漫画ネタバレ

暴君の保護者は悪役魔女です26話ネタバレ!ティータの思いやりとありがた迷惑

「暴君の保護者は悪役魔女です」26話についてネタバレをまとめました。

暴君の保護者は悪役魔女ですを無料で読める方法を徹底調査しました!

暴君の保護者は悪役魔女ですを無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「暴君の保護者は悪役魔女です」を無料で読む方法を調査しました。 暴君の保護者は悪役魔女ですが読めるサービスは? ...

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\月額ポイント全額返還あり/
半額クーポンもらえる

コミックシーモアで漫画を読む

「暴君の保護者は悪役魔女です」26話ネタバレ!

ティータはクレーテの部屋にやってきました。

クレーテはまだ起きていて、本を読んでいます。

ため息をついているティータにクレーテは、何か嫌なことでもあったのか、と尋ねました。

それに対してティータは、聞いてくれますか、今日もレプルと練習試合をし、レプルは、レプルが受けをするからティータは思いきり攻撃してこい、と言ったにもかかわらず、

途中で自分が不利になったら何も言わずに攻撃してきたのだ、そのせいで数カ所怪我をした、と言いました。

それを聞いたクレーテは、なんてやつなのか、自分が手を貸す必要がありそうだ、呪いの方法でも教えようか、と返しますが、ティータは、

大丈夫だ、レプルは自分にとって唯一の剣術の先生だし、本当はそんなに痛くないのだ、ただ、久しぶりにクレーテに甘えてみたくなったのだ、と、

顔を赤らめて言いました。

それを聞いたクレーテが、そんなこと気にせずにいつでも甘えてくれていいのだ、と1人感激しながら、

レプルに、今度また同じようなことがあったらどうなるかわかっているだろう、と伝えておくように、

まずはその傷を治療しなければ、工房にピンク色のポーションがあるはずだ、と言うと、

ティータが、そうだ、ポーション、と言って、逆に緑色のポーションを取り出しました。

ティータはそれをクレーテに差し出し、効果があるかはわからないが、クレーテのために気力回復のポーションを作ってみたのだ、と続けます。

クレーテは、ポーションを作ってる暇があるならば勉強するべきだ、まさかまた勉強を疎かにしているのではないか、と言いつつ、

なんて優しい子なのだろう、本当にいい子に育っている、と1人感激しています。

それに対してティータは、全て一生懸命取り組んでいるから心配ない、と満面の笑顔で返します。

それならばせっかくだからもらおう、と言って、クレータはそのポーションを飲みましたが、それはとんでもなく不味い代物でした。

そんなクレーテの様子を見たティータが、ポーションはどうか、やっぱり失敗だったか、と聞きますが、

クレーテは気分の悪そうな声で、平気だ、すごくいい感じだ、と精一杯の返事をします。

明らかに無理をしている様子のクレーテに、ティータは、また嘘をついているだろう、不味かったら吐き出してもいいのに、と呆れ顔です。

嘘なんかついていない、気力が回復してきたようだ、と言って、体調良さげに振る舞うクレーテ。

しかし、クレーテはすぐに力尽きてしまいました。

まだまだ実力が足りないようだ、としょんぼりするティータに、クレーテは、初心者にしてはすごいと思う、いい出来だった、とティータを褒めます。

嬉しそうに喜ぶティータ。

そんなティータの様子にクレーテは、だけれども今はポーション作りより勉強に集中すること、

そうでなくても剣術を始めてから勉強の時間が減っているのだから、と言って、ティータを諭しました。

もっともらしいことを言っている様子のクレーテですが、実はもうこれ以上ティータの作るポーションを飲みたくない、と思っているのです。

ところがティータは、空いた時間に作っているから大丈夫だ、これからもちょくちょく作ってくる、と嬉しそうに言って、

無理をしなくていいのだ、大丈夫だ、と言うクレーテの言葉も聞かず、ティータはクレーテの部屋を出ていきました。

ティータが出て行った後、ベッドでポーションを吐き出したクレーテ。

どうやらこの会話がクレーテの苦痛の始まりだったようですー。

翌朝、ティータはまたしてもクレーテのためにポーションを作ってきました。

もう作らなくていいと言ったはずだ、と言うクレーテの言葉も聞かず、ティータはクレーテに新しいポーションを飲ませますが、

それはもはや舌が麻痺するレベルです。

それから毎日、ティータはクレーテに激不味ポーションを与え続けました。

そうして数日後のある日、ティータはクレーテの自室を訪れました。

しかし、クレーテはベッドに横になっていて、ティータのポーションを避けるために寝たふりをしています。

自分のポーションのせいだと気づいていないティータは、最近のクレーテは自室を訪れる度に眠っている、体の具合が悪いのかもしれない、これは良くない、

と言って、また持ってきたポーションを取り出しました。

寝たふりをしているクレーテは、一体今度はポーションに何を入れたのか、と思い、薄目を開けてチラ見します。

するとそのポーションは、茶色く濁って、ぼこぼこと音を立てながら煙が出ているのです。

どうしよう、と言いながら狼狽えるティータ。

クレーテが、早く諦めて帰ることを待っていると、ティータは、寝たふりをしているクレーテの身体を起こし、

指でクレーテの口を開けさせてスプーンで飲ませようとしますが、上手くいきません。

クレーテが、ティータの無駄な粘り強さに疲労を感じ始めていると、ティータは、しょうがないな、と言って、

ポーションを自分の口に含み、口移しでクレーテにポーションを飲ませようとし始めましたー!

暴君の保護者は悪役魔女ですを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

暴君の保護者は悪役魔女ですを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「暴君の保護者は悪役魔女です」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 暴君の保護者...

「暴君の保護者は悪役魔女です」26話感想

美しく成長したティータからの口移し!

クレーテとティータはキスをしてしまうのでしょうか?!

次回の展開を待ちます!

「暴君の保護者は悪役魔女です」27話のネタバレはこちら

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍