き、手のひらをクルッと下に向けます。

これは塵手水(ちりちょうず)といって、手には何も持たないという古来より力士が行う伝統の所作です。

まるで丸腰のルールは、こちらが本家だと言わんばかりの行動でした。

そして審判が太鼓を叩き、試合を開始の合図をするのでした。

 

バキ道最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、バキ道最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
バキ道最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

バキ道75話感想

関取勢がすでに3連敗していますが、獅子丸はどこか自信があるように見えました。

そして克巳も烈海王から引き継いだ右腕で、どのように戦うのか気になりますし、2人がどんな勝負を繰り広げるのか楽しみですね。

次号は休載のようなので、再来週まで楽しみに待ちたいと思います!

次回のバキ道76話が掲載される週刊少年チャンピオン48号は10月29日に発売されます。

バキ道76話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍