漫画ネタバレ

BUNGO-ブンゴ-237話ネタバレ!文吾と野田、交差する想いとは?

2020年8月6日発売の週刊ヤングジャンプ36号掲載の「BUNGO-ブンゴ-」についてネタバレをまとめました。

BUNGO-ブンゴ-最新話を無料で読む方法は?

BUNGO-ブンゴ-最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BUNGO-ブンゴ-最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
BUNGO-ブンゴ-最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...
【前回のあらすじ】

河村はバスケ部から野球部へと転身、自分の体つきや身のこなしその全てを柔軟に適応させ

すぐに成果を出す事に成功してきました。何をするにしても成功のイメージが常にあり実際にそうだった河村。

しかし文吾と出会ってから、完全にそんな自分は打ちのめされ野球を怖いとまで思うことも。

しかしその考えは次第にたとえこの次も敵わなくてももう1度、文吾と戦いたいという想いに変わり

その想いこそが今の自分を動かす原動力だ・・・!とまで思っていたのです。

こうして迎えるマイケルとの対峙は、河村にとって大きな意味を持ちます。

しかし再び成長を始めたマイケルに呆気無く攻略されてしまいます。なんとマイケルは太陽から学んだことを

そのまま活かしていたのでした・・・!続く登板は野田。野田もまた文吾への想いをここでぶつけようとしています!

BUNGO-ブンゴ-236話のネタバレはこちら

BUNGO-ブンゴ-237話ネタバレ

文吾の投球を見て、ただのキャッチボールでこのど迫力なら、試合でバッターとして対峙したらどんな感覚だろうと想像し震える石神。

そこに袴田がやってきて、そろそろ上がれよと文吾自身の練習量に周りを付き合わせるなとダメ出しします。

文吾の練習量とは、効率も合理性も無視したがむしゃらなもの。いつも投げすぎるのです・・・。

これに付き合うとなると、文吾以外は疲弊しきるのは間違いなし。

袴田にそれをきつく指摘され、文吾と小谷野は逃げるように走りに行くのでした。

やれやれといった表情の袴田ですが、文吾にしてはこれでもいつもの半分くらいに抑えているため

物足りなさを感じているのも事実。袴田は、他のメンバーに練習に付き合って怪我だけはするなと注意を促します。

そこで石神は袴田に「ブンゴさんのベストピッチってどんな感じですか?」と文吾とのキャッチボールで

疲弊しきった自らの手を見せながら恐る恐る尋ねます・・・。

それを見て「個人的な意見でいうなら・・・・・・・ーーーの時だと思うぜ」と話す袴田。

それを聞いて、意外だと口にする石神です。

そして続けて袴田は「常時アレが体現できるのなら不可能が可能になる・・・!

ド真ん中直球を含む全球種を同じフォームで投げる事が・・・!」と話始めるのでした。

しかしそれが完成形となるのは、様々な課題の山積みでまだまだ先の話だとし少なくとも中学のうちでは無理だと話します。

それでも十分すぎるくらいの凄まじいポテンシャルを秘めている文吾・・・それを想像して震え上がる面々でした。

文吾は、将来的に投げるであろうジャイロスライダー、守備、けん制、クイック、駆け引き、ベース配分・・・

これら全てに対し少しずつ進歩していく必要があります。

袴田は目の前の全国大会を勝ち抜くことを見据えていますが、文吾にとってはもっと遠くを見据えているかのような・・・。

 

一方、走りに出た文吾は野田は世界と戦ってもっと凄くなって帰ってくるから、自分ももっと上手くならなければ!と

必死に走っていました。大きく小谷野を引き離し走る文吾の様子に並並ならぬ気迫を感じます。

文吾にはただ上手くなるだけでは無く、もっと早く成長しなければという思いがありました。

そして目指すは日本一の投手・・・!しかし機会はたった一度だけしかないことから、時間がないと焦りを感じていたのでした。

文吾が見据えているのは野田。この焦りは同時に自分の闘争心を掻き立てるものでした。野田こそが宿敵!

野田と一緒に戦いたい・・・!その気持ちこそが文吾の原動力なのでした・・・!

 

一方、アメリカ戦との試合に場面は切り替わります。

降板した河村は野田に、左打者からは逃げていくように沈むから厄介だけど右打ちの野田なら

そこまで警戒しなくても当てられるということ、しかしそれより直球の質の向上が凄まじいために

高速チェンジの威力が増していることなど、マイケルに関する情報を丁寧に伝えます。

河村が自分に対してこんなことをするなんてと少し意外そうな野田ですが、河村は野田の実力を認めていると素直に話すのでした。

そして「あとは頼んだよ、野田」と送り出す河村。「でも勘違いしないでよね、打順が逆なら打っていたのは僕さ」と言います。

プライドが高く、性格が決していいとは言えない河村ですが、その河村に託された野田はどこかすがすがしい気持ちになります。

 

この打席は野田に取って激重。たった今託された河村の誇りも、日本チームの命運も。

その全てが今、自分にかかっている・・・!有資格者だと証明するには絶好の場面であり、絶好の相手。

もしここでマイケルを撃てたら、胸を張って言うことができる・・・!自分が日本一の打者だと・・・!

そして野田もやはり、「一緒に戦おうぜ石浜」と、文吾への想いを燃やしていたのでした。

 

BUNGO-ブンゴ-最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、BUNGO-ブンゴ-最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
BUNGO-ブンゴ-最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

BUNGO-ブンゴ-237話感想

今回は久々の文吾登場回でしたね!お互い別々の場所ですが、気持ちは相思相愛。

みんなの期待を背負って日本一の打者を目指す野田の立場と

人一倍の練習量で野田に追いつき日本一の打者を目指す文吾。

しかし2人とも共に再戦したい!と言う想いが交差するのが良かったです。

この野田の試合の行方、どうなるのでしょうか・・・次回も楽しみです!

BUNGO-ブンゴ-238話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍