漫画ネタバレ

BEASTARS【第133話】潮が満ちれば砂浜は呑まれるよのネタバレ!レゴシ母の壮絶な過去

2019年6月20日発売、週刊少年チャンピオン29号のBEASTARS【第133話】潮が満ちれば砂浜は呑まれるよのネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

ひょんなことからシシ組と再会し、アジトに招待されたルイ。しかし新しいシシ組のボス、メロンは恐怖で一味を統治しており、ルイは身を隠しますが、匂いで存在がバレてしまいます。

絶体絶命となったルイでしたが、ミーゲルが機転を利かせ、難を逃れることが出来ました。

一方メロンに銃で撃たれて入院中のレゴシは、病院で目を覚まします。しかしそれは生死の境をさまよう幽体離脱状態でした。不可思議な体験に戸惑うレゴシの前に、幼い頃自殺した母親が突然現れました。

>>BEASTARSの最新話まで各話ネタバレ一覧まとめはこちら

BEASTARS最新話を無料で読む方法は?

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

BEASTARS【第133話】潮が満ちれば砂浜は呑まれるよのネタバレ

”アイロンがかけられた真っ白な服。きれいに磨かれた華奢な靴。オオカミの毛並みを引き立たせる化粧。

あぁそうか・・・母は幽霊になっても綺麗なオオカミでいようと心掛けているのだ。”

レゴシと母・レノアは病院の屋上で満月の下、並んで座ります。

「いくら久々の再会だからって見すぎだよ。緊張する。」

「フフフ・・・だってなんか我が子ながら、思ったより可愛げない顔に育っちゃったなーって思って。」

男らしさが増したという点では、レゴシの顔も悪くない出来かなというレノアに、周りから容姿がどう評価されるか、異常なほど気にする母親だったと改めて思い出すレゴシ。

「・・・私にもっと似れば良かったのにねぇ。不思議・・・あんたがここまでおじいちゃんに似るとは思わなかった。おじいちゃんのコモドオオトカゲの血を薄めたい一心であんたを産んだのに。」

そしてレノアはハーフとして生まれたことで、自分が歩んできた複雑な人生について語りだしました。

 

「コモドオオトカゲとハイイロオオカミの間に子供が生まれる」という珍事は、当時産婦人科を騒然とさせ、噂は院内にたちまち広まったようです。

病院の者たちは、どうせ怖いもの見たさで、この2匹の間にどんな怪物じみた子供が生まれるか、心待ちにしただろうというレノア。

しかし、大衆の予想や期待は覆され、神様がいたずら心を起こしたとしか思えないほど、レノアは美しいオオカミに成長しました。

医者はオオカミとトカゲというあまりに特殊な交配で、遺伝が母親に偏ったのだろうと推測し、レノアを恵まれた子だと言います。

さらに世間からの目を考えると血統種のハイイロオオカミに見えるというのは、レノアのために喜ばしいことだと話しました。

しかし神様のいたずら心に、レノアとゴーシャの親子関係も翻弄されていました。

レノアは中学生になる前の日、食事をしながらゴーシャに告げます。

「私、これからはお父さんがコモドオオトカゲだってことを隠して生きようと思う。お父さんのことは好きだし傷つける気はないけれど、だんだん分かってきたの・・・。

みんな何でもシンプルで美しいものが好きなんだわ。私も今後、表向きはそうでありたい。」

そんなレノアの言葉を受けて、「・・・傷ついてないよ」と切ない表情で言うゴーシャ。

「私たちの食事は、こうして大皿のおかずを直箸で取り分けることができるだろ。お前がコモドオオトカゲの口の毒に耐性があるのは唯一の親子の証だ。幸せなことだよ。この食事の時間があれば、私は十分・・・好きに生きなさい。」

 

それから中学に上がったレノアは、吹っ切れたように明るい自分を演じました。

誰からも愛される血統種のハイイロオオカミ。レノアはとにかくイヌ科の生態を研究し尽くして、それを全力で愛らしく表現したのです。

普通のイヌ科は社交家でお人よしで真面目で少しドジ。お喋りが大好きで、だれにでも心を開く明朗快活な性格なのですが、レノアは爬虫類の気質を受け継いでいるため、本来口数が少なくポーカーフェイスでした。

その本性は絶対隠そうとレノアは固く心に誓い、分かりやすく美しい存在でいれば、周りは簡単に愛してくれると考えていました。

その生存戦略を、19になるまで大切にしていたのです。

 

ある日下着姿で鏡の前に立ち、毛並みを確認するレノア。

何か痒いと感じて背中を見ると、毛の隙間から鱗が出てきていました。

思わず「きゃ――!!!」と悲鳴を上げるレノア。

医者に見せると、時間差で父方の遺伝が身体に現れたのだといいます。

それを聞いたレノアは、激しく動揺し病院を飛び出しました。

そして自分が怪物になる前に、美しいオオカミを保っているうちに、血統に近いハイイロオオカミを産まなくてはと考えたレノアは、本屋で全種族のイケメン名鑑を急いでめくり、一匹のオオカミと一夜を共にしたのでした。

 

自分の父親が雑誌で見つけたゆきずりの読者モデルで、名前すら覚えてないというレノアの話を聞いて、ドン引きするレゴシ。

「とても褒められた母親像じゃないけど・・・レゴシが生まれたときは本当に嬉しかった。あれは私の悔いのない人生を残しておきたくて撮った家族写真よ。」

 

それはレノアとゴーシャと幼いレゴシが撮った、最初で最後の家族写真でした。

「お母さんお美しいですよ~!!」と褒めるカメラマン。

そんなレノアの背中には、すでに鱗がびっしり生えていました。

「あの時、すでに背中一面にむき出しになってた鱗の痒みさえ、私には誇らしかった。私の人生に決着がついた瞬間だったの。」

>>BEASTARSの最新話まで各話ネタバレ一覧まとめはこちら

BEASTARS【第133話】潮が満ちれば砂浜は呑まれるよの感想

レゴシの母は、かなり壮絶な人生を歩んでいたんですね。

やはりハーフは生きづらい世界だろうなと思います。

この話を聞いたレゴシはどんな反応をするのでしょうか?

次回のBEASTARS【第134話】が掲載される週刊少年チャンピオン30号は、6月27日に発売されます。

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍