漫画ネタバレ

暴君の保護者は悪役魔女です27話ネタバレ!ティータの口移しの行方!

「暴君の保護者は悪役魔女です」27話についてネタバレをまとめました。

暴君の保護者は悪役魔女ですを無料で読める方法を徹底調査しました!

暴君の保護者は悪役魔女ですを無料で読める方法を徹底調査しました!ピッコマで連載中の「暴君の保護者は悪役魔女です」を無料で読む方法を調査しました。 暴君の保護者は悪役魔女ですが読めるサービスは? ...

暴君の保護者は悪役魔女ですを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

暴君の保護者は悪役魔女ですを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「暴君の保護者は悪役魔女です」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 暴君の保護者...

[前回のあらすじ]

ティータはクレーテの自室を訪れ、その日にあったことを話しました。

レプルと剣術の練習試合をした話だったのですが、ティータはそのせいで怪我をしてしまったようです。

その話を聞いたクレーテは、レプルに怒りを感じ、自分が呪いの方法でも教えようか、と申し出ますが、ティータは、

大丈夫だ、それに、本当はそんなに痛くないのだ、ただ、久しぶりにクレーテに甘えてみたくなったのだ、と言いました。

 

クレーテはレプルへの対策を考えつつ、怪我の治療だが、工房にピンクのポーションがあるはずだ、と言いました。

するとティータが、クレーテの気力回復のためにポーションを作ってみた、と言って、自作のポーションを差し出します。

クレーテがティータの優しさに感激し、ポーションを飲んでみると、それはとんでもなく不味い代物でした。

しかしクレーテは、そんなことはない、初めてしてはいい出来だ、と誉めてしまいますが、これがよくなかったようです。

その後ティータは連日不味いポーションを作り続け、クレーテを苦しめ続けます。

ある日、耐えきれなくなったクレーテが寝たふりをしてやり過ごそうとした時、

ティータはそのポーションを自分の口に含んで、クレーテに口移しで飲ませようとしたのですー!

「暴君の保護者は悪役魔女です」26話のネタバレはこちら

「暴君の保護者は悪役魔女です」27話ネタバレ

ティータが口移しをしようとしたその時、クレーテはティータを突き飛ばしてしまいました。

眠っていたのではなかったのか、と驚くティータ。

それに対してクレーテは、ティータが自分の身体を起こすから目覚めたのだ、何も無理やり飲ませなくてもいいだろう、

眠っている人間になんて言うことをするのだ、と言いました。

クレーテがポーションを飲んでくれないからなんとかして飲んでもらおうと思った、本当に別の意図はなかったのだ、

ただポーションを飲んで欲しかった、誤解を招く行動だったのは認める、クレーテに自分の純潔が必要ないことは分かっていると返すティータ。

クレーテは、ティータの”純潔”という発言に驚いてしまいますー。

クレーテがどう考えているかはわからないが、自分にとって純血は大切なものなのだ、

けれども、自分の純潔を捧げてクレーテが治るのならば、自分はそれでも構わない、と宣言しました。

クレーテは、ティータが一体何を言っているのかわかりません。

クレーテは、ティータが口移しをしようとした時、いつも犬のスノウにしているようなキスと同じで、特に意味のないものだと分かっていたから、

なんとも思っていませんでした。

なのに、ティータは突拍子もないことを言い出したのです。

そんな言葉をどこで覚えたのか、とクレーテが聞くと、本で読んだのだ、と言うティータ。

純潔がなんだか分かっていっているのか、というクレーテの問いには、

男が愛する女性にキスをした後、”僕の純血はもう君のものだ”と言っている場面を何度か見た、と言うのでした。

ティータの顔は真っ赤です。

戸惑いを隠せないクレーテでしたが、それと同時に、これを、ティータに性教育をするためのチャンスであるとも思えます。

しかし、精子や卵子について教えたとことでピンとこないであろうティータに、どのように教えたらいいものかわかりません。

クレーテは、普通は軽い口付け程度で純潔云々とは言わないのだ、と言いつつ、そのさきの説明には言葉に詰まってしまいます。

うまく説明できないクレーテは、大体純潔なんてなんの意味もないのだ、純潔は人にあげられるようなものでもなければ決して奪われたり汚されるようなものでもない、

ティータの体はティータのものだし、誰にもティータの純潔を思い通りにできないのだ、と言いました。

すると今度はティータは、そもそも恋とはどんなものなのか、という質問をしてきました。

分かったように説明するクレーテでしたが、クレーテも経験がありません。

原作でのアルフェンはとても献身的でしたが、オフィーリアにとってはそれは暴力に他ならないものだったのですー。

クレーテは、まずは目の前の問題を最優先にすることにして、正直にティータのポーションが口に合わないことを伝え、

ティータにポーション作りをやめさせました。

とはいえ、少しはティータのポーションの効果があったのか、半年ほどすると、クレーテは立って歩けるまでに回復することができたのですー。

そしてある日、クレーテはエドモンドに、彼の恋愛経験を聞いてみました。

しかし、エドモンドも恋愛経験には乏しいようです。

クレーテは、それではティータの性教育は誰がするのか、とエドモンドに問いましたー。

暴君の保護者は悪役魔女ですを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

暴君の保護者は悪役魔女ですを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめピッコマで連載している「暴君の保護者は悪役魔女です」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 暴君の保護者...

「暴君の保護者は悪役魔女です」27話感想

残念ながらティータとクレーテのキスには至らなかったようです。

そもそもティータがまだ恋愛がわからないお歳では、仮に口移しが成功していたとしても胸キュンな展開にはならなかったでしょうか。

ティータの性教育の行方は一体どうなるのでしょう?

「暴君の保護者は悪役魔女です」28話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍