漫画ネタバレ

BUNGO-ブンゴ-234話ネタバレ!太陽、マイケルを押さえる!?

2020年7月9日発売の週刊ヤングジャンプ31号掲載の「BUNGO-ブンゴ-」についてネタバレをまとめました。

BUNGO-ブンゴ-最新話を無料で読む方法は?

BUNGO-ブンゴ-最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BUNGO-ブンゴ-最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
BUNGO-ブンゴ-最新話を読む

【前回のあらすじ】

全米選手権、決勝リーグ。アメリカチーム VS 日本チームの戦いは、

試合の中でのマイケルの急速な学びと成長により、中川と伊佐治は押さえこまれます。

球種を見せてしまうと2人のようにマイケルに攻略されてしまうと、

マウンドに立つ太陽には3球で仕留めろと声援を送ります。

しかし太陽は左打ちのマイケルに対し右投げをするなど、最初からマイケルの意表を突く攻撃に。

太陽はマイケルの学習能力の高さを逆手に取り、

自分の手数の多い事をあえて披露することで混乱させていたのでした!!

BUNGO-ブンゴ-233話のネタバレはこちら

BUNGO-ブンゴ-234話ネタバレ

直球・カーブ・スライダーチェンジ・・・それぞれを数種類投げ分ける太陽。

つまり太陽は10種類以上もの変化球を操る怪物投手・・・!

只者ではない感を感じるマイケル・・・。これまで余裕そうだった表情が一変し焦りが出ます。

しかし同時にこれはこれ以上ない絶好の学び場であると自分を奮い立たせるマイケル。

2人はお互い無言のままですが、確かにマイケルのその気迫を受け取った太陽は

繊細で優秀な打者でないと自分の変化球の細かさに気がついてくれないとし、

嬉しいよマイケル・・・と心の中で思うのでした。

 

これがもしジュリや杉浦は先の直球の違いなど御構い無しといった感じだし、

野田や河村なら違いに気がついて対応策を練ってくるタイプですが・・・

どちらも対峙する上では楽しみだけれど、太陽の好みとして些細な変化に気がついてくれる方です。

なぜならその方が嬲り甲斐があるから・・・。お互い静かな闘志を燃やし見つめ合います。

 

そんな太陽の次の球は・・・ど真ん中へ!!!!!

またもや翻弄されるマイケル。まさかこのレベルの投手が、カーブでも何でもない

直球を投げてくるなんて・・・!?それでは次は何がくる!?スライダーかチェンジアップ・・・?

マイケルの頭の中では静かに、でも迅速に計算が始まります。

しかし次の球は回転が速すぎてもはや判別不能!

これはギリギリまで引きつけてファウルで逃げ切るしかありません。

しかし実際にやってきた球は・・・またしてもど真中に飛んでくるだけの単純な直球・・・。

だけども今回は本日最高球速の91・9MPHを記録・・・。

それに気がついた時には時すでに遅し。思わずshitとつぶやくマイケルです。

それを見て太陽はクスリと笑います。

 

まさかの空振り三振をさせられてしまったマイケル。ベンチの士気は高まります。

技術ではマイケルよりも上をいく太陽に分があったと見られますが

太陽はこの打席でのマイケルの敗因を「過学習に容量超過・・・って所かな」と分析します。

太陽は最初から自信がありました。自分のすべての球種に対応しようとする事は不可能だと。

選択肢が増え過ぎると迷いが生じるし、ある程度絞るべきだと・・・。

3振空振りのショックでうなだれるマイケルですが、

「素晴らしい・・・!なんてハイレベルな球種なんだ!

でもとても参考になった!僕はこの経験を必ず活かすよ!サンキュータイヨウイエナガ・・・」と

わざわざ帽子を取って言うのでした。

 

結局、5回裏アメリカチームの攻撃は3者凡退に終わりました。

この時点で日本チーム1点、アメリカチームは3点です。

そして6回表、日本の攻撃です。8番のレフト茂木はマイケルの投球を

フルカウントからの8球目で捉えますがこれは左翼正面へ。一死です。

どうやら下位打線が投げてきた球数を受けて、マイケルのチェンジアップが浮き始めている模様。

この次もボールフォア!日本チーム、一死から四球で出塁する事が出来ました!

マイケルに疲れが見え始めてきたか・・・?そう話題にするベンチ。

 

お次は4番の二塁手マオ・スギウラです!

そして日本チームはここで代走として走塁の専門家を一塁へと置き、

マイケルへのプレッシャーをさらに強める作戦へと出ます。

ここが勝負所!一気にアメリカチームに襲いかかります!!

 

マイケルは、こんなに疲れる試合もこんなにプレッシャーを感じる試合も初めてだと

汗をぬぐいながら考えています。しかしそれらはすべて覚悟の上。

王者である日本チームをやはり簡単には倒す事は出来ません。

「これは危機じゃない・・・最大の好機だ!」そう自分に言い聞かせ、

「僕は日本を倒すレベルまで成長するよ!今ここで!」と宣言するのでした。

スギウラも「ぶっ潰してやるぜアメ公!今ここでな!」と気合い十分・・・!

両者の好機が重なる今・・・果たして・・・!

 

BUNGO-ブンゴ-最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BUNGO-ブンゴ-最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
BUNGO-ブンゴ-最新話を読む

BUNGO-ブンゴ-234話感想

前回は緊迫した太陽とマイケルの様子を、固唾を飲んで見守るかのような回でしたが

今回は日本チームが勢いに乗ってきてるとあって他の選手の活躍もありましたね。

次回はスギウラとマイケルの対決という事で、

どちらがこのチャンスをものに出来るのでしょうか!?楽しみです!

BUNGO-ブンゴ-235話のネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国