週刊少年チャンピオン

BEASTARS【第166話】身の丈の運命わたしにくださいのネタバレ!ハルとメロンが交わした衝撃の約束とは!?

2020年2月27日発売、週刊少年チャンピオン13号のBEASTARS【第166話】身の丈の運命わたしにくださいのネタバレや感想をまとめました。

BEASTARS最新話を無料で読む方法は?

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む

 

【前回のあらすじ】

突然訪れたオグマの死。最期の最期まで不器用な親子でしたが、ルイとの間には確かな愛情がありました。

そしてルイはホーンズ財閥の新たな社長として、その責務を一身に背負うことになったのでした。

BEASTARS【第166話】身の丈の運命わたしにくださいのネタバレ

オグマの葬式では喪主を務め、多くの関係者に父の死を知らせる電話をかけ、ルイが悲しむ暇もなく時は過ぎていきました。

そしてある日ルイが体重を量ってみると、47キロまで体重が落ちていました。

(父様・・・僕は疲れました。このまま消えてなくなりそうです)

 

そんな身も心も疲れ切ったルイが訪れたのは奇魂祭というお祭りでした。

奇魂祭とは草食獣のお祓いのために奇数月に行われる祭。

この祭で草食獣は自分が肉食獣に食殺されなかったことを感謝し、今後も食殺されないよう祈るのです。

祭では巨大な草食恐竜のブラキオサウルスの首の骨を氷漬けにし、その水で手を洗います。

賽銭箱に小銭が入った草食獣は次の奇数月まで誰にも食べられない運命ですが、入らなかった草食獣は危険が迫っている運命なのでお守りを買うのが吉。

ここに来る草食獣はみんなが”食べられる立場”をカジュアルに楽しんでいるように見えて、かつて生餌の商品だったルイは、それが嫌でこの祭には近づきませんでした。

しかしオグマが死んで、とにかくどこでもいいから今は群れたい気分だったルイ。

レゴシに相談することもできますが、今は気を散らすようなことはしたくなく、メロンの撃退に集中させてあげたかったのです。

その時、手を洗っていたルイの隣に偶然にもハルが現れました。

すごい偶然だないつぶりだ?というルイに、驚きながらも嬉しそうな表情で「すごい久しぶり!!」と返すハル。

その瞬間、ルイはハルが意外と今一番会いたかった相手だったかもしれないと感じました。

 

その後、ハルは賽銭箱に小銭を投げましたが、外してしまいました。

お守り買えよというルイに、そんな神社の戦略にはのりませんよ!というハル。

代わりに奇魂酒という肉食獣が苦手な薬草が入った甘酒を飲んで、食べられないようゲン担ぎをしました。

オオカミと付き合ってても奇魂祭に来るってどんな心境なんだというルイに、ハルは家族の習慣なの!と言いつつ、そういえば私とレゴシ君て付き合ってるのかなとつぶやきます。

まだそんな感じなのかと言いながら、あいつは誰にでもプロポーズするからなと考えるルイ。

するとハルはフフフと笑いながら「ほんとヘンだよねーレゴシ君て。だから好き」と言いました。

ルイは「・・・そうか」と返しながら、変な感じだと感じます。

本当に自分とハルには肉体関係があったのだろうかと考えるルイ。

白い毛と素朴な顔立ちが今にも消えそうだったあの頃とはまるで違い、輪郭がくっきりして”存在”していて、ハルは強くなっていると感じました。

そしてルイは、今の自分とハルでは男女の仲になることこそないにしても、今のハルの方が好きだと言います。

そんなルイの言葉に、本当に?私ダサくない?と返すハル。

ハルは好きな男に感化されて変わる女なんて、ちょっとダサくて嫌だと言います。

同族カップルならまだしも、オオカミの彼氏のために一生懸命いい女ぶってるウサギなんて生き物として負けすぎてるというハル。

この奇魂祭に来ている草食獣と同じで、自分は食べられる動物としてラフに身軽に生きてきたのに、レゴシに”君はとにかく素晴らしい”と言われ続けたせいで、自分のことを丁寧に扱いはじめているのが嫌なのだとか。

「私には私の草食道があったのにさ。難しいよね、恋って」

そう言いながら隣に座るルイにもたれて、ため息をつくハル。

ルイはハルの女心は難解だと感じました。

レゴシに今のハルの言葉の半分も理解できるのだろうか。

そんなことを考えながら、自分が変われるっていうのは良い恋愛の証なんじゃないのか?と尋ねるルイ。

ハルはそんなご機嫌な解釈に転換できるのは、生理後の1週間くらいだと言います。

そんな中、奇魂酒やお守りが売り切れになり始め、奇魂祭ってこんなに賑わうものなんだなというルイ。

ハルによるとここ数年は過疎化していたようですが、最近また盛り上がっているとのこと。

街が物騒になってるからかなというハルに、治安が悪くなると経済が回るなんてなんか皮肉だとルイは返します。

するとハルは自分の明確な立場が分かると、誰だって活き活きするものだと話します。

被食者然として他の草食獣と足並みを揃えるのは簡単だというハル。

ハルもドワーフウサギなんてごまんといるこの世界で、五億分の一くらいの気分で生きてきましたが、突然自分の人生に現れたデカいオオカミに「君はオンリーワン!」と言われた戸惑いは思ったより大きかったと言います。

ハルは5憶分の一の被食者でいいと考えており、それが自分の草食道でした。

だからとっさに大学で出会った男と、来月私を食べていいという約束をしたというハル。

その男とはメロンのことでした。

ルイは誰とそんな約束!?と驚くのでした。

BEASTARS【第166話】身の丈の運命わたしにくださいの感想

ハルはプライドが高いのか信念が強いのか分かりませんが、自分のことを大切にしない感じが見てて心配になりますね。

メロンと食べられる約束をした気持ちが理解できませんでしたが、何か理由があるんでしょうね。

恐らく次回その理由も明らかになると思いますし、どんな展開になるのか気になります!

次回のBEASTARS【第167話】が掲載される週刊少年チャンピオン14号は3月5日に発売されます。

BEASTARS最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BEASTARS最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
BEASTARS最新話を読む