週刊少年チャンピオン

BEASTARS【第158話】聞いたこともない言葉だがのネタバレ!ルイをビースターズになろうと誘うレゴシ

2019年12月26日発売、週刊少年チャンピオン4+5号のBEASTARS【第158話】聞いたこともない言葉だがのネタバレや感想をまとめました。

BEASTARS最新話を無料で読む方法は?

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む

【前回のあらすじ】

「右足と一緒に肉食獣への対抗心までなくしたのか」というオグマの辛らつな言葉が、ルイに重くのしかかりました。

その言葉を振り払うように”食材”に扮して裏市に潜入するルイ。しかしメロンの一件以来、裏市は異様な熱狂に覆われていました。

BEASTARS【第158話】聞いたこともない言葉だがのネタバレ

鉄格子から外を眺める子どもたち。

外からは「らっしゃいらっしゃい」「足は3万、腕は1万」「見てこれ!!ウサギの肝臓!!」と威勢のいい声が聞こえています。

すると男が後ろから子供たちに、気分転換は終わりだと声を掛けます。

生餌のお前らに月1でも、こうやって外の世界を見させてやってるんだから感謝しろよという男。

牢屋に戻るぞという男に子供たちは怯えながらついていきます。

エレベーターに乗り込む中、子供たちは喋れないながらも「僕たちはずっと一緒だよ」という気持ちで抱きしめ合いました。

「いつか食われる、その日まで」

 

裏市でそのことを思い出したルイは、肉を切る音で我に返りました。

あちらこちらで小火が起き、ろくに調理もされていない生肉を立ち食いする肉食獣と、飛び交う怒号・・・。

ルイはそれがあの頃、柵越しに見ていた裏市のようで懐かしいと感じます。

やっぱりあの頃の裏市に戻ってるんだと感じるルイ。

こんな景色に郷愁を覚えるなんて妙な話だと思いながらも、肉食獣と目が合ってハッと我に返り、しっかりしろ!!と自分に言い聞かせます。

”商品”は毅然としていないと襲われるため、偵察することに集中しようと気持ちを切り替えるルイ。

その時、突然レゴシが現れ、ルイの首にかけられている背中の値札の数字を数え始めました。

1億ないとルイ先輩と喋れないんですか?と尋ねるレゴシを、怪訝そうな顔でみつめながら、そうだ一応変装なんだから合わせろ!と小声でいうルイ。

レゴシはビルから裏市の様子がおかしいと聞いて来たようですが、あちこちに獅子組やメロンの旗が立っていて全体的に危険になっていると話します。

一方ルイは友達に生まれ故郷を見られているような気まずさを感じていました。

何も反応しないルイに、話すくらい良くないですか!?というレゴシ。

せめて0を5個くらい減らして1000円に値引きしてほしいというレゴシに、ルイはどんだけ安いんだ俺は!!と怒ります。

俺は定価でも700万はしたんだぞというルイに不思議そうな顔をするレゴシ。

するとルイはこの際俺の実家見ていくかと話し、自分が育った場所へレゴシを案内することにしました。

 

ルイが5歳まで育ったタワーは生き餌の売買がされていた売り場でした。

今は廃業したらしく同じ牢にいた仲間たちも恐らくとっくに・・・というルイの話を、冷静に聞くレゴシ。

ここでレゴシはルイの右足を食べたときのことを思い出します。

ルイの足裏には”4”と書かれていました。

それはここでつけられた商品番号で、右足には俺の呪い全て込められているというルイ。

いっそあのまま全身を食べてほしかったとルイは言います。

大事なところを削られて自分はこんなに変わったのに、レゴシは変わらず飄々としており、なんなら全部食ってレゴシにも変わり果ててほしかったと話すルイ。

するとレゴシは、俺だってあの食肉で削られましたよと話し始めます。

前科がついて学校もやめた。

可能性もチャンスも身も心もどんどん削られていく。

それでも今の自分が一番。

”生きる”ってそういうことなんじゃないかというレゴシ。

 

俺だって誰にも言ってこなかったけど・・・本当は昆虫館の職員になるのが小さい頃からの夢だった。

ルイさんが変わってしまった責任は俺がとります!!

だからルイさんも俺の人生、責任取ってください。

それでおあいこだ。

責任取りあえばいいじゃないですか!

 

そんなレゴシの言葉に、昆虫館で働きそこねたお前の人生なんて知るか!と腹を立てるルイ。

レゴシは言いたかったのはそう言うことじゃないと慌てて否定します。

そしてエレベーターに乗り込む中、裏市が悪化して裏社会も荒れていってこのままでいいのかと訴えるレゴシ。

あのメロンという男を止めないと獣社会が変わってしまう!

そんなレゴシの言葉に、ルイは心の中で自分も本当はこの獣社会を良くしたいと答えます。

しかし素直に言葉が出てこず、5歳で言葉を知らなかった時のまま、今も自分の気持ちを言語化できないのかと情けなさを感じるルイ。

 

瞳が濡れていく。

悲しいわけじゃないし感激しているわけでもない。

ただただ瞳が濡れていく。

初めて義父様に、ここへ連れてこられた時と同じだ。

 

エレベーターを出た瞬間、「君ならこの世界を変えられるぞ」と言っていた当時のオグマとレゴシの姿が重なるルイ。

そしてレゴシは2匹で手を組んで今度こそメロンを捕まえようと説得しますが、そんなのビースターのやる仕事だとルイは拒否しました。

しかしレゴシはルイに食い下がります。

 

俺たちはビースターじゃない!!

そんなもの目指してない!

こんなボロボロの2匹だ、でも2匹なら・・・!!

ビースターズ・・・なら・・・。

 

そんなレゴシの言葉に、聞いたこともない何だその言葉、勝手に複数形にするなよと苦笑いするルイ。

その時、突然エレベーターの床が抜けてルイとレゴシは真っ逆さまに落ちていきました。

さらに床も突き破って、布団の上に叩きつけられるレゴシとルイ。

ルイが起き上がると、そこにはかつてこの地で共に育ち、励まし合ってきた仲間たちの姿がありました。

BEASTARS【第158話】聞いたこともない言葉だがの感想

ついにレゴシからビースターズという言葉が出ましたね。

そしてかつての仲間たちとのまさかの再会で、ルイの心に何か変化が起こるのでしょうか?

次回のBEASTARS【第159話】が掲載される週刊少年チャンピオン6号は1月9日に発売されます。

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む